ZWIFT GCN Take over KISS Europe 。

4:40起床、sleepmeister。
PC立ち上げて、自転車の空気入れてZWIFTの準備。

今日はGCN Take over KISS EuropeにカテゴリーBで参加。

 

 機材はマドン5.2SL with Pedaring Monitor、Elite Real E-motion。

例によってスタートは猛ダッシュ。400Wオーバーでがんばらないと先頭集団にいられず。
終始300W近辺で、前半1/3くらいで海岸にでたところでようやく緩む。
集団内で230W程度で脚やすめ。

そしたら、またもや突然パワー0W。
とまってしまいたちまち集団は見えなくなる。

そのうちまた動きだした。ANT+の通信がとぎれちゃうんだなー。
とりあえず前回で
追ってみるが影も形も見えないのであきらめて流す。
第二集団に合流しよう。
と思ったら、またもやパワー0Wに。その瞬間に集団に抜き去られて、たちまち見えなくなったw。

復活したので3分くらい全開でおったら追いついた。
第二集団はペースぐっとおちついていて楽。

そしたら、またもや終盤で0W。本日3回目のメカ?トラ。

復活してからまた3分くらい全開で追いついたw。

最後はこの集団でスプリント、はやがけして集団頭でゴール。

で、はい、UPGRADEで着外ですw。 

ロード用チューブレスできた!

ロード用チューブレスの顛末。

eBayでBontrager Aeolus5D3TLRを落札。
すかさず、Amazonでチューブレスタイヤ、シーラント、パンク修理キットなどを手配、入手。

ショップでチューブレス用リムフラップを入手。

届いたホイールにはチューブレス用バルブが付いてるはずだったけど、付属品一式なし。
(性格的に)待てないのでAmazonで(Bontragerに対応している)Notubesのバルブを手配、入手。

以後毎回、中性洗剤と水の1:1溶液使用。筆で塗布。

第1回トライ。
Notubesバルブに手持ちのバルブ延長チューブ(溝切りなし)で。シーラントなし。
前輪のみやってみたが、ビードをあげることもできずw。
CO2ボンベも試したが、ビード上がらず。
ポンピングしすぎで腕が筋肉痛。

仕方なく、AmazonでTopeakのチューブレス用のポンプを手配。

第2回トライ。
Notubesのバルブ、シーラントなし。チューブレス用ポンプでビードは上がった。が、バルブ周囲から空気漏れ・・・

バルブを変えるしかないかー、とAmazonを物色。DTのバルブを発見。形状的にBontragerのと似ているのと、ハブもDT製だから互換性ある?と思って手配。

第3回トライ。
DTのバルブ、シーラントなし。
一応空気はいるが、バルブ周囲から空気漏れ。バルブにビニールテープ巻いて空気入れてみるが、やはり漏れる。
調べなおしたら、NotubesのバルブはBontrager対応をうたっていうるので、ネジ切りの延長バルブをAmazon で発注。

第4回トライ。
再びNotubesのバルブにネジ切り延長バルブ。バルブにビニールテープ巻く。
後輪はこれで成功。8気圧保てる。一晩おいても7気圧台で、ラテックスチューブ程度の空気漏れ、で許容範囲。しかし、前輪は空気漏れ著名で、6気圧程度しか保てず。


第5回トライ。
ネットで仕入れた情報で、バルブ周囲のバスコークを塗布して24時間放置後タイヤセット。しかし6.2気圧程度しか保てず。翌日には5気圧まで落ちる。

第6回トライ。
バルブ周囲にバスコーク増し盛り。やはり6.2気圧程度しか保てず。

第7回トライ。
ホイールのセラーからバルブなどの付属品が届く。
Bontragerのバルブに交換してトライ。シーラントなし。見事に空気漏れ。
バルブにビニールテープ巻いても漏れる。6気圧程度しか保てず。

第8回トライ。
Bontaregerバルブとリイムテープの間にバスコーク塗布、24時間放置後トライ。
8気圧キープ。5時間放置でも 7.5気圧以上。許容範囲に到達。シーラントなしでの運用できそう。
毎回空気入れるのは必須か。

結語
Bontrager Aeolus  TLRをチューブレスとして使うには、純正リムテープ、純正バルブがl無難。個体によってバスコーク加工は有用。
 

水曜、WBR Impact 2.5 w/kg #pst Ride

水曜5時起床、めざまし。なんと、iPhoneでんちぎれ、一度四時に目覚めたのでiPadで目覚ましかけて二度寝。

5時からZWIFTの支度。
機材はmadone5.2SL with PIONEER, real E-motion。

今日は流し。2.5w/kgライドが時間的によいので参加。
インターバルは短くて強度も4倍までなので楽。

最後のミニレースは、
なんだ?みんなはええ。

12位。

ZWIFTでイベント、100km、拷問だったw

月曜(祝)はチーム走り初めの予定でしたが、雨、路面びちゃびちゃ、強風で中止。
朝は起きたのでパンを買いに行ってからローラーすることに。
ZWIFTやるならイベント参加、と物色したら100kmってのがある、しかも、参加者に抽選でサイクルオプスのターボトレーナーくれるって。

