このブログのアクセス解析を見ていると
よく「分離不安」検索で来てくださる方がいます。 

検索ワードが
「退屈がストレス」とか「留守番で吠える」など
具体的なので、
分離不安のような症状の犬の飼い主さんも
いらっしゃるかと思います。

その悩みは
言葉で言うとたいした事に聞こえないのですが
当事者にとってはかなり切実で。


私は自分の犬が心の病なのか判断がつかなかったし
それをどうしたらいいのか長いこと悩んだし。


愛犬パブロフが我が家に来る前から
「留守番が苦手」と言われていたにもかかわらず、
ネットの情報には飼い主の扱い方のせいと
書いてある記事が多く、自分のせいかと思い
あの手この手を探して月日がたちました。

BlogPaint


一番大変なのは
自分がしてる努力が正しい事なのかわからない事。
がんばればいいならまだましです、
ひーひー言いながらなんとかやればいいのだから。

それが間違った方向だと
よけいにダメージを与えてしまうかもしれません。
それがわかる、または納得するまでが
一番困ったのです。

そこまでの経緯を同じ悩みを持つ人に
伝えてくてこのブログを書きました。

本文の右側に
年代順に並べてあります、よかったら読んでってください。

私自身が迷っているときに
他の方のブログを読んでかなりの救いになったからです。


それから
普通の動物病院では
私の場合3件にその話しをして
3件ともいっさい医師の治療や指導はありません。
「それは分離不安症かもしれないよ」と
病名を言われたこともありません。


自分の専門外と思っているのか、
診断やよけいな口だしはいっさいしません。
今までの経緯を話してトレーナーさんと
行動治療をしている事を話すと、
「薬だけでは治りません」と型どおりの前置きだけ話して
薬を処方してくれるだけです。
とにかくノータッチ。

1件の若いお医者さんは
「僕はそっち方面は苦手で」と正直に
言ってくださいましたが。

私のトレーナーさん(ドッグウォーカー博士)からは
「本当の正確な診断ができるのは
日本では数名の動物行動学の先生だけ」
と聞いています。


そういう現状なのかもしれません。


だから私は
行動治療に詳しいトレーナーさんに出会うまで
まるでどうしていいかわからず、
ネット記事や本を参考に自分なりのことを
試すしかなかった。

分離不安症には似ているけど
そうではないものもあるらしく、
本当にそうなのかさえわかりませんでした。

答えが出る出会いまでのあいだに
自分がしていた留守番訓練のせいで
吠え癖などを強化してしまったり、マイナス面もありました。


P8030264


だからプロには相談したほうがいい。
相談するプロはよく考えたほうがいい。
自分の愛犬に何が必要で何があうか。


そして悩んでるあいだに
周囲からいろいろな意見をもらうと思いますが
迷うと思うのでがんばってほしいです。

私の場合は
「飼い主の甘やかし」、「気にしすぎ」
「そんなの放って出ていけば最初は家具を壊されても数回で治る」
「うちはそうした、それで治った」
「本当はもう治ってるんじゃないの」
「わざと鳴けばおいてかれないってわかっててやってる」
「人間をコントロールしようとしてる」

そんな周囲の声をもらっていました。
自分で話して知人友人は親切で言ってくれてるのです。

が、実際はそのような常識的な
考え方とは違うパブロなりの世界があったし
それを口で説明はできなかったし。

もっと厳しくするべきなのか等
よけいに悩みました。
でも不安症にはそれにあった治療があると思います。


パブロの場合は
ひどくなるまで放置したりしなかった。
でもパニックの現場は誰が見てもこれはまずいと、
事故をおこしかねないと思える状態でした。

その現場はトレーナーさんでも見ていません。

私とパートナーのMさんだけです。
初期のころなので映像も撮れていません。

だから
私の主観がはいった説明でしか
伝えることができないのです。
「そんなもの、あんたの気にしすぎでしょ」
と言われてしまえばそれまでです。
だから迷うのです。

同じような状況になる飼い主さんもいるかもしれません。

そんな方のために、
このブログはずっとアップしておくつもりです。


参考になるかはわからないけど

なるべくなら、
ワンちゃんと飼い主さんの辛い日々が

少しでも少なくてすみますように。


P8030265




そう願って、ここに記します。




今日の留守番練習:Mさん寝ている状態で10分。
完璧。

留守番練習中のパブロと飼い主に。
ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 留守番犬へにほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

pagetop