マラケシュ(Marrakech, 1939)
ジョージ・オーウェル 著
H.Tsubota 訳
ライセンス:クリエイティブ・コモンズ 2.1 表示 - 非営利 - 継承

死体が通り過ぎると蠅はレストランのテーブルから雲のようになって我先にと飛び去ったが、数分もすると戻ってきた。会葬者の小さな群れ……全て男か少年で女はいない……は物悲しく短い詠唱を何度も繰り返しながら、積まれたザクロやタクシー、ラクダの間を縫うように市場を進んでいく……続きを読む

ジョージ・オーウェルの「Marrakech」の日本語訳。

「マラケシュ」とはモロッコの中央部にある都市のこと。モロッコがフランスから独立したのは1956年のことなので、このエッセーが書かれた当時はまだフランス植民地だった。

オーウェルはイギリス植民地だったインドで警察官を5年務め、植民地政策に嫌気がさして職を辞して作家となった経歴を持っている。この「マラケシュ」では作家となった後に見たフランスの植民地支配の現状を批判的に描いている。

現地の人々(とりわけ女性)の生活の困難さ、ユダヤ人街の過密と貧困を描きつつ、それらは普通、ヨーロッパの人間の目には「映らない」のだと説明する。

熱帯の風景ではあらゆるものが目に飛び込んでくるが人間だけは別なのだ。乾いた土、ウチワサボテン、椰子の木、遠い山並みは目に映るが、任された土地にくわを振るう農夫は見過ごされる。その肌は大地と同じ色をし、たいていの場合は興味をそそられることもない。(ジョージ・オーウェル, "マラケシュ"

オーウェルは自分自身もそうだったと書く。モロッコに到着してすぐにそこで働かされているロバの扱いのひどさに気がついたにも関わらず、現地人の女性がまるで「 荷役用の動物」のように扱われていることに気がついたのはずっと後になってからだったという。

背の皮が破れたロバは誰しもが気の毒に思うが、枝木の山の下の老女に気がついたとしてもそう思うかどうかは普通は偶然にまかされている。(ジョージ・オーウェル, "マラケシュ"

最後にオーウェルは道を行進していく黒人部隊の様子を描き、「いつまで彼らをだましておけるものだろうか、と白人は皆、どこかで考えているのだ」と述懐している。