2006年10月30日

一目で落ちた 君の綺麗な 瞳に恋した

今〇ch.の晒しスレすげぇ事になってるよな(笑)
餅俺は、晒し反対ね。
祐サソも反対。笑

まぁ、おいといて。
ウィルコムがほしい…笑
買おかな〜
金要るな…アンカフェのチケ取れますように。笑



くさいって今日も言われたな。笑
んでも、聞いてくれるから心地良い。

真剣な話もちゃらけた話も。
全部聞いてくれて。
んで、一緒に笑って。
幸せ感じれる。
一秒一秒。一瞬一瞬。
時間は、過ぎていくモノやから。
その過ぎていく時間の中でどれだけ大切な人を幸せにできるか。
どれだけ自分が幸せになれるか。
自分が幸せじゃなかったら人も幸せにできんし、自分が楽しくなかったら人を楽しませる事も勿論できひんわけで。

だから、自分をいかに磨いて幸せになれるか。
それが、大切な事やと思う。

まず、自分の良い所を自分で言えるようになれるように。
頑張って自分を見れるように。
たまに人に背中押してもらう事も勿論大切。

人は、言葉に頼るモノやから。
文字に頼るモノやから。
ちっぽけな"恋人"っていう肩書きだけでも。
自分のモノになれば笑み溢れるみたいに。

確実な位置付けも確実な関係もないから。
だから、自分の気持ちを確実って言えるように。
毎日踏ん張って生きていけたらなと。



矛盾だらけの生き物が人間です。笑




トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星