小中学校のクラスメイトと20年ぶりに再開を果たした。

渋谷の西口?の和食屋さんですだちサワーを10杯位飲んでから、シノワ渋谷店にこちらも約一年ぶりに来店。
もちろん可愛がってるWU君に会うためだ。

K君の奥さんがワイン好きだと言ってたのでシノワから合流。
奥さんも衝撃的で本当にビビった( ; ゜Д゜)
色々凄いし奥深いし最高過ぎる。。
同じクラスを是非(笑)


K君とは和食屋さんから本当に色んなことを話した。
全く忘れていた記憶が不思議と呼び起こされた。
二人で記憶のパズルを一つずつ埋めてくように。

K君は2月14日生まれで僕は2月15日生まれ。
必ず席や整列は一つ前。
僕は当時背が小さくいつも先頭でK君は背が大きくゴツく後ろから2、3番手で。

お互いの思いと本人の気持ちが違いあの頃色々悩んでいたことがあったこと。
面白かった同級生のこと。
お互いの両親のこと。
活気があった商店街が今ではシャッター通りだということ。。
良く通ってた駄菓子屋さんのこと。

本当に話が尽きない。

K君の奥さんが突然僕ら二人は似ているという。
ダウンタウンの松ちゃん浜ちゃんのようだと。
K君は目立ちたがり屋、僕は目立ちたくない人。
髪型だけみたら僕が松ちゃんじゃないかな(笑)
的確に指摘され少し動揺したんだ。。


気がついたらシノワの閉店の時間を過ぎていた。

再会を約束してホテルに。

実は酔ってたのか、ホテルに着いたとき少し泣いたんだ。
うれしい涙だったのか悲しい涙かはわからない。
自然と涙が込み上げて来たんだ。


僕たちしか見てない地元の景色。
僕たちしか経験してない時間。
光化学スモッグの空とバスクリン色した千葉港の海


真剣に考えたこともなかったけど、本当は大きすぎる意味があったんだ。


たかが「クラスメイト」
されど「クラスメイト」


これが僕たちに取ってどんな意味合いがあるのかは今日の再会に尽きる。


僕はK君の親友であり好敵手になりたいと思った。

いつか奥さん連れてあの心臓破りの坂を歩きなよ(笑)
K君の体を持ってしてもあの当時山脈のようそびえ立つあの坂を(笑)
そりゃあの頃の僕の体では上がれなかったはずだ(^^)
三人で一緒に地元を歩こう!!

哲二の家はもう無いけどさ(笑)


僕らをまた引き合わせてくれた同級生のみどりに感謝\(__)



再会がスゴすぎてワインが霞んだ(笑)


WU君とも色々話した!
相変わらず良い男達で、これから色々あるだろうけどいつでも駆けつけるぜ。
鹿児島にも顔を出せよ(^ー^)



最初に飲んだ白ワインはこちら。


アンリ・ボワイヨ

モンラッシェ 2000


K君が白ワインが好きだと言ってたので、どうせなら白で一番良い畑、素晴らしい生産者をということで持ってる秘蔵のワインを。

ポテンシャルは物凄い感じるのですがまだまだ堅い。ピークはまだまだ先だと思いました(^-^)


DSC_0180



赤ワインはこちら。


ジャック・プリュール

ミュジニー 1985


こちらもいつ開けるかと考えていたので、K君とWU君との再会もあったのでベストのタイミング!
正直こちらのワインは物凄かった。
飲んだ人しかわからない香りと圧倒的存在感。
みんなが楽しそうで美味しそうで笑顔で良かったです(^ー^)


DSC_0181



実はこの後に二本飲んでるんですよね(笑)



オーストラリアのルーシーマルゴー。


DSC_0183



中国の


DSC_0184



どちらも美味しかった(^-^)


ワインの価値なんて本当にどうでも良い。
素晴らしい再会に感謝。
最高の時間をありがとうございました(^^)人(^^)