パブロやパブロ。

IMG_7560

だいぶ具合が悪そうだね。



胃炎のせいか分離不安なのか


何枚写真を撮っても


笑顔がうつらないよ。




パブロに聞いてほしいことがある。



 
朝、ベランダに出ては戻ってきて

Mさんの布団にもぐるようになったね。

少し出ては怖くなるのか

Mさんの布団に直行して

しばらくするとまた


ベランダに出るって言う。


朝私がいろいろ支度をしてるあいだ

これを何回も何回も繰り返すね。



ちょろちょろ出たり入ったり

そのたびに網戸を開けてリードをつけて、って

私もそのたびに繰り返して


忙しいからイラッとする事もあると思うけど



それでいいからね。




実家で私がお風呂に入ったときも

何回も何回も廊下に見にくる足音がする。


最初そんなにウロウロしないで

落ちつけよって思ったけど


パブロは確認してるんだね。


心配になってはちゃんといるか見にくる。

見て確認して大丈夫と思えば戻るんだから


気のすむまで確認していいからね。


繰り返し繰り返し


確かめていればきっと


ちゃんといるっていつか信じられるようになるよね



今朝は朝風呂から出たら

久しぶりみたいに喜んで飛びかかってきたパブロフ


その後またしても猛烈にガブガブ甘噛みされました


それはちょうどパートナーのMさんが出勤前で

パブロが不安そうにべったり後追いしてた時で


『これからMがいなくなるって時になんでいないのよ!』って

言ってるみたいにガブガブかぶりついてきました



「今日はすごいついてまわってる」とか

Mさんと話すこともあるけど


ついてまわっても


いいからね。



だってここはパブロフの家だから。



独りでベランダで日光浴するのもいいし


Mさんを見に来るのもいい。



パブロフの家だから、


好きなところにいなさい。



後追いするから良くないとか、

こっそり出てくとかしないとか、


そんな事の前に


パブロはパブロのいたい場所に


いることができるんだよ。




独りでソファで寝るのもいいし

くっつきたくなったら来ればいい。




パブロは自由。




IMG_7559






散歩から帰ったら私と行動を共にしなくてもいい。

私がくつろぐまで待たなくていい。

よく私が、パブロが離れて座ったときに


『ok』って言うでしょ?


「離れてもよし、くっついてもよし」って意味だよ。


眠る時に呼んで来ないと寂しいけど


「なんで来ないんだよ」なんて言わない。



それより独りで別の部屋で寝れることのほうが大事。



「分離不安を治さなきゃいけない」とか

「独りで行動できなきゃ」の前に



私たちはお互いに

独りでいたければ、独りでもいい。

一緒にいたければ、一緒にいていいんだ



どっちでも認められるんだよ


だってここはパブロの家だから



パブロは自由。



その時の気分で好きにしていいんだよ


そういう風に暮らせればいい

だってみんなそうしてる



今 不安だからか

私と一緒にいようとずっとくっついてるけど

寒い暑い退屈なのに

気の乗らない場所にじっとしてる必要はない


ベランダからキッチンへ移動すると

ついてこようとしたパブロフ


『いいよ。OK』って言ったら

ベランダへ独りで戻っていったね



それでいい。


独りでいるのもくっついて安心するのも

どっちもokなんだよ

どっちもあっていいんだ



それができればきっと治ってく気がするんだ




その分離不安。




自由に、なろう。(⌒-⌒) 






留守番練習:休み
Mさん出勤時かなりナーバス。
胃炎は2時間おきに腹ばいか台所に座りさいそく。
2時間しかもたなくなった。
ボトム一歩手前。徹底してあっためる。
がんばってくれパブロフ。

留守番練習中のパブロ、ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 留守番犬へにほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

pagetop