2011年08月23日

"human ERROR" FRYING DUTCHMAN

black_sunday_13 at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) music 

2011年05月22日

6/11Sat. Sun9 vol.19

「夜から」と言われていた雨が、
15時過ぎから降り出しましたね。

以前なら、休みの日に雨なんて、
絶対イヤだったけど、
今日の雨は嬉しかった。

というのも、

種蒔き&苗の植え替えを昼過ぎにしたばっかりだったから。


畑を始めてから、雨がちょっとだけ好きになりました。


雨も、考え方ひとつでいいものになったりします。


今度のSun9は、梅雨入りするかしないかの6月11日です。


Sun9vol19



---
Sun9 vol.19 「雨上がりに」
6月11日(土)
18時オープン 19時スタート
@マルキュウ(JR逗子/京急新逗子 徒歩3分)
Charge 1000円
Live: kentarow
VJ: YEAth


---
イヌイットが「雪」を何通りにも呼ぶように、
ぼくら日本人は「雨」を何通りにも呼びます。

ぼくらは、雨を愛でる民族なのかも。


入梅の日、
雨を見つめ直すのもいいかもしれませんね。


Sun9 19回目のテーマは「雨上がりに」です。

---
Live: kentarow

きどらない、飾らない........
自然体でいることが混沌とした社会に対し最も力強い姿勢である
ことを訴える音楽やライフスタイルはジャンルを超える影響力を持つ。
5月にはライブアルバム「SPECIAL FLOW “LIVE” TRACKS」をリリース!!

http://kentarow.info/


VJ: YEAth

カメラ片手のimage想咲家(そうさくか)
音の在るところを中心に撮影。自身でアニメーションなども作成。
流れて、一瞬。

http://yeathth.blogspot.com/

---
マルキュウ
JR逗子/京急新逗子 徒歩3分
逗子市逗子2-9-27
046-871-2340


black_sunday_13 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) peacenic | music

2011年05月02日

『オラ!メヒコ』田口ランディ+AKIRA

オラ!メヒコ (角川文庫)
オラ!メヒコ (角川文庫)
クチコミを見る


Sun9 vol.18でマルキュウのマスターしんさんから借りた本。

田口ランディとAKIRAが、キノコによるトリップをするために、
メキシコにトリップしたときのことを描いたエッセイ。


色彩鮮やかなメキシコの風景、明るく陽気なメキシコ人、サイケデリックな体験。
自由気ままな旅の様子を田口ランディとAKIRAが順番に綴っていく。

と、単なるジャンキートリップの話かと思ったら、最後の最後で大大大感動。
そうだよね、それじゃなきゃ本にならないよね。

キノコの旅は自分探しの旅だったのでした。


“自分と違う誰かになりたいとも思わず、
自分とはなにか?と思い悩むこともない。
幼いころの僕もそうだった”




black_sunday_13 at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) book | book2011

2011年04月27日

『下流社会 新たな階層集団の出現』三浦展

下流社会 新たな階層集団の出現 (光文社新書)
下流社会 新たな階層集団の出現 (光文社新書)
クチコミを見る



マーケティングアナリスト三浦展さんの著。

世の中の人を上流・中流・下流に分けて、
その嗜好・行動・消費パターンを(ちょっとオモシロオカシク)分析してる。

2005年初版なのでちょっと古いとこもあり。
少々、というか、かなり、とんがったところもあるけど、
うんうん、と頷けるし、話のネタにはもってこい。
使い方次第では、もちろん仕事にも応用可。


“社会のルールってやつはすべて頭のいいやつが作っている。
そのルールは頭のいいやつに都合のいいように作られているんだ。
逆に都合の悪いところは分からないように隠してある。
つまり、お前らみたいに頭使わずに面倒くさがってると
一生だまされて高い金払わされるんだ。
だまされたくなかったら、損してまけたくなかったら、
お前ら、勉強しろ”

漫画『ドラゴン桜』からの引用らしい。
話の本筋とは少しズレてるけど、これ大事だと思う。

勉強しなきゃ。


black_sunday_13 at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) book | book2011

2011年04月21日

『切支丹の里』遠藤周作

切支丹の里 (中公文庫)
切支丹の里 (中公文庫)
クチコミを見る


6〜7年前のある日、朝日新聞の日曜版で見た五島列島のカトリック教会。

小さな漁村の、小さな海岸に、ぽつんと建つ、古びた、木造の、小さな教会。


ずっと見に行きたいと思ってて、先月やっと実現。


僕はカトリックな訳でもないし、教会建築に詳しい訳でもなく、歴史好きな訳でもなく…。

でも、なぜか無性にその佇まいに惹かれて。


旅から戻り、もっと知りたいと思い、手にした一冊。




歴史が語らない、名もなき人の悲しい物語。

でも、すべての人の物語が歴史なんだな。



black_sunday_13 at 00:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) book | book2011

2011年04月18日

Sun9 vol.18 ホントノコト

高円寺や鎌倉で反原発のパレードが行われた4月10日。
こんな出来事は、僕の記憶では、生まれて初めて。

確かに変わり始めている世界。
良い方向に変えなていかなければいけないですね。

変わるものと変わらないもの。
どちらかというと後者を大切に発信しているイベントSun9。

ツイッターが世界を変えている時代ですが、
今回のテーマは本との本当の関係。ホントノコト。

Liveは小野一穂、
BJ(Book Jocky)にMAMEBOOKS、
そして、みんなから持ち寄りで本の紹介


18時オープン。
ずいぶん延びた日で、まだ明るい。
けど、マルキュウでは、もうカウンターで飲み出す人もちらほら。

入場時に、持ち寄ってもらった本に一言を添えて、
カウンターに並べてもらう。

旅に出るきっかけになった本、
小さいころから大好きな絵本、
綾瀬はるかが大好きだったから読んだ本、
本をきっかけに生まれる会話。

IMGP5495


19時小野一穂のLiveがスタート。

温かい唄声がゆるくやさしくマルキュウを包んでく。
こんなときこそ、音楽は本当に大切なんだな。


1stセットと2ndセットの間はオープンフリーマイク。
上関原発を建設中の祝島に、
前週に行っていたtotoと、
2月末から40日間行っていた陽太くんによる報告。
行った人だけが感じることのできる本当のこと。
みな注意深く耳を傾けてました。


