昨日からパブロはしょっちゅう胃が痛そう。


春秋は必ず同期して
メンタルの様子にも変化が出るので


今朝の散歩はとても元気なく

胃のせいだけではなく
怖がりMAXな様子。




ものすごくノロノロ歩いてたところ

前からおじいさんと女性の2人が横に広がり歩いてきて。



パブロと私は左端、
おじいさんがよける雰囲気がないので

私は手前でパブロに右に大きくよけようと合図したけど


パブロが秋のようなメンタルの時は
そういう時臨機応変な判断が出来ず
まっすぐ歩いてしまう



今日は仕方ないと私はあきらめ

そういう時は左はじにピッタリくっついて歩けば

相手が大抵よけてってくれるはずが



おじいさん、頭にきた様子で

よけずにパブロの正面でピタッと止まり

圧を出してお前がよけろと
まっすぐ露骨に突っ込んできました



真正面から向かうのは犬には敵意なはずで

よけるスペースはこちらにまったくなく

パブロは反対を向いてひたすら匂い嗅ぎをして
敵意のないことを表明するのみ



ギリギリ前で私がパブロとの間に強引に入り込み
(そのままでは飛びつく)

すいませんと言いながらパブロを先へ逃したら


「どこ歩いてるんだよ!」だとぉ???(; ̄Д ̄)




どー考えてもよけるスペースがあったのは相手方。


あの態度は
犬が最初からよけるのが当たり前と言いたかったのだろう


これが足かなにかに
大きく包帯でも巻いて

びっこをひいて歩いていたら

そんなことは言われなかったよね



パブロのメンタルな具合の悪さは怪我と同じ

捻挫して数日で治っていくようなもので


私にとっては包帯や杖をついて歩いているのと同じなんだけど


毎日状態も違うし
歩いてみないとわからないので

対応は難しい



そして外からは

目に見えないです



ノロノロ歩いてもいいよ〜と
わざとブラブラ、ほがらかな雰囲気で歩くので

ヒマそうに見えるらしく
よく声もかけられますが



私の頭の中身は

帰ったらやる事で頭いっぱい
睡眠不足で超不機嫌( ̄ー ̄)とか


見た目でその事情なんて

他人がわかるはずもないんだよ(゚皿゚メ)



自分がとった行動が

他の動物に敵意のサインを送ったなんて

おじいさんは生まれてまだ1回も
考えたことはないだろうし

犬が生意気、しか頭に浮かんでないだろうけど



人間1人の常識なんて

私たちの知ってることなんて


世の中のほんのこれっぽっちのことと
少しでもわかっていれば

決して知らない他者に
ああいう態度にはならないはず



飼い主bk は決めました、


歳とってどんなに
あちこち痛くて不機嫌でも


生活に不満足でも


世の中に毒を吐いてるヒマがあったら

リタイアして精神がヒマなら


他者から学ぶとか
次の世代にどうやったら幸せな環境を作るかとか



そういう老人になってやるっっっ( ̄ー ̄)




留守番練習:休み
この後途中で歩けなくなり抱っこで帰る。
夕方さんぽ休み。

留守番練習中のパブロと飼い主に。
ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 留守番犬へにほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

  • コメント( 2 )

pagetop