自分用の備忘録として未読・既読を問わずにまとめ。発表年順。

献灯使

多和田葉子、2014年

献灯使

放射能汚染、少子高齢化

ザ・サークル

デイヴ・エガーズ、2013年

ザ・サークル

グローバル企業、プライバシー

ハーモニー

伊藤計劃、2008年

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

監視社会、生命倫理

私を離さないで

カズオ・イシグロ、2005年

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

生命倫理、主体性

侍女の物語

マーガレット・アトウッド、1985年

侍女の物語 (ハヤカワepi文庫)

キリスト教原理主義による革命後のアメリカ、環境汚染によって子供が生まれにくくなっているこの世界では権力者の夫婦は子供を産む器としての「侍女」を持つことができる。そこで「侍女」として暮らす主人公の生活を描く作品。明言はされていないが1979年のイラン革命の風刺を意識していることが見て取れる。

肩をすくめるアトラス

アイン・ランド、1957年

肩をすくめるアトラス

資本規制、大きな政府

華氏451度

レイ・ブラッドベリ、1953年

華氏451度〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

メディア、焚書、知識の継承

プレイヤー・ピアノ

カート・ヴォネガット、1952年

プレイヤー・ピアノ (ハヤカワ文庫SF)

機械化、社会分断、格差社会

一九八四年

ジョージ・オーウェル、1949年

一九八四年 [新訳版] (ハヤカワepi文庫)

監視社会、歴史の改竄、全体主義

すばらしい新世界

オルダス・ハクスリー、1932年

すばらしい新世界 (講談社文庫)

科学万能主義、快楽主義

われら

エヴゲーニイ・ザミャーチン、1927年

われら (岩波文庫)

監視社会、全体主義

鉄の踵

ジャック・ロンドン、1908年

鉄の踵

社会分断、労働問題

今より三百年後の社会

H・G・ウェルズ、1910年

The Sleeper Awakes (英語)

社会分断。1899年版は「When the Sleeper Wakes」、1910年版「The Sleeper Awakes」が原題。

二十世紀のパリ

ジュール・ヴェルヌ、1863年

二十世紀のパリ

科学万能主義。長く原稿が失われていたが1991年に発見された。