ネットで見つけたニュースの日記

ネットサーフィンで見つけたニュースや日々の暮らしについて投稿しています。

葉酸サプリで赤ちゃんの健康を守りましょう。

supplements

妊活中、妊娠中の必須栄養素。
葉酸は妊婦に摂って大切な栄養素です。
産婦人科のポスターや母子手帳にも必要量を摂取しましょうということがかかれているはずです。

なぜかと言えば、細胞分裂に必要な栄養素で、妊娠初期に不足すると胎児の先天性異常のリスクが高まります。
厚生労働省では妊婦は毎日400μg以上を摂取しましょうと推奨しています。
400μgはほうれん草1束ほどで摂取できます。

しかし、この栄養素は水に溶けやすく熱に弱い性質があるため、調理でほとんどが失われてしまい食事からでは必要量を摂りにくいです。
そこでサプリメントの摂取が勧められています。
食事からの摂取に加えて栄養補助食品から400μgを摂取することを厚生労働省が推奨しています。

イギリスの研究では葉酸サプリを摂取している妊婦は、摂取していない妊婦に比べて神経管閉鎖障害のリスクが72%低いと報告しています。
他の国の研究でも、摂取することで神経管閉鎖障害のリスクが70%ほど低下すると報告しています。

4週間前から8週目に摂ると自閉症のリスクが49%も減ることもわかっています。
妊活中から飲み始めて妊娠中も葉酸サプリを継続して摂ることが大切です。
遅くても1か月前から飲んでおくとよいでしょう。

夫の浮気旅行先に乗り込む!

love


結婚二年目の友人が、旦那の浮気の証拠調査をしたところ、同じ会社の20代女性と不倫していることが発覚したとのこと。
証拠調査を依頼した探偵事務所よれば、不倫旅行に行くこともわかったそうで、社内では公認の仲だったようです。
その旦那さんは社長で、小さな会社を経営しており、相手は秘書の女性でした。

秘書というと、常に行動を共にしますから、社内旅行の視察に秘書を同行させるということは、不倫旅行であることが、容易に想像できます。
私の友人は、探偵の調査結果を元にこっそり旅行に同行し、決定的な証拠を掴むためにホテルの中に押し入り、現場を押さえました。
もう、言い逃れのできない状況の旦那さんと、浮気相手を目の前に、離婚と多額の慰謝料の話をしたそうです。
その後、旦那さんは奥さんに土下座をして謝り、相手は会社を辞めて故郷の実家へ戻ったそうです。

何とも人騒がせな二人。
公認していた会社の人たちも、責められることに。
何と、その一件があってから、わたしの友人が会社の秘書兼副社長となり社員もビクビクの顛末。

旦那さんには悪いけど、友人もかなりしたたかな奥様ぶりを発揮し、十分にお灸をすえた友人に拍手を送りたい気持ちになりました。
しかしながら、浮気はやはり不幸の塊。
上手く修復できればいいですが、しこりは残ります。
女遊びなどするものではないですね。

ミュゼでVラインも一緒に処理できました。

musee-waribiki

以前から脱毛をしてみたくて、いろいろと調べていましたが、コマーシャルでミュゼの最安値割引キャンペーンを知り「これにしよう」と思い立って予約しました。
とてもお安い価格だったので不安になりましたが、勧誘されることもなく無事に脱毛を完了させることができました。
わき脱毛とVラインの脱毛が完了できるコースだったので、思いかけずVラインまでもキレイにすることができ嬉しく思っています。

とくにわき脱毛のほうは前からやってみたかったので、ミュゼでキレイにしてもらえてよかったです。
自宅からはそこまで近い場所ではなかったですが、通うのが面倒になることもなく最後まで通うことができました。
ミュゼのスタッフの方もいい対応をしてくれたので、印象がよかったです。

初めての脱毛で非常にドキドキしていましたが、脱毛にもだんだんと慣れていきました。
痛みも本当にほぼ感じることがなかったので、脱毛が嫌だなと思うこともなかったです。
わきの処理には困っていたので、思い切って脱毛することができてうれしいです。

春夏になると、とくにわき脱毛したことのメリットを感じます。
毎日のようにわきのムダ毛をチェックしていた日々がウソのようです。
ミュゼは大手なのでその点も安心できました。

酵素ダイエットの効果が出るには飲み始めて3日程かかる。

yasai


最近外食続きで何か体の調子がいまいち、なんて悩みがある人いるんじゃないでしょうか。
特に年末年始なんて、まさに暴飲暴食って感じで、終わった後でどっと体調が崩れたりしますよね。
内臓を酷使しすぎると、体の調子も崩れてきます。

そこでそんな不調を一掃しよう!というのが酵素ダイエットです。
この方法は、1日から3日間、食事の代わりに酵素ドリンクを飲む事で、内蔵に休ませて機能を再び元通りにしようというのが狙いです。
効果が出るのが3日ほどかかるといわれていますので、一般的には、週末など時間がまとめて取れる日に行います。

酵素ドリンクは、各種野菜・果物を発酵させて作ったもので、体の中で様々な働きをする酵素を増やし、内臓機能が元通りスムーズに動くのをサポートします。
それからダイエットの名の通り、摂取カロリーが減るので、体はエネルギーを脂肪からとるようになって、脂肪が燃焼されるのです。
何食かをドリンク飲料に置き換える事で、体の余計な脂肪が減るなんて夢のようですよね。
ダイエット効果だけではなく、美肌効果、肝臓病予防、肩こり等々様々な体の不調を改善します。

