実名報道による支障の緩和女性の格好に地域の違い

2018年10月27日

秋口

3ヶ月ほど沙汰もなく失礼しました。

なかなか長文を書くにはまとまった時間も取れず、短文で書けば良いものの後回しになってしまっていました。

今回も大して深いことは書けませんが、最近の雑感だけ…。


やはり盗撮を犯したものとして、盗撮のニュースは敏感にいつもチェックしています。

チェックしているというよりは自然と目に留まるという方が正しいですが。

実は先月くらいに「最近盗撮のニュースが減ってきた気がする」というエントリーを書こうとしていたのですが、

なんの、ここ1ヶ月くらいでしょうか、非常に盗撮の報道が目につくようになりました。


確かに盗撮は、女性がタイツを履いてたり、パンツルックになる秋口くらいまでが多いと推察していましたが、盗撮シーズン(?)の中での多い少ないの時期は気にしたことがありませんでした。

少しだけ理由を考えてみまして、これは完全に想像ですが、以下のようなことはあるかなと思っています。

・確かに絶対数は薄着の女性が多い夏場の方が多い。

・ただし、母数が多く、ターゲットになりうる女性も多いため、盗撮してる人への着目が分散し、露見しにくい

・一方秋口にくると、タイツやパンツが増え、盗撮したい人は数少ないミニスカートの女性を狙う。

・少ないチャンスを逃すまいと無理な行動をしがちで、かつ、警察からしてみると盗撮犯の狙いどころが絞れて発見しやすくなる。

・結果、比較的検挙される記事が増える?


と、私なりに仮説を立ててみました。

もちろんある話でもあり、ない話でもあると思いますが、

これに該当するような人はバレバレだから速やかに止めなさいという話と、

不自然になっても数少ないスカートの女性を追いかけるということはすでに中毒患者だから、仮にこのブログの私の警告を読んだところでやるもんはやります。


やはりそういう方はいっぺん捕まらないと治らない。

いっぺん捕まっても治らない人が多い病気なのに、この程度でやめませんよね。

私は自分が再発しないように、自分のために書いてるのが8割です。

あと2割はホントにこれでやめられる人が出てきたら良いな。


ということで短いですが今回は以上です。

いよいよ寒くなってきましたね。

冬場になれば嫌でもやめられるんですけどね。




blackash at 01:10│Comments(2)盗撮について | 近況

この記事へのコメント

1. Posted by KK   2018年10月30日 12:35
はじめまして。
私もやらかしてしまい、某センターで、カウンセリング・アセスメント・自助グループでのグループワーク参加を考えていますが、実際のところどうなのか?
ブログ主様も自助グループについて過去記事で触れていらっしゃいましたが、内容や効果についてなどの詳細を記事にしていただけたら幸いです。
2. Posted by KK   2018年10月30日 13:06
申し訳ありません。同様のブログを読み漁って、誤爆してしまいました。
再犯防止のために具体的に何をされたのか、しているのか、についてポイントを絞って記事にしていただけたら参考にさせていただきたいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
実名報道による支障の緩和女性の格好に地域の違い