実験記録 No.02

大阪市在住プログラマ 翻訳したり、本読んだり。

富士通 サマーインターンシップ08 2日目

7/29(Tue) 2日目

9:00 会場到着
すでに10人くらいが来ていた。

9:15 受付開始
昨日と同じグループで席につく。
日報をスタッフが回収。

9:30 開始
今日はレゴの「マインドストーム」を使ってものづくり体験。
マインドストームはサーボモータとセンサー類を組み合わせて、
付属のソフトで動作をプログラミングして動作させるおもちゃ。


レゴ マインドストーム NXT
組み立て自体は終わっているので動作のプログラミングが演習課題だった。

課題は「配送システムの改善」で具体的には
「マインドストームを使って決められたコースを走る」
というもの。ちょっとロボコンっぽい。

リーダーとか役割を決めたあと
「要求分析」「設計」「実装」「テスト」をおこなう。

「要求分析」と「設計」でメンバーで議論。
ここでは文系と理系の差がでた気がする。
文系は「大づかみ・抽象的なアイデア」は割りとよく出るが
「どのように実現するか」で具体的に煮詰めるのが苦手。
理系は「アイデアを理解して具体的な実現方法を考える」のは得意だが、
逆にはじめから「無理そう」と思ったり、なぜ無理かを文系にわかりやすく伝えるのが苦手。
という感じ。

12:30 昼飯

13:30 演習再開
要求分析後、講師にレビューしてもらうのだが
講師1人にたいしてグループは18班あるので順番待ち。

その間に「設計」と「実装」を進める。
基本機能のプログラム図は紙に印刷して配られるのでそれを改良していく感じ。
多少動くとこまでプログラムの実装が終わっていたのでテストしてみた。

ぜ ん ぜ ん う ま く 動 か な い

なんかその場でぐるぐる回ってるんですけどーーー。
…死にかけのセミ?

いろいろ試行錯誤(約30分)した結果、どうやらスピード出しすぎて
センサーが反応しきれていないらしいということがわかり、
スピードを落としたらうまくいった。

その後も機能を実装→テストの繰り返し。
他のグループの様子も見てると、このあたりが一番もりあがってる(自分のグループも)。
みんなレゴの動作に一喜一憂。
時間が少ないので上手くいかなかったりすると
パニックになってテンションがおかしくなるらしい。

16:40
当初の作業の締め切りは16:40だが、ほとんどのグループが終わっていないので
講師が18:00までの「残業」を許可。
結果18グループ中15グループが残業申請していた。
課題設定に無理が無いですか?

自分のグループは成功確率にムラがあるものの17:45くらいには完成して帰ることができました。

全体としては面白かったが、
「途中から作業内容が理解できなくなった」という人もいたようです。
理系の人の方が(トラブル含め)楽しめるのかなと。
ただ、疲れたのは疲れた。

富士通 サマーインターンシップ08 1日目

現在 大学院1年。
ってことで就職活動もそろそろ開始なわけです。
なので富士通のサマーインターン(5日間)にいってきました。
しばらくインターンの体験記を書きます。

==============================================
7/28(Mon) 1日目

8:50 大江戸線大門駅到着
インターンの会場は住友浜松町ビル。
受付が9:15、インターン開始が9:30なのでかなり予定通り。
大門駅で迷うものの9:05には会場のビルに到着した。
すでに20人くらいインターン生がいた。

9:15 受付開始
名前をチェックして指示された席いく。
様子をみた感じでは全体の参加人数が100人くらい。
男女比は半々くらいで、スーツの人は全体の1割くらいという感じ。
みんな普通にTシャツとかで、スーツ上下+ネクタイだとかえって浮きそう。

9:30 開始
参加者を5、6人のグループにわけて、基本そのグループで進行していった。
グループ構成は文理・男女が均等に混ざるように構成されている様子。
ちなみに自分のいたグループは学部3年が2人、4年が2人、院1年が2人でした。

スタッフの紹介があってその後、
グループワークっぽく各自自己紹介とインターンでの目標設定など。

その後のグループワークは
「働くってなんだろう?」
みたいな感じでテーマをふって、

講師役のスタッフが講義

グループごとにリーダー・書記・タイムキーパーをきめて
意見を出しあう

挙手して全体の前で発表

講師役スタッフが講評

って感じ。具体的なテーマでいうと
「グループのメンバーの共通点をなるべく多く挙げよ」
「IT企業をあげられるだけ挙げよ」
「企業の利害関係者(客以外)を挙げよ」
とか。

最初の休憩時間では時間になっても静かにならないことに対して講師役から説教。
その後は時間になるとすぐに静かになるようになった笑。

12:30くらい 昼飯
部屋に弁当とお茶が運びこまれてグループごとに
富士通のスタッフ(内定者〜2年目くらいの人)と雑談しつつ昼飯。
昼飯後のタイミングでケイタイの番号交換などおこなわれる模様。
他のグループに遠征している人もいるみたいでした。
あと交通費の精算もこのタイミング。

13:30 午後の部開始。
基本的には午前と同じ。
3時ぐらいから眠さとだるさに襲われる人多数
全体に口数が少なくなる。

16:30くらい 席替えタイム
1テーマだけ席替えして意見の出し合い。
なかには積極的に仕切りたがる人もいるみたい。

その後、もとのグループにもどって
「社会に必要とされる人材」
「自分の強み・弱み」
とか。みんなに疲れが見える。

17:10 やや押しで終了。

疲れたーーーーーーーーー。


まあ、全体としてはまじめな「合コン」って感じでした。
専門的なことはぜんぜんなく一日目はわりと気楽な感じでした。

遠くへならどこへでも バイク旅行 11日目【最終日】

8/8(Wed) 11日目

<走行距離>
160km

<ルート>
国道51号→国道6号→環状7号線→国道4号(青梅通り)

