貧しい者の死に様(How the Poor Die, 1946)
ジョージ・オーウェル 著
H.Tsubota 訳
ライセンス:クリエイティブ・コモンズ 2.1 表示 - 非営利 - 継承

一九二九年のことだ。私はパリの第十五区のとある病院で数週間を過ごした。そこの受付係は受付で私をお決まりの厳しい尋問にかけ、中に入れてもらえるまで二十分ほどにわたって私は質問に答え続けた。もしラテン系の国で問診票を埋めるはめになったことがあれば、質問がどのようなものだったかはわかるだろう……続きを読む

ジョージ・オーウェルの「How the Poor Die」の日本語訳。

ビルマでの警察官の仕事を辞めてヨーロッパに戻ったオーウェルはしばらくの間、パリで極貧生活を送っている。このエッセーはその当時に体を壊して入院生活をした時の思い出話になっている。

オーウェルが入院したパリ15区の病院は当時でも悪名高い、19世紀の面影を残したものだったらしい。医学生の教材となることと引き換えに無料で入院することができたが、標本のように患者を扱う医者と医学生にオーウェルは驚く。

彼らの誰一人として一言の会話もしようとはせず、直に顔を見ようともしないのだ。決められた寝間着を着た治療費を払えない患者は基本的には標本なのだ。(ジョージ・オーウェル, "貧しい者の死に様"

こうした病院なのでオーウェルと同じように無料で入院している患者の多くは貧窮者だった。そこでは朝になると同室の患者が死んでいるということも普通だったらしい。

二人の別の看護師が木靴の大きな音を立てながらまるで兵士のように並んで歩いてくると、死体をシーツで包んだが死体はその後も運び出されるまでしばらくそのままにされた……(中略)……なんともおかしな話だが、彼は私が目にした初めての死んだヨーロッパ系の人間だったのだ。(ジョージ・オーウェル, "貧しい者の死に様"

現在(1946年)のイギリスではこんなことは起きないとオーウェルは語る。訓練を受けた看護師、麻酔や消毒剤、そして国民健康保険によって状況が変わったのだという。しかしパリで見た病院の雰囲気は多くの文学作品で描かれている19世紀の病院・医者のものと同じだとオーウェルは続ける。

過去五十年ほどの間に医者と患者の関係には大きな変化が起こってきた。十九世紀後半以前の文学作品を読めば、そのほとんどで病院が刑務所、それも古風な地下牢じみた刑務所と同じようなものとして扱われていることに気がつくだろう。病院は腐敗と苦痛と死の場所であり、墓地への控えの間のようなものだった。(ジョージ・オーウェル, "貧しい者の死に様"

過去の文学作品を参照しながら前近代の持つ残酷さを描写し、近代的な科学知識や社会制度によって貧窮者の状態は次第に改善されていったのだと語るオーウェルの良識派らしい一面が表れているエッセー。