酵素ドリンクは、いろんな種類のものが6~7千円前後でネットで購入できます。
それぞれ独自に研究して体にいい成分を加えていますので、よく見て自分に合いそうな製品を選びましょう。
ネットのレビューサイトなどでも、詳しく紹介しているサイトがあるので参考にしてみましょう。
ここなんか、オススメだと思います。

驚きのリフォーム体験談。

築25年が経って、マイホームを改築にするか、新築にするかとても悩みました。
この頃は、スケルトンリフォームとかリノベーションといって、住宅を全面改築して、新しい住まいを提案する手法が中古マンションを中心に広がっているという話を聞いて、一戸建ても対応できると聞き、魅力を感じました。

業者から話を聞くと、リノベーションの魅力は、新築の半分から2/3くらいの費用で、一見して新築と見えるくらいの改築が可能であること、そして何よりも引越しが不要と聞き、リノベーションに決めました。
家には年老いた母がいるので、新築のため仮住まいを含め、2回も引越しするのは、とても大変だと思ったからです。
工事を始めると、本当に不思議な工事方法でした。
1階の茶の間と台所を柱だけにしました。
2階はそのまま、トイレや洗面所やお風呂は、茶の間と台所の工事が終わってからです。

一角だけ、まるでトラックでも突っ込んできたかのように、縁の下まで見える木組みだけになりました。
そこで見つかったのがシロアリに齧られた跡です。
リフォームを行なってよかったですねといわれました。
床下までベタ基礎を流し込み、作っていく様は、まさに新築同様でした。

茶の間と台所をカウンター式のLDKに替えると、次はお風呂とトイレと洗面所の工事です。
その後が、床の間の工事です。
部分部分を工事していくので、家具や仏壇などもずらしての工事なので、引っ越す必要がないのはとても助かりました。

またお風呂は仮設のプレハブのお風呂を備え付けてもらえたので、助かりました。
こうして半年後に出来上がったマイホームは、どこからみても前の家とは違う新築と見間違うものでした。
リフォームの費用も抑えられたし、見栄えもいいしで、大満足です。

rehome

自己破産は意外とメリットが素晴らしい件。

hasan

ネガティブなイメージや最後の手段といった印象が持たれがちで、ハードルが高い印象を持つ人も多い破産ですが、意外とたくさんのメリットがあることで知られています。
個人再生や任意整理などの債務整理の場合においては、借金をすべてなくすということは出来ません。
ある程度借金を減らすことが出来たとしても、まだまだ長きにわたって返済と付き合っていく必要があったり、業者と関係を持ち続ける必要があるので大変です。

しかし、自己破産であればすべての債務をゼロにして帳消しにすることが出来ます。
金融業者との付き合いがなくなるので、やっかいな催促に追われてしまうことも無くなります。
一つの業者だけではなく複数の業者からお金を借り入れている人や、うるさい業者の取り立てでストレスを感じているといった方であっても、自己破産を行えば業者との関わりを持たずに済むようになります。
金銭的のみならず精神的にも非常に安息を得られるのです。

破産すると官報に記載されてしまいますが、官報は一般人がまず見ることはない存在です。また、一定の期間はブラックリストに載るのでクレジットカードを持ったりキャッシングすることは非常に難しいですが、債務が一切合切無くなることを考慮すると、自己破産して得する利点のほうが多いケースは多いものです。

上司が自分に得をすることしかしないので嫌になる。

office

私は今年、新卒で入社したばかりです。
会社に入社したときは、それなりに上司も優しく問題なさそうに見えました。
ただ前任から「あの人には気をつけるんだよ」と言われ、こんないい人なのに何が問題なんだろうと思いました。
いつもニコニコしていて、こちらのいうことをきちんと聞いてくれるのです。
しかし、それは仮面でした。

最初いい顔をしてきたので、私たちも安心して接していました。
しかしどんどん私たちの業務量が増えてきて、私たちは「最初は優しい上司だったから」と思い、仕事を手伝ったりしていたのですが、そのうち優しさもなくなり、よく考えてみるとそれは優しさではなく優柔不断だったのです。
関係ない作業を、自分がいい顔をしたいから、とよその部署から引き受け私たちにさせるのです。
外の仕事も同じです。

勤務時間も長くなり、作業も習っていないものまで押し付けられるようになり、ついにはユニオンを連れてくる者までいました。
ユニオンは会社の前で演説していたのですが、上司が朝礼のとき「あれは相手にするな。ただのゴミだ」といい、ついに彼の本心がわかってしまいました。
私たちも逃げ出したかったのですが、気力や時間がなく誰にも相談することができません。

他の部署には、いい顔をしているので、あの人がそんなことをするなんて、ユニオンに相談した社員がバカという風潮がありました。
さすがにこれはどうしようもない、仕事を辞めたいと思っても、その術もなく私は通勤前に病院に逃げ込み、即座に診断書をとり会社だけではなく家族知人友人に「診断書をとるくらいつらいのだ」と表しました。
休職三ヶ月という診断書をもらったのですが、もうその時点で辞めることは決めていましたので、即退職届をだし、人間関係ではなく体の調子が悪い、という上司も私も傷つかない退職の仕方をしました。

ブックマーク
ブログランキング
  • PVランキング
  • ライブドアブログ