2015年12月31日

年の瀬。今年、読んだ本を見返してみる。
それをみるだけで、不思議と一年が浮き彫りになるから不思議だ。

元から雑食的(世の中では「多読」という)な読書なので、「ビジネス書」「小説」「コミック」とジャンルも多岐に渡るので、簡単にジャンルごとにまとめてみた。例年に比べたらかなり少ないが、結構濃い読書ができた。その中から2015年オススメ本10選を!

今年は「若冲」と「空海(真言宗)」がブームだった。若冲は生誕300年ということもあり、各地で大々的な展覧会が開催された。さらに「若冲」という作品が直木賞候補になったので、それによって知った方も少なくないはずだ。2016年も引き続き、大型の展覧会があるので気になる方はチェックを!

何年か周期でやってくる「仏教」ブーム。今年は、その当たり年だった。そのきっかけを作ったのが「阿吽」というコミック。同時代を生きた「最澄」と「空海」という僧侶の半生を描いた作品。それをきっかけに改めて真言宗について調べていたら、はまってしまった。笑

と、相変わらず節操もなく手当たり次第に読み漁った一年だった。それぞれの本については個別に簡単な書評を書いてあるのでそちらを参照していただきたい。

■ビジネス書
日本人ノーベル賞受賞者がたくさんでて、いろんな意味で盛り上がった。経営関連の良書もたくさん発売された久しぶりに当たり年だった気がする

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者
馬場 錬成
中央公論新社 ( 2012-02-09 )
ISBN: 9784120043260




起業のエクイティ・ファイナンス---経済革命のための株式と契約
磯崎 哲也
ダイヤモンド社 ( 2014-07-11 )
ISBN: 9784478028254


哲学はなぜ役に立つのか?
萱野 稔人
サイゾー ( 2015-08-20 )
ISBN: 9784904209776


■小説
直木賞・芥川賞作品を読むことをやめてから、正直読む作品に偏りがあるので完全にこんどう好みではあるが。。。

若冲
澤田 瞳子
文藝春秋 ( 2015-04-22 )
ISBN: 9784163902494


下町ロケット2 ガウディ計画
池井戸 潤
小学館 ( 2015-11-05 )
ISBN: 9784093864299


山崎豊子先生の素顔
野上 孝子
文藝春秋 ( 2015-08-08 )
ISBN: 9784163903057




■コミック
花に染む 1 (クイーンズコミックス)
くらもち ふさこ
集英社 ( 2010-08-19 )
ISBN: 9784088655970


阿・吽 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
おかざき 真里
小学館 ( 2014-10-10 )
ISBN: 9784091867124


■番外編「茶道」
茶道関連の書籍も手にすることが多い。この本は初心者にも手にしやすい一冊。




ブックコンシェルジュ倶楽部
アバンギャルド茶会
毎月1冊本が届く『定期購読本サービス』本選びに困ったらどうぞ!
茶道体験しませんか?初めての方、大歓迎。4〜6人で気軽にお茶体験!


bkwiz at 08:32コメント(0)トラックバック(0)勝手に10選 

2014年11月09日

ネット界隈(だけじゃないかな?)でちょっと話題になっている
Googleの経営を支えている考え方をまとめた一冊です。

まだ世の中に登場して十数年しかたっていないのにすっかり我々の
生活の基盤になっているGoogle。今なお、新しいサービスを生み出す
原動力がどこにあるのか?そんな学びが詰まっていました。

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント
エリック・シュミット ジョナサン・ローゼンバーグ アラン・イーグル
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 31


なんだかまとめて書くのも惜しい気がするので。本の時系列に合わせて
気になったポイントをピックアップしながら何回かに分けて書いてみます。

グーグルCEOラリー・ペイジの序文からいきなりやられます。

たいていの人間というのは「型破りな発想」をするような教育を受けていない。
そして、最初から無理だと決めつけてかかる。だから、成功をするためには
自律的思考性の持ち主を採用し、最高の環境を用意しなければいけないと
言っています。

