留守番練習に思うことその3。

なんか昨日から真っ向から
留守番記事書いてますけど
終わらないもんであと1回だけおつきあいください。。。

IMG_2936
(靴磨き助手中のパブロ)


不安症のワンコには「成功体験」を重ねるのが良いと
よく聞きます。

自信がつくのがよいのと。

一度パニックなどを起こすと
同じときにそのスイッチが入りやすく
なってしまうなどなど。


パブロの場合
独りにされる→見えない敵が現れても守ってもらえない→
ヒ~~~~~~~~ッッ!!(パニック)

…の、思考回路が出来上がってしまってるかもしれません。


よくわからんけど、
こーいうのって繰り返すとどんどん
その思考回路が強化されてしまうらしい。
IMG_2940


だから
パニックを起こす前に対処して
独りにされる→たとえばおやつがもらえる→ごきげん

みたいな。
違う結果を作ってあげて
パニックを避ける。

そのごきげん体験を繰り返して
そっちを強化して、パニックってなんだった?みたいに
忘れてしまうくらいにしてしまえば。


そういう感じで、「成功体験」は重要みたいです。


私はパブロが子犬のころ
毎日ケージや部屋に閉じ込めて独りにしました。

パブロはワンワン吠え続けました。
このやり方は「あきらめさせる」ってことだと思うけど
パブロは1度もあきらめませんでした。


・・・ある意味根性のある犬です( ̄ー ̄)
やるなーパブロ。
IMG_2934


しかしそれを100回以上繰り返して

閉じ込められる→吠える暴れるって行動を
私はパブロに強化、定着させてしまった(;_;)


成功体験強化方式から言うと、
そういう結果になってしまったのでした。


そして
独りにされる→飼い主はなかなか戻ってこない
って覚えたと思う。

おやつやごはんでケージに誘いこみ
罠みたいに扉を閉めたから、
信用も失ったと思う。


さらにそこからさまざまな試行錯誤で
ドッグウォーカー博士に会うまで)やり方も変えてきたから、
今も安心できないと思う。


いくら「だいじょーぶだよやーね」と笑ってみせたって
そんなもん。
いろいろしたほうってそういう事すぐ忘れるけど
やられたほうは忘れません。。。

だから、
今「お留守番」で出てっても
飼い主bkはすぐ戻ってくる、と言われても

本人そー簡単には受け入れないでしょう。。。
P1010202




失った信頼。


こーなってからわかるのですよ、

しつけだの行動治療だの
小手先でどんな方法を使うかの前に


基礎の基礎、
根本の根本は



信頼関係。。。



( -  -,)




今となっては

本人が信用するとしたら

飼い主bk本人ではなく

「飼い主が毎回お留守番と言ったら
すぐ帰ってきた」って

パブロが見張ってて確認して
自分で発見した行動パターン。


パブロ自身の判断で
このパターンはだいじょうぶと思うまで
P1010209

私は行動で示すしかありません。


いくら微笑んでみせたってムダ。
楽しそうに「だいじょぶ」なんて声をかけたって
そんなのもうパブロは気にもしないでしょう。


よし。
今日もいくぞパブロ!


「お留守番」
トコトコついてくる
玄関出てく

愚直なまでに
数秒で戻ってやる!!!


P1010207




しっかり見てろよ
パブロ!



今日の留守番練習:久々に今やってみた、
見にもこない、寝たまま!6秒、大成功(⌒-⌒)よかった。。

留守番練習中のパブロ、ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへにほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


pagetop