AutoIt と言うスクリプト言語があります。

・Windows専用
・他アプリケーションの自動化
・コンパイル可能(つまりプログラム言語でもある)

などの特徴があり、

・多数台のPCの環境管理(ソフトウェアのインストール、アップデート)
・開発テストの自動化

に主に使われているらしいです。
もちろん、テキスト処理、GUI作成なんかもできます。

あまりに日本語情報がないので導入部分をまとめてみました。

AutoItチュートリアル(pdfファイル)

内容は

0.AutoItの紹介
0.1 概略
0.2 特徴
1.AutoIt インストール
1.1 Download
1.2 Install
1.2.1 AutoItのインストール
1.2.2 AutoIt用に設定されたエディタとツールのインストール
1.3 日本語パッチを当てる
2.「Hello, World!」 とコンパイル
2.1 Hello, World!
2.2 実行ファイル化(コンパイル)
2.3 ヘルプファイル
3.GUIプログラミング
3.1 AutoItでのGUIプログラミング
3.2 GUI実装例
3.3 Kodaを使う
3.3.1 起動
3.3.2 GUI作成
3.3.3 AutoItコードの生成
3.3.4 デザインの保存
4.自動化プログラミング
4.1 メモ帳の自動化
4.2 AutoIt Window Infoを使う
4.3 7-zipインストールの自動化 (2009/6/7追加)
5.API リファレンス (抜粋) (2009/6/7追加)
5.1 キーボード制御関連
5.2 数学関連
5.3 メッセージボックス・ダイアログ関連
5.4 マウス操作関連
5.5 タイマー処理関連
5.6 ウィンドウ・コントロール操作関連

という感じです。

関連:
AutoIt アプリ操作 10のサンプルスクリプト
AutoItで簡単GUI作成
AutoItで自動操作記録
AutoIt v3 ドキュメント 日本語訳プロジェクト
AutoIt v3 UDFs ドキュメント 日本語訳プロジェクト