イギリス風殺人の衰退(Decline of the English Murder, 1946)
ジョージ・オーウェル 著
H.Tsubota 訳
ライセンス:クリエイティブ・コモンズ 2.1 表示 - 非営利 - 継承

日曜日の午後、できれば戦争前のことだと思って欲しい。妻はすでに肘掛け椅子で眠っていて、子供たちは楽しい遠足へと送り出された後だ。あなたはソファーに足を伸ばし、眼鏡を掛けてニュース・オブ・ザ・ワールド紙を開いている……続きを読む

ジョージ・オーウェルの「Decline of the English Murder」の日本語訳。

心地良い日曜日の午後、ソファーに腰かけて読むべき読み物はなにか……そう、殺人事件についてのものだ、というオーウェルの皮肉を効かせた冗談から始まる、「イギリス風殺人」を分析し、その没落を嘆くエッセー。

オーウェルによると中流階級の犯人が痴情のもつれや金銭を理由に妻・夫を毒殺するようなものこそが、理想的なイギリス風殺人なのだそうだ。オーウェルはその特徴を次のようにまとめている。

  • 犯人は知的職業階級の平凡な男で郊外のどこかでごく普通の生活を送っている。
  • 犯人は秘書かライバルの男の妻に手を出して道を踏み外し、葛藤の末に殺人を犯す。
  • 犯行は計画的に行われるが予期せぬアクシデントで手がかりを残してしまう。
  • 犯行手段は毒殺である。
  • 殺人の動機は究極的には名誉、世間体を守るためである。

こういった殺人事件は多かれ少なかれどこの国でも好奇の対象になるが(日本だと昼ドラの題材になるような事件か)、イギリスでも長い伝統として根付いているらしい。コナン・ドイルやアガサ・クリスティといった推理小説作家が生み出された下地もこのあたりにあるのかもしれない。

しかし第2次大戦を境にそうしたイギリス風殺人が「衰退」しているとオーウェルは書く。代わりに台頭しているのが「アメリカナイズ」された通り魔的な犯罪だ。その例としてオーウェルが挙げるのがアメリカ軍の脱走兵と十八歳の少女が起こした「割れ顎殺人」と呼ばれる事件だ。

この事件には感情的な深みはまったくない……(中略)……背景にあるのは家庭的なものではなく、ダンスホールでの匿名生活とアメリカ映画の誤った価値観だ。(ジョージ・オーウェル, "イギリス風殺人の衰退"

自動車でドライブしながら行きずりの人間を襲うという手口は(時代は下るが)「ナチュラル・ボーン・キラーズ」や「テルマ&ルイーズ」を思わせて確かにアメリカ的なものだと言えるかもしれない。

オーウェルの別の評論「ラッフルズとミス・ブランディッシ」と同様、第2次大戦を境にイギリス的なスノビッシュからアメリカ的なリアリズムへと時代が変わっていくことへのオーウェルの嘆きが感じられる。