パブロフの世界

海沿いの街に住む、バセットハウンドとミニチュアシュナウザーのミックス犬「パブロフ」の日記。 毎日留守番練習中!

livedoor プロフィール
パブロフ:2008年9月生まれ ♂

バセットハウンドと
ミニチュアシュナウザーのMIX

年齢:8歳すぎぐらい

体重:14~16kgぐらい

住所:海から2kmぐらい

心身ともほぼバセットハウンド

おっとり陽気で利発、過激甘ったれ

優しく平和で時々ゲリラ的大興奮

尊敬するほどのガンコもの

生まれつきの分離不安かもで
現在行動治療中
(2014.8 専門医により分離不安も含む全般性不安障害、
生まれつきと診断)。

まったく教科書どおりにはいかない
留守番練習の毎日です☀

image


メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 風呂上がり
  • ナスカン(動画)
  • おやすみの言葉
  • ハァハァしません
  • ハァハァしません
  • それでもまだなら中和しよう。
モブログ
QRコード
QRコード












































RIMG0041_2_2       













































































P9110312_3











































P9110308_2

























































P9110315_3


























































P9110321_2








甘噛み、本気噛み、ストレス噛み、興奮噛み。


え~~前回の記事

『留守番させて帰ったら甘噛みでガブガブされた』と書きましたが。


画像1


久しぶりにガブガブされて昔のことを思い出しました

パブロフはとにかくすごく興奮するワンコでした

そして興奮すると思わず何かにかぶりつくクセがありました


喜んで興奮しても同じで、
帰宅すると「おかえり~~!」って走ってきて
ギャオーーン!って飛びついて手に歯をあててしまうのでした


でもどうみても喜んで甘えてる風にしか見えないし
かといって本気で痛くて皮膚がむけたりするし
母が「これが甘噛みなのか?」と言うほどでした


『これで甘噛み?』って最も疑問に思ってたのが
夕食後のガウガウタイムでした


子犬の時、ごはんをあげて食べてるすきにドアを閉めて
部屋にとじこめて、「毎日独りにならすための留守番訓練」と思ってたら

ドアを開けて解放すると
ギャーー――――――――――って走ってきて
泣き声ともしゃべり声ともいえない「ワウワウ~」ってうめきながら

向かってきて飛びかかられて
マウントされたり肩や髪の毛、手足にガブりつかれました


いくらやめさせようとしても
自分でもわかっていて止まらない風でした


今考えれば、当然ストレスを発散させたかったのだとわかります


だけどとにかく、
そのガブガブは本当に半分襲われてるみたいな半分甘えてるような。
かなり痛いのです爪はつかわず噛みだけで
手足に30センチ近い一直線のあざが出来たりしてました

どーやったら口だけであんな長い直線のあざが出来るのか
今でもよくわかりません(-_-;)とにかく痛かった、2人ともつらかった。


で、一般には「甘噛み」と「本気噛み(攻撃噛み)」しか
聞いたことがないので

いつも「あの迫力で本当に甘噛みなのか、でも絶対攻撃ではない、
甘えてるし」ってのがいつも疑問だったのです


で、ドッグウォーカー博士のブログによれば
甘噛みの他にストレス噛み、興奮噛みといえる状態はあるらしく
これでやっと飼い主bk、納得がいきました


こちらの記事によると、
1歳にもなって甘噛みで困るというのは
本来の「甘噛み」とはちょっと違うみたい。
子獣の甘噛みは完全な遊びで、
やめられなくて困るようなもんではないらしいです。


画像1



ストレスでイライラして噛んだり暴れたりしたくなってするのが
困るような事態で、それは「ストレス噛み」らしい。

興奮すると何かしら口にくわえたくなる、
それはパブロも今でもそうなんだけど、
それは「興奮噛み」ってことなのかな。


博士が言うには、
そういうストレスやイライラで噛んでるのを
怒ってやめさせようとしても効果がないばかりか悪化する。

甘噛みが本気噛みに移行することはないけど
ストレスの原因を解決しなければ、
そのうち本気噛みが出る可能性はあるらしい。
 

パブロの噛みは閉じこめられたストレスで興奮して 
噛まずにはいられなかった「ストレス噛み、興奮噛み」
この解釈、ピッタリアルよ。( ̄ー ̄)


それは、無理に分離不安を治そうとして
自分が耐えられる量をこえた負担をかけたから暴れた結果。

当時は毎晩DVのようにその時間が憂鬱で

「噛み犬」なのか?
自分をリーダーだと思って私の上にたとうとしてるのか?って
わからなくて悩んだけど


パブロは噛み犬じゃなかった。そこはよかった。
甘噛みでもなかったけど(-_-;)