世界の情報発信基地であるシリコンバレーでもこうなんだから、僕らはもっと
意識をしなければいけませんね。

でも、型破りな発想を期待するなら「失敗」することも会社としてオフィシャルに
許容しなければ誰もチャレンジなんてしませんよね。だって、目先の評価は失敗を
しないことが前提で作られていますからね。

だから、グーグルでも「20%ルール」があるんでしょうね。
仕事時間の20%は自分の好きな研究などに時間を使える制度ですね。

普段の仕事をしっかりやって、都合をつけて新しいことにチャレンジする!
「考える時間がない」なんていう言葉をよく耳にしますが、じゃ〜全て考える
時間にしたからといっていいアイデアが出てくるなんてことはないんですよね。笑

そのバランスを考えたら2対8という比率になったのではないかな?


ブックコンシェルジュ倶楽部
アバンギャルド茶会
毎月1冊本が届く『定期購読本サービス』本選びに困ったらどうぞ!
茶道体験しませんか?初めての方、大歓迎。4〜6人で気軽にお茶体験!


bkwiz at 10:19コメント(0)トラックバック(0)ビジネス書雑食書評 

2014年07月17日

どんなきっかけでこの本に出会ったかは忘れてしまいましたが
はじめは「図書館」というキーワードに反応して手に取りました。

読み始めはそんな感じだったのですが、途中から「マネージメント」
という視点で語られている本だなあ〜と。

沸騰!図書館 100万人が訪れた驚きのハコモノ (角川oneテーマ21)
KADOKAWA / 角川書店 (2014-05-10)
売り上げランキング: 1,910


内容的には言わずと知れた佐賀県武雄市の市長「樋渡啓祐さん」が
CCC(TSUTAYAの運営会社)と組んで武雄図書館をリニューアルする過程の
出来事をまとめた一冊。

それだけでも十分面白いなあと思ったのですが、それ以上に読んでいた感じたのは
どの世界も「出る杭は打たれる、出過ぎた杭は打たれない」何だなと。決して、ネガティブ
な意味ではなくとてもポジティブな意味です!

やるぞ!と決めた以上はどんなことがあってもやり抜く信念って
めちゃくちゃ大事ですよね。もちろん、自分ではなく、携わる人の
利益を追求するというのが大前提ですが!

僕の場合でいえば、会社という組織に属して仕事をすることが多いので
会社の利益になることであると自信を持って行ける事ならば、社長が反対
しようがやり抜く信念が必要なんですね。

たまに「無謀」とか「何やっているのかわからない」、「危なっかしい」と
言われます。(たまにじゃなくていつも?笑)でも、そのくらいじゃないと
何かを変えたり成し遂げたりすることなんてできないんですよ。

だって、結局は「誰もやったことありません」とか「今まではこうやってきたんです」
という言葉と戦って、変えていかなくちゃいけないんですからね。

話しが「図書館」からだいぶ離れてしまいましたが、行政というしがらみだらけの
世界でこれだけ真剣に市民に向き合った活動をしているリーダーって本当に少ない
気がするなあ。

誰にでもできることじゃないけど、少しは変わる勇気を持たないといけないんでしょうね。








ブックコンシェルジュ倶楽部
アバンギャルド茶会
毎月1冊本が届く『定期購読本サービス』本選びに困ったらどうぞ!
茶道体験しませんか?初めての方、大歓迎。4〜6人で気軽にお茶体験!


bkwiz at 22:58コメント(1)トラックバック(0)雑食書評ビジネス書 

2014年04月17日

気になるのになぜか読むのを先送りにしている本リストがあります。笑
今日紹介する本もその中の一冊でした。ひょんなことで手に取ったら。。。

V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)
三枝 匡
日本経済新聞社
売り上げランキング: 1,638


