先日のワイン会「ラ・ピッコラ・ポエズィーア」のお礼をしたかったので、二人(僕と赤下シェフ)の行きつけである「セリーヌ」でワインをごちそうさせて頂きました。

開けたワインはこちら。



ジャン・リケール

バタール・モンラッシェ 2002



まあ日本ではマニアックな造り手ですが注目されてるみたいです。
この造り手さんは数回飲んだことがありますが評価はやや博打的。
コルトン・シャルルマーニュがものすごく良くて追加で買ったら追加分が不発でムラを感じました。またインポーターの違いもあるのかも知れませんが…

バタールを一本大事に暖めておいたのでこの機会に出しました。


香りは閉じぎみ。やや樽香が強くミネラリー。
とてもシルキーだが、バターやオイリー的ニュアンスはあまり無く冷たくソリッド。
ゆっくりグラスで温度を上げると少しだけ優しいニュアンスが顔を出します。
西くんも優しいので無理やり良いところを探して表現してくれてますΨ( ̄∇ ̄)Ψ
シャイな奴のまま飲み終わりましたとさ。。どれだけシャイなんや(笑)

どこかの酒屋さんのティスティングコメントで「外交的でお色気たっぷりの娼婦のようなワイン」ですと(笑)

なぜこんなにも真逆になるんよ(;´_ゝ`)

たかがワイン、されどワイン。
だからワインは面白いんです(*^▽^*)


赤下シェフにお礼が出来て良かった(^O^)
西くん!相変わらず楽しかったありがとう!



DSC_0172