暴れるパブロを止められなくて
いくら「やめて、よしよし」ってなだめても大声で怒鳴りつけても パブロも止めることができなくて。

ケージに入れても解決しないのがわかってるから
そんなやり方で逃げるのもイヤで。

寝室に立てこもってよく泣いてました

その間パブロは寝室のドアの前で何十分でも
しーーんと黙ってしょんぼりと待っていました


 で、結局原因は
無理な留守番訓練のストレスと
散歩不足、扱い方の悪さなんかだったと思うので


ドッグウォーカー博士にレッスンに来てもらって
留守番訓練をやめて、散歩のしかたを教わって
ストレスマネジメントをして

パブロのストレスをなるべく軽減するために努力をしました


それでパブロのDV(笑)は
ちゃーんとおさまりました。 (⌒-⌒)


噛みは「甘噛み」と「本気噛み」だけじゃないんだね。( ̄ー ̄)



留守番練習:休み
実家留守番のあとから悪夢がふえた。
翌日は6~8回ぐらいうなされてた。
もう1日ぐらいクロミカルムをあげればよかった。
でも自分でとっぷりと散歩をして解消してた。 
とてもよい。よい傾向だと思う。

留守番練習中のパブロと飼い主に。
ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 留守番犬へにほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 

pagetop

ガウりきれず。



実家に泊まったら散歩後も欲求不満が解消されず。

甘噛みとは思えぬ大興奮ぶりで
飼い主 bk の腕に歯形を残してくれたパブロフ。 


久々のガウガウタイム発生ですが
この1回かぎりでした。


…というのも
ガウってる途中で我にかえり
次の瞬間は腹痛タイム。
つっぷして動かなくなりそれっきりでした(-_-)


で、次の日は嘔吐。
胃にきたようで撃沈です。。。

気の毒に、
荒くれ犬にもなるには病弱すぎたみたいです( ̄▽ ̄;)


「なんてめんどくさい」が半分「ヘタレでよかった」が半分(笑)
飼い主 bk 、みょーな意味でホッとしました。
びみょ〜〜。( ̄ー ̄)


でも
パブロも大人になってきたので
行動が整理されてわかりやすくなってきました


子犬の頃のようにごっちゃごちゃのメチャクチャではなくなりました。 


大丈夫そう。
飼い主 bk 、安心できました。



またしても小刻みごはんと
様子みながらのストレス解消散歩してます。


回復も早いです。
もういい感じです(⌒-⌒)


IMG_0910
ごはんのメモ書き。
様子を見ながら間隔を変えるので予定はたてません


皆様にはげましていただいたので



今日も
もくもくと



やります。( ̄ー ̄)




パブロ、ついてこい。




留守番練習:M在宅で2時間。
『bkいないよ、Mなに落ちついてんの
bk行っちゃったよ』と
まったく落ちつかなかったらしい。

留守番練習中のパブロと飼い主に。
ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 留守番犬へにほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

pagetop

道は険しい




今回の海はいいお天気。
IMG_0838

富士山がはっきり見える景色に恵まれました(⌒-⌒) 




IMG_0863





ここのところ。

Mさんが休日いないだの
病院だの
雨続きで散歩が足りてないだの


フツーに欲求不満なパブロフ


そしていきなり絶好調の後の揺り戻しがある感。



そういうストレスを発散させるべく
意図をもって散歩させていた飼い主 bk が




IMG_0884



ちょっと雨だったからお休みモードで。

『もう落ちついてるから大丈夫』とばかり
あんまりケアに気を配らなかったら 



IMG_0870



ある瞬間から
ものすごいガウガウ犬に戻ってしまい。




IMG_0864




またまた逆戻り。ものすごくストレスを溜めてます。。


しかも大人になってるので
挙動は落ちついているのにワンコに突然キレる。
これが全然わからない(泣)


「まだこんなになってしまうのか」
(自力で消化する力はまだないのか)って



飼い主 bk をショックで落ち込ませてくれたので




もう一度。


IMG_0875




最初からやり直しです


気を入れて

ストレスマネジメントのための散歩をやり直すつもりで



パブロの意思にまかせ観察すると



IMG_0886





今日もやっぱり最後は海に到着。


海の神様に

『パブロを癒してもらえたら』とお願いした飼い主 bk の


目に涙が3つこぼれました

 
 
IMG_0843


 
お互いに、はっちゃけた笑顔は出なかったけど



無心で歩いてひたすら匂い嗅ぎして帰りました



 