<費用>
朝飯 390円
夕飯 610円
ガソリン代 507円

計 1507円

昼前に起床。
昨日の夜、フェリー内でかっておいたジャムパンと粉末スープで朝飯兼昼飯にする。
フェリー内はポットでお湯もあるけど、売店の食べ物は基本高い。

14:00 大洗にフェリー着。
バイク乗りっぱなしの生活に飽きてきたんでできれば今日中に家に帰りつきたい。
ので、さっそく走り出す。
途中、渋滞にまきこまれつつも19:00ごろには新宿に到着。
自分の学校前のマックで夕飯にする。

その後は、何回か通ったことの道を通って

20:30 帰宅。

以上。2007年の夏の旅行は終了!

------------------------------------------------------------------------------
と、いうわけで去年の夏旅行記録でした。

ふりかえって見て、よかったこと。

野宿、バイク転倒、接触事故、一日300km走ったり、
自然派ホームレスのおっさんと話したり、
漁村のばあちゃんの世話になったり、
同じように旅してる人と会ったり、
ふだんの暮らしの中ではあり得ない体験ができた。
気を緩めたらたぶん死ぬってこともあったし、
その日に寝る場所をどうしようか悩んだり・・・。
初体験づくしだったさ。

目的を設定して、計画をたてて、実行する
というのはなかなか面白いとです。

さて 費用と走行距離まとめ。
7/
29 1754円 184km
30 3265円 164km
31 2945円 192km
8/
1 2393円 316km
2 17271円 243km ←こけた日
3 6900円 313km ←北海道入り(フェリー)
4 3724円 199km
5 7944円 296km
6 4836円 294km
7 21681円 250km ←フェリー代含む
8 1507円 160km

トータル 74220円 2611km

以上、バイク旅行 東京〜北海道 記録 でした。

遠くへならどこへでも バイク旅行 10日目

8/7(Tue) 10日目

<走行距離>
250km

<ルート>
国道237号→国道235号

<費用>
フェリー乗船券 19800円
朝飯 465円
昼飯 736円
夕飯 680円

計 21681円

事故ったーーー。
といっても交差点でワンボックスカーと軽く接触しただけだから、
実質的被害は少ないんだけど。

7:30 ネットカフェを出発
ネットカフェで前日場所を調べた旭山動物園へ。

9:39 旭山動物園着
開園は9:30なのに着いたら無料駐車場が既に満車。
あほらしくなって動物園見物はやめて苫小牧を目指すことにする。
237号線をひたすら南下。

13:15
237号線と235号線の交差点で右折。
タイミングが悪く、対向車の鼻とバイクのスイングアームがこすれる
幸い人的被害はゼロ。
相手は子供連れの母親で、その人の夫、母親?、警察、保険屋が来ていろいろ協議。
結局、保険屋同士で話をつける方向でまとまり、現場を出発したのが14:50ごろ。
苫小牧のフェリー乗り場を目指す。

15:30 フェリー乗り場着。
フェリー乗り場近くのセブンイレブンで1万円おろす。昼飯。
予約してなかったけど何とか席がとれる(バイク向けでは最後の一席だったらしい)。
三井商船、さんふらわーふらの号。
52 54
19800円。・・・高い。
その後、自分の入ってる保険屋に電話。
保険屋に連絡したことを事故相手に電話。

17:10
自分の保険屋の担当者から電話。
相手が直進、自分が右折なんで責任は2:8だと。
まあ、客観的に見ればそうなるわな。しかたない。
担当者は苫小牧事務所の人らしく、なまりがきついし、
フェリーの待ち時間なんで音がうるさくて(周りバイクだらけ)、
話の6割くらいしかわからなかった。
後日、郵便を送るとかなんとか。

フェリー乗船。
55
風呂はいって、夕飯食って、ビール飲んで寝る。
あー、今日はしんどかったーー・・・。

遠くへならどこへでも バイク旅行 9日目

8/6(Mon) 9日目

<走行距離>
294km

<ルート>
国道232号→県道119号→国道40号

<費用>
ネットカフェ 2500円
昼飯 600円
夕飯 530円
ガソリン 1206円

計 4836円

8:30 起床

9:30 出発
とりあえず稚内市内のデパートのATMで金をおろす。20000円。
県道106号にそって南下。106号の景色はすごい。気持ちいい。
イヌワシ?らしき大きな鳥を何度か見かける。
道路わきにすごい量の風車があったが霧がでていたため写真もとらず通過。
国道232号→県道119号→国道40号と走って旭川を目指す。

道の駅「オトイネップ」で昼食。ラーメン。600円。
その後、国道40号中雨が降ったりやんだり。
コンビニで休みつつ走る。

17:00 旭川駅到着

49 50
51
駅前のマックで飯。530円。
旭川も駅前は東京と変わらない気がする。
20:00ごろまで旭川駅前で時間をつぶして
ネットカフェへ。

18:30 ネットカフェ着
3時間パック 1000円
ナイトパック(23:00から) 1500円
で今夜はここに泊まる。
Twitterタイムライン