参加者は120名弱だから、確率1%弱で当たるw

で定刻前にちょっとアップして参加。
^_^
スタート。レースと違って、はなから全開ではないけど2.3w/kgではないw

そして先頭集団は途中からペース上がって4w/kg前後。これで100kmは無理ー、千切れる。

ちぎれ集団で3w/kgほどで進んでいたら、
ピンポーンとチャイムが玄関で。

生協が届いてZWIFT中断。
さらに後方の集団で復帰。

1時間ほどでケツが痛くなる。
耐えられず一旦降りてケツ回復、ついでにローラーの強度あげた。

2時間後にも再びケツの限界が訪れ、大休止してランチにする。ここでライドリーダーに抜かれる。

もう追いつけないので、マイペースで最後まで。

1. 100.4km 215W

まあ、軽い拷問です。きつかった、ケツが。もうやらないと思うw

ロードチューブレスその後。

リアは一発で上手くいき、8気圧キープ。一晩は十分持つのでシーラントなしで良いな。
一方、フロントは散々苦労しても上手くいかず。おかげでチューブレスの脱着はすっかり習得。
どうやってもバルブ周囲からの空気漏れが止められず。
バスコークでバルブ周囲を固めてもやはりもれる。
さらにバスコークを盛ったら、ようやく
6.2気圧はキープできるように。
なんとか実用範囲?
あとはボントレガーの純正バルブに期待?
image

木曜、ZWIFT EUROPE TT。

4:30起床、sleepmeister。
今日はZWIFT EUROPE TT。
火曜に100kmサイクルマラソンだったのでまだ疲労抜けきっておらず。でもSUB LTでもいいから完走しようと決める。

7分ほどのアップでスタート。
機材はエモンダSLR,AEOLUS 3D3,ミシュランパワー・コンペティション、SOYOラテックスチューブ。
バーチャルの機材はZWIFT TT、ZIPP 808。

今日はスタートであげない。先頭から遅れてもいいので一定ペース、のTTでの走りで。

出鼻はバンバン抜かれるが、淡々と走って少しずつ抜いて行く。

1. 23分19秒 av286W NP287W 90rpm PE55.1% L51.1%

ノーマルバイクでの出力としてはかなり低めだけど最後まで走ったから良しとしよう。本当は外でTTバイク乗りたかったけど寒さで断念したので、週末のれるといいなー、でも日曜は雨っぽい。

image

火曜、ツインリンクもてぎサイクルマラソンへ。

火曜、ツインリンクもてぎ・サイクルマラソンへ。
ここはサーキットとしては登り長め、でデブにはちとつらいイメージw。

今年からスタートが遅くなったのと、比較的暖かかったのでいつもの装備で十分。
長袖冬用チームジャージに、CRAFTのウィンドストップアンダー、パールの冬用タイツ、冬用グローブ、帽子、SIDIの冬用シューズ。
MIEさんは極寒用のジャージしか持ってきておらず、試走で汗だくになり、アンダーを減らす。

機材はEmonda SLR,Aeolus3 D3,Michlein Power Competition,latex tube。
本当はtubeless tireを投入したかったけど、空気漏れ問題で間に合わず。

2017-01-03-20-24-28


整列してローリングスタート。今年は自分の周りではローリング中の落車はなかったです。

本スタートになって、いつもどおりきつい。
ただ、登りはペース速くなくて楽。体重増量セール中なのに楽。
はじめの数周はアウターで登ってたけど、インナーでくるくる回しても十分ついていけるのがわかったので途中からはインナーで登ることに。

今回は7970Di2のご機嫌は悪くなく、変速不調なし。なのでインナーも安心して?使えました。

坂で前に上がろうとグラベル?(青白のところ)走ったら、結構な段差でガタガタw。置いてくるの忘れてたツールボトルがコース脇に飛んで行った。他の人の邪魔にならなくてよかった。

この手のレースはだいたいそうだけど、はじめがきつい。今回は10周目くらいで緩む。ちと長かった。
その後はずーっとサイクリングペースに。
多分強風で先頭を曳いていただいていている方々はきつかっただろうなー、金魚の糞は楽。