小野一穂の2ndセットも盛り上がり21時30分ころLiveはフィニッシュ。

そしてここからは、囲炉裏に集まり、今日持ち寄った本の自本紹介。
IMGP5509IMGP5508IMGP5512

MAMEBOOKSミネオくんの見事なMCのもと、
一人ずつ前に出て、エピソードを語ったり朗読をしたり。
今日の出演者である一穂くんも囲炉裏で一緒に座って聞いている。
アーティストもオーディエンスも同じ目線。
みんなが発信。
Sun9の目指してきたかたちがまた少し実現できたよう。

ミネオくんの話してくれた本に対する姿勢。
やっぱり想いは人一倍で少し感動しました。

本を通して出会いがあり、会話が生まれ、相手を知ったり。
本を通して、相手を見直し、相手の事をもっと好きになったり。
そんなことをもっと大事にしたいと思いました。


IMGP5497


black_sunday_13 at 07:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月29日

【4/10 Sun.】Sun9 vol.18

Sun9vol18


3月に続いて、2ヶ月連続Sun9です。
3年目のSun9は、これまでの奇数月開催から、偶数月開催にしようと思ってます。

まだまだ、震災による影響がありますが、
前を向いて、より良い生活をしていきたいです。

あ、「良い」というのは「贅沢」って意味じゃあなくて、
「より人と環境に優しい」って意味に近いです。


むやみに時代を戻ろうってわけではなく、
最新の技術は、それはそれで駆使しながら、
今まで大事にしてきたアナログも、見直していいんじゃない?
Sun9でずっと伝え続けてきたことです。

そんなわけで、18回目のテーマは「本」です。

エピソード付きの、お気に入りの本を一冊持ってきてください。



*******************

Sun9 vol.18 「本」
4月10日(日) 18:00オープン
チャージ 1000円


ホントノコト


ふけり、まなび、ひまつぶし

はなし、わかち、めぐりあい


本とぼくらの本当の関係



LIVE:
小野一穂
http://onokazuho.com


BJ(Book Jockey):
MAME BOOKS
http://blog.livedoor.jp/flicker022

black_sunday_13 at 07:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) peacenic | music

2011年03月22日

『ムーミン谷の彗星』トーベ・ヤンソン

ムーミン谷の彗星 (講談社文庫 や 16-2)
ムーミン谷の彗星 (講談社文庫 や 16-2)
クチコミを見る



ムーミンのデビュー作。

彗星がムーミン谷に衝突するまでの数日間に起こる、
ムーミンと仲間たちの冒険が描かれている。

そこに描かれているのは、絶望的な状況でも、
自分の本当に大事なものをきちんと持ち続けて、前向きに生きる姿勢。

ちょうど今僕らも、震災や原発に脅えている毎日。
まさに、今の僕らに必要なことが描かれているように思えた。



“ものは持ちすぎないことだ”(スナフキンの言葉)


black_sunday_13 at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) book | book2011

2011年03月19日

【明日3/20 Sun.】Sun9 vol.17

Sun9vol17


2011年3月11日に発生しました東北関東大震災、
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。


あの日から、
予定していたSun9をやるか、やらないか、
丸久さんとぼくら主催者、参加するアーティストと話し合いをつづけました。

ぼくは昨日今日と、近所でみんなで集まり、
たわいもない話しをし、笑って家に帰りました。
緊張をつづけていた日々が少しほぐれ、すごくほっとしました。

今これからもそういう時間を作りたい。
ぼくらはそう思い、Sun9 17回目を開くことにしました。


ただ、節電のため、ライブの音は生音にし、
予定していたVJはまたの機会にさせてもらいます。

また、まだ何が起きるかはわかりませんので、
遠方の方は次回来てくださいね。

売り上げの一部を被災地への義援金とさせてもらいます。
詳細はあらためておしらせします。

以上、
Sun9は安全に配慮をし、
来て頂いた方にほっとしてもらえるような
イベントにしたいと思います。

お会いできること、楽しみにしています!


*****************************************

Sun9 vol.17
3/20sun 18:00 Open
Charge 1000yen
生音Live: Soichi(Munchy Vibes)
@逗子丸久


black_sunday_13 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月04日

『異業種競争戦略 ビジネスモデルの破壊と想像』内田 和成

異業種競争戦略
異業種競争戦略
クチコミを見る


CDvs音楽配信、フィルムカメラvsデジタルカメラ、などなど
ここ数年で起こったマーケットの主役交代を、『異業種競争』と呼び、まとめた一冊。

共通するのは、それまでライバルだと思ってなかったところが、
突如ライバルとして現れ、取って代わる、ということ。

3C(Customer,Competitor,Customer)をもう一度よく考えよ。
っていうのが、根底にあるんだろうけど、
この中でもCompetitor=競争相手を既存の見方だけで見るな!っていうことなんだな。
広い視野を持っておくこと。ものごとを色んな角度から見ること。


そう考えると、新聞ってやっぱ大事だなーと思う。

black_sunday_13 at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) book | book2011