実験記録 No.02

大阪市在住プログラマ 翻訳したり、本読んだり。

基礎からのFreeCAD[増補改訂版]

約3年ぶりに FreeCAD 入門書の増補改訂版がでます。

最新版 FreeCAD 0.17 への対応、スクリーンショットの改善、ツール一覧の増補など行っています。

スクリーンショット画像を見やすくなるよう改善

p3_mod

パートデザイン、パートに加えて、ツール一覧にドラフト、テックドローの各ワークベンチのツールを追加

p2_mod

基本的な内容は前版を踏襲しています。

目次

  1. 「3次元モデリング」と「FreeCAD」

    • 「FreeCAD」とは
  2. 準備

    • 「FreeCAD」のインストール
    • 画面の構成
    • 基本設定
    • 「使用可能」な「ファイル形式」
  3. 初めてのモデリング

    • 形状の作成
    • 「パラメトリック」な形状変更
  4. さまざまな機能

    • 垂直押し出し
    • 回転押し出し
    • 切り抜き
    • ブーリアン演算
    • コピーと移動
    • 整列コピー
    • 鏡像コピー
    • ロフト
    • スイープ
    • 空洞化
    • 「文字列形状」の作成
    • 「ソリッド」から「メッシュ」への変換
    • 「メッシュ」から「ソリッド」への変換
    • 「寸法表示」の挿入
    • 色と透明度の変更
    • 2次元図面の作成
    • 「ツール・バー」のカスタマイズ
  5. モデリング演習

    • マグカップ
    • スマートフォン・ケース
    • インペラ
  6. 応用的な機能

    • マクロ機能
    • 応力解析機能
  7. 附録 ツール紹介

    • パートデザイン・ワークベンチ
    • スケッチャー・ワークベンチ
    • パート・ワークベンチ
    • ドラフト・ワークベンチ
    • テックドロー・ワークベンチ

CAD を使ったことがない初心者、新たに FreeCAD を使おうと思っている CAD 経験者とも、これから FreeCAD を始めようかという方はぜひ。

Firefoxのブックマーク・サイドバーを右側に移動させる方法

ブックマーク・サイドバーを表示後、「ブックマーク」ラベルをクリックし、「サイドバーを右側へ移動」を選択。

Firefox 62.0.3 で動作確認。

firefox-bookmark-saidebar-to-right

いつも忘れるのでメモ。

・参照

How do I move the Bookmarks sidebar from left side to right side of screen? | Firefox サポートフォーラム | Mozzilla サポート

WSLでのUbuntuファイルシステムのWindowsファイルシステムでの位置

WSL(Windows Subsystem for Linux)のディストリビューションとしてUbuntuを使っている場合、Ubuntuファイルシステムのルート(/)はWindowsファイルシステム上は以下の位置にある。

  • Microsoftストア版のUbuntuの場合

    %localappdata%\Packages\CanonicalGroupLimited.UbuntuonWindows_79rhkp1fndgsc\LocalState

  • レガシーWSLのUbuntuの場合

    %localappdata%\lxss

参照:Where is the Ubuntu file system root directory in Windows NT subsystem and vice versa?

【2018年版】FreeCAD利用事例まとめ

「FreeCADってどれくらいのことができるの?」という質問をたまにもらうのでTwitterの自分のタイムラインからFreeCADの利用事例に関するものをまとめました。

一部海外の事例もありますが、基本的には日本語圏内の事例です。適宜追加します。









































FreeCAD バージョン0.17がリリース

2018年4月6日にFreeCAD バージョン0.17がリリースされました。前バージョンから2年弱ぶりのメジャーアップデートです。

さっそくインストールしてみたので FreeCAD バージョン0.17リリースノート(英語)も参照しながら変更点をまとめておきたいと思います。

「ボディー」コンテナーの追加

以前のバージョンではドキュメントの直下にスケッチやソリッドが配置されていましたが、新たに「ボディー」コンテナーが導入され、ボディー内でスケッチやソリッドの編集を行うように変わりました。

ModelTree-body
「ボディー」コンテナー

ボディー自体が座標情報を持つのでボディー間の相対位置の変更が容易になっています。さらに複数のボディーを入れられる「パーツ」コンテナーも追加されています。

バージョン0.17では標準機能としてのアセンブリワークベンチは追加されていないようですが、将来のアセンブリ機能追加に備えた変更のようです。

パートデザインワークベンチの機能追加

パートデザインワークベンチでは独自のスイープ、ロフト、ブーリアン演算などの機能が追加されています。以前であればパートワークベンチ、ドラフトワークベンチなどに移動する必要があった作業をパートデザインワークベンチ内で完結できるようになっています。

またスケッチ編集機能ではB-スプライン曲線作成、選択辺の延長、任意の正多角形の作成などが新たに追加されています。

Sketch
B-スプライン、正12角形

FEM ワークベンチの機能追加

有限要素法による構造解析ができる FEM ワークベンチではメッシャーとして新たに Gmsh が、ソルバーとして新たに Elmer が追加されています。また新たに熱機械解析を実行できるようになっています。

FEM-Solver
FEM ワークベンチのソルバーのタスクパネル

解析結果の可視化処理での断面表示などの開発も進んでいるようです。

FEM-tools-vtk
FEM ワークベンチの可視化系ツール

まだ解析そのものはできないようですが、流体解析用や静電解析用の境界条件を作成するツールが追加されているので将来は流体解析や静電解析がサポートされそうです。

TechDraw ワークベンチの追加

3次元形状から2次元図面への変換を行う場合、従来は Drawing ワークベンチを使用していましたが、これを置き換えるために TechDraw ワークベンチが追加されました。

互換性のために Drawing ワークベンチは残されていますが、今後、新規に2次元図面の作成を行う際は TechDraw ワークベンチを使用するよう公式に推奨されています

TechDraw ワークベンチでは Drawing ワークベンチと較べて寸法や注記の挿入、面のハッチングなどの操作が大幅に改善されています。

TechDraw-3D
元となる3次元形状の例

上に示すような3次元形状に対して下図のような2次元図面を作成できます。

TechDraw-2D
TechDraw ワークベンチでの2次元図面

図や寸法などの位置をドラッグ操作によって直感的に変更できます。作成した図面はSVG形式でエクスポートできます。

アドオンマネージャー機能

3rdパーティー製のアドオンのインストール管理を行うためのアドオンマネージャー機能が追加されました。[ツール]メニューの「Addon manager」から実行できます(要ネットワーク環境)。

Addon-manager
アドオンマネージャー

以前は直接ファイルを操作する必要があったため、操作ミスなどでインストールに失敗する場合もありましたが、アドオンマネージャーによってアドオンのインストール、更新、アンインストールが容易になっています。

その他

  • CAD カーネルの更新

    使用されている CAD カーネル Open Cascade のバージョンが7.2.0に更新されました。これによってブーリアン演算などでエラーが起きにくくなったとされています。

  • パス・ワークベンチの機能追加

    CNC などで使用されるGコード生成のためのパス・ワークベンチの機能が強化されました。

  • サーフェス・ワークベンチの追加

    指定された境界辺からサーフェスを生成するサーフェス・ワークベンチが追加されました。

以上です。FreeCAD バージョン0.17は GitHub の FreeCAD リリースページからダウンロード可能です。

Twitterタイムライン