その代わりもちろんリスクもあり。
二回ほど大きめの落車。
二回とも運よく避けられましたが、集団は小さくなったな。

あと自分が付いていたラインの人がくだりのあとのヘアピンで、遅い人を避けようとしてオーバーラン、番手も一緒にオーバーラン、三番手の自分はちょっと車間開けてあったので無事回避。

中ぎれブリッジ二回。

ラスト2周ののぼりでかかるかな?と思って警戒していたけど、ペース上がらず。
ラスト周回ののぼりもそうでもなかった。インナーでOK。

多分、なるしまを含む逃げが決まってたからかなー?(金魚の糞には先頭での出来事はわからないw、ゴール後知った。)終始まったりでした。結局最終コーナー前の直線もさほどペース上がらず、ホームストレートは遅い集団と入り混じったりして危なくスプリントもできず流してゴール。

1. D2クラス5位 2時間28分59秒 AV270W NP243W 96rpm 150bpm PE43.7% L54.0%  (cyclosphere)

2017-01-03-15-26-21


どう考えても平均出力高すぎ。
明日WKO4でチェックしよう。

次回の自分へ。
1.危険回避のためには左側(イン)走行が良いと思われ
2.強風だとペースが緩んで楽。2017は10周目で緩んで後はサイクリングペース。
3.ゴール前スプリントに参加するには最終コーナー前で前に上がらないと無理。コースが狭いのと、別集団が道を塞ぐ。
4.11:30スタートだと結構暖かかった。極暖ジャージでは暑い。
5.番手上げるには今回の風向き(ホームストレート追い風)だと、長いのぼり(ダウンヒルストレート)と第5コーナー後(くだったあと)のゆるいのぼり。

追記:
WKO4でチェックしたら、やはり次の通り。
AV.195W NP243W 96rpm 151bpm L55%

この平均パワー、ゆるく感じるはずだわ。次はもうちょっと前で頑張りましょう。
 

謹賀新年

写真 2016-08-29 10 58 52
本年も宜しくお願いいたします。

昨年暮れからTLRホイールと格闘中。
ビード上げ、はインフレーター購入でなんとかなりましたが、バルブ周囲からの空気漏れが収まらず。シーラント入れるしかないのか?他からの漏れはなさそうなだけに、シーラント入れずに済むとありがたいんですが。どなたかお知恵を。 

チューブレス、空気入んねー、の大晦日。

大晦日の朝はゆっくり目に起きて、ZWIFTで50km。Specializedのイベント、ロンドンもこなして全クリアでスッキリ。
その後次男と窓掃除、その間にcocoroboに掃除機がけをしてもらい、引き続きiRobotの水拭きモードでフローリングのワックスがけ。
などなど大掃除終わったらすっかり夜。
で、昨日挑戦したものの見事玉砕したロード用チューブレスタイヤの取り付け。
昨日は全くビード上がらず。仕方ないのでAmazonプライムでインフレータ購入、夜届いた。
バルブも怪しかったので、DTのバルブを注文、二本組と思ったら、一本だった。もう一本追加注文。

バルブをDTのものに交換してチェンバー付きのインフレーターで一気に空気を入れる、ビードはバッチリ上がる、が。

バルブのところから空気漏れて、タイヤぺちゃんこに。

タイヤ外してバルブ付け直すが、やはり漏れる。

結局、バルブについていた Oリングを外して、バルブをしっかりホイールに押し込んだ。

ようやく一本空気入れられた。
何度もタイヤ付け外ししたのでだいぶ慣れたw。でもIRCのタイヤレバーは必需品だ。
シーラントなしで一晩様子見。

もう一本は明日バルブが届いたらトライ。 

金曜、TTバイクで。

金曜、久々にTTバイクで。
袖ヶ浦でTT練習、ずっと乗ってないので、短時間で身体を慣らすのを第一に。
中袖、往路は回復、復路で高速?練習。6本。

1. 2min.47sec. 45.9km/h 317W
2. 2min.48sec. 45.7km/h 299W
3. 2min.46sec. 46.2km/h 322W
4. 2min.48sec. 45.7km/h 322W
5. 2min.45sec. 46.5km/h 313W
6. 2min.33sec. 50.1km/h 332w

TTバイクの乗り方を思い出しながら。
6本目でようやく思い出す。前乗りで引き足しっかり使う。

それにしてもこの持続時間でこの出力、この後なんとかなるのか?
 
ジオターゲッティング

ジオターゲティング
livedoor プロフィール
楽天
Recent Comments
あし@
自転車ブログ
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
Archives
Recent TrackBacks
livedoor 天気
  • ライブドアブログ