散歩はパブロのストレス発散のための
重要なツール。

やはりしっかり目的を持ってやらねばなりません。


特にパブロの場合は

楽しみなワンコ挨拶でさえ

具合が悪くなるとできなくなるので

本人が避けるのを見極めなければいけません。




この日のニーズは

『雨だったからガンガン歩きたい、たくさん匂い嗅ぎしたい
ワンコに会うと興奮してガウって嫌われるから会いたくない
でもそれじゃつまんないから新しい道を探検したい』

でした。
 



この日それに気づかなかった飼い主 bk は
友達ワンコ(小型犬)と会わせてしまったら
突然襲いました

残念ながら「襲った」という表現が一番近い様子。


ケガはさせなかったものの
本当にごめんなさい。


私だけはあれが威嚇で
本当に噛んだりしない事を知ってますが

とてもそうは思えない激しさで


相手は絶対本気だと受け取ったと思います



いつ会ってもしっぽを振って

喜んでくれるワン友&飼い主のみなさん。



パブロはそういう風に安定した態度を
取ることがどうもできません。


ごめんなさい。



友を傷つけないために

パブロはあえて避けたり離れたりする事があります。


本当は遊びたいのを自分で振り切って走り去ったりします。



自分をコントロールするのに
大変苦労してます。



どうぞ許してやっていただけたら、





もしできたら、ご理解をいただけると幸いです。




そしてそんなパブロなのに

広い心で接していただいて


いつも本当にありがとう。


 
ほんと、もーしわけない。(涙)




留守番練習:休み 
昨日はガウガウタイム復活。
本人遊んでるつもりの甘噛みだけど、
なんで両足浮くほどのジャンプで飛びかかって
噛んだ腕を左右に振るか!(怒)
久々にbkアザを作る。
途中でハッと気がついて
いきなりやめて急に突っ伏し、
今度は腹痛モード。(-_-) 
道は険しい。けど途中気づいただけ成長か…

留守番練習中のパブロと飼い主に。
ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 留守番犬へにほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

pagetop




   BlogPaint


✽「分離不安」検索で来た方は
こちらからどうぞ
◆カテゴリー<分離不安>◆ ↓

分離不安犬の飼い主さんへ

パブロフがやってきた日

パブロフがやってきた晩

>パブロフ来て一ヶ月〜分離不安という言葉を知る〜

>パブロフ来て三ヶ月〜自分のせい?〜

パブロフ来て三ヶ月2〜『噛んだらつなげ』〜

現在の留守番練習

パブロフ来て三ヶ月3〜手術後に大暴れ!〜

パブロフ来て半年〜犬の夢〜

パブロフ来て半年〜ストレスが身体に〜

我が家だけのお出かけルール

パブロフ来て半年〜一緒に寝るリスク〜

パブロフ来て8ヶ月〜一緒に眠る〜

『見えない敵』

パブロフ来て10ヶ月〜なんちゃって分離不安〜

パブロフ来て10ヶ月〜『最重要課題』〜

何にパニック??

パブロフ来て12ヶ月〜散歩改善〜

ケミカル

パブロフ来て12ヶ月〜私が閉じ込めた結果〜

パブロフ来て14ヶ月〜引っ越し準備〜

パブロフ来て14ヶ月〜引っ越し当日〜

パブロフ来て14ヶ月〜世代格差〜

パブロフ来て16ヶ月〜ワクチン後の胃炎〜

パブロフ来て18ヶ月〜本格留守番練習開始〜

パブロフ来て18ヶ月〜本格留守番練習2〜

パブロフ来て20ヶ月〜留守番練習を創る〜

パブロフ来て20ヶ月〜クロミカルム!〜

パブロフ来て22ヶ月〜成功パターン〜

留守番アイテム

『忠犬パブ公』

パブロフ来て22ヶ月〜同調〜

記録更新

パブロフ来て30ヶ月〜現在!〜

現在の自立度

パブロフの悪夢

私が喜んだ日。

薄氷

里親募集中の「ポッケくん」その後

回復する時間

もし私なら。

基礎の基礎、信頼

現在の自立度半年後!

私が喜んだ日2

飼い主がもうだいじょうぶ。

揺り戻し

説明するには…

ノンケア留守番。

プレデターはいなかった

なんでまさかのクロミカルム!

自由

とても幸せなこと

現在の留守番練習(動画)

ほんのささやかな受け入れ

それでもまださみしいのだろうか

飼い主修復週間

トラウマひとつ克服

かくれんぼが始まった

普通にここに存在できること

ガウりきれず。

成功のご報告

分離不安に効果の実感があった事〜パブロの場合。

撃沈中の快進撃

「王子な日」。

クロミカルムの効果の実際〜パブロの場合:1
 

クロミカルムの効果の実際〜パブロの場合:2

卒業その1

セオリーが効いてきた?

まっくん

まっくん2

一年後の自分へ

やり直します!

見えないケージ

外出時間更新

飼い主、行動科に行く

診断結果

診察内容その1

それは足なめじゃない?

クロミカルムの疑問と訂正
  
BlogPaint



記事検索



BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint



















































IMG_4216

  • ライブドアブログ