チリ落盤事故救出記念 チリで落盤事故にあった作業員33人の救出に関連し、バンダイナムコゲームスが人気ゲーム「ミスタードリラー」のキャラクターをあしらった「記念壁紙」画像を公開したところ、「不謹慎ではないか」などと批判があり、同社は壁紙を削除した。

 壁紙は同社のTwitterアカウント「@nbgi_webmaster」」が10月14日に公開。「元祖『ミスタードリラー』が、救出用トンネルを掘りぬいた「ドリラー」の功績をたたえるとともに、33人の生還を祝したものです」として、twitpicにアップロードした。

 壁紙は、ドリルで掘り進んで地下のゴールを目指すゲーム「ミスタードリラー」のキャラと、「お帰りなさい」を意味するスペイン語をあしらったものだった。これに対し「ブラックジョークか」「便乗だ」といった批判がツイートやネット掲示板などで相次いでいた。

 @nbgi_webmasterは15日昼ごろ、「配慮が足りない点がありましたので、公開を中止させていただきました」と謝罪し、壁紙画像を削除した。ただ、一連の経緯に対しネットでは「互いに過剰反応ではないか」といった声も多い。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1010/15/news071.html

これって不謹慎なんでしょうかね。
怪我人も出ずに無事に全員救出された訳ですし。
まあ、こういう時事ネタにかこつけて自社の宣伝をしようと言う根性はどうかと思いますけど。
人気ブログランキングへ