2014年は「経営」「茶道」「英語」の3キーワードを重点的に
読書しています。なので、何かと「経営」という文字が目に飛び込んできます。

なぜかふとした拍子にこの本を

 「読むか!」

というスイッチが入り、読み始めたところ

 「何でもっと早く読まかったんだ!」

と一瞬で思ってしまった。完全に食わず嫌いだった。笑
以前紹介した「ザ・ゴール」と同様、小説仕立てになっているので
難解な経営指南書と違い、とても読みやすいです。

また著者が携わった案件を複数組み合わせて展開しているので
ストーリーにリアリティがあるので読んでいて腑に落ちました。

要所要所で経営用語やメソッドの解説がされているのでとても
まさに「経営の教科書」的な一冊に仕上がっています。

僕も数年前に子会社の役員をやらせて頂いたり、経営に携わるように
なったので想像しやすかったという点もあると思います。

三枝 匡さんの小説仕立ては3部作になっています。
個人的には「V字回復の経営」もよいですが、一番初めに出た
「戦略プロフェッショナル」が一番刺さりました。

それぞれシチュエーションが少しずつ違うので今の自分にあった
ケースを選んで読んでみるとよいですね!

■V字回復の経営
 業績不振の大企業を再生せよ

■戦略プロフェッショナル
 大企業の子会社を再生せよ

■経営パワーの危機
 大企業からスピンアウト。ベンチャー精神で挑め



経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)
三枝 匡
日本経済新聞社
売り上げランキング: 3,721




ブックコンシェルジュ倶楽部
アバンギャルド茶会
毎月1冊本が届く『定期購読本サービス』本選びに困ったらどうぞ!
茶道体験しませんか?初めての方、大歓迎。4〜6人で気軽にお茶体験!


bkwiz at 00:33コメント(0)トラックバック(0)雑食書評ビジネス書 

2014年04月07日

献本御礼!
先日、ニューヨークから帰ってきたら友人の編集者から
この本が届いてました。毎日毎日、英語を使って改めて英語力ねえなあ〜
と思っていたところにですよ!?

頑張らない英文法
頑張らない英文法
posted with amazlet at 14.04.07
西澤 ロイ
あさ出版
売り上げランキング: 18,999


最近、こういうこと多いんです。
「これしたいなあ〜」とか、「あれ欲しいなあ〜」と思っているとなぜか
向こうから寄ってくるんです。一度や二度じゃなくてびっくりするくらいの頻度で!笑

で、「英語、ちゃんと勉強しよっ!」と肩に力が入っていたところを
見透かされたかのようにこの本。。。だってタイトルが

 「頑張らない英文法」

ですよ!?頑張ろうとしているのに頑張るな。。。笑
日本人にとって「英語」はコンプレックスですね。

だから、勉強しようと思うと力んじゃうもの。それを頭から「頑張るな!」と
言ってるんだから大丈夫か?なんて思いながら読み始めたら、

 「おっ!意外と共感できる!」

と思うところがたくさん!どうしても受験英語に慣れていると「イイから暗記しろ!」
的な感覚の勉強になってしまうのですが英語ってめちゃくちゃロジカルな言語なので
何だそうなるのか?を紐解きながら勉強するとスッと入ってくるから不思議なもの!

これまで暗記でとりあえず覚えていたものを改めて見直せるいい機会を頂きました。


ブックコンシェルジュ倶楽部
アバンギャルド茶会
毎月1冊本が届く『定期購読本サービス』本選びに困ったらどうぞ!
茶道体験しませんか?初めての方、大歓迎。4〜6人で気軽にお茶体験!


bkwiz at 21:01コメント(0)トラックバック(0)雑食書評ビジネス書 
ブックコンシェルジュ/茶人
近藤 俊太郎 (36歳) プロフィール

年間500冊を読む活字中毒の「IT系茶人」。日本文化を発信する専門書店を作りたいと虎視眈々と目論んでいる。ラジオパーソナリティーしたいとも心の奥底で思っている!
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