発見の日々 ライブドア本館

発見の日々 ライブドア本館

毎日、世界のどこかですごい発明や発見がなされています。ニュースの中に埋もれた発見にスポットを当ててブログ記事にしていきます。

    2014年10年を経てブログはFC2ブログに引越しました。キュレーションブログを作るのにFC2の仕様の方が使いやすかったからです。をコンテンツもすべて移動しました。
    発見の日々【新装版】

    【近況】coconalaの掲げるミッションに共感を覚えソーシャルな広報支援にチャレンジ中!それで合わせてパーソナルブランディングを試みています。 http://coconala.com/

    My Service

    https://coconala.com/users/82603



    ◆こんなサイトも作っています↓↓

    管理ページ
    Myプロフィール
    楽天MyRoom

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    最近、この手の素粒子のニュースはヒッグス粒子の発見(2012年)以来聞かなかったが、何かビッグニュースにつながる予感ですね。
    >素粒子物理学の基礎である「標準理論」で説明できない現象を捉えたと、米フェルミ国立加速器研究所が7日、発表した。素粒子ミューオンの磁気的な性質が、理論で想定される値から大きくずれていたという。理論が想定していない力が働いていたり、未知の素粒子が影響したりしている可能性がある。事実ならノーベル賞級の成果で、物理学の根幹が大きく揺らぐことになりそうだ。

    caffeine-1866758_1280


    ※ヒッグス粒子については
    ヒッグス粒子の発見 | 素粒子とは? | ICEPP 素粒子物理国際研究センター International Center for Elementary Particle Physics


    『天網恢恢疎にして漏らさず』
    という言葉がありますが、そこに『疎』とあります。
    「疎」は「密」の対義語で「間がすいている。あらい。まばら。」という意味を持ちます。「疎密・疎開・空疎・過疎」などの熟語があります。
    よく素粒子物理学と『曼荼羅図』との関係を耳にしますが、そのことを思い起こされるニュースです。
    身近にはGPSシステムなどで原子時計と相対性理論が使われています。
    ミューオンはなんでも透過するのでピラミッドの内部構造の解明や福島第一原発事故の原子炉の内部調査に使われています。
    下のスライドがわかりやすいです。
    http://www.rcnp.osaka-u.ac.jp/~music/muana18/slides/1201_Sato.pdf

    ※標準模型(ひょうじゅんもけい、英: Standard Model、略称: SM)とは、素粒子物理学において、強い相互作用、弱い相互作用、電磁相互作用の3つの基本的な相互作用を記述するためのモデルのひとつである。標準理論(ひょうじゅんりろん)または標準モデル(ひょうじゅんモデル)とも言う。(wikipediaより)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    [プライベート・メーカーズへの道]アイデアノート自作
    Morozoffの窯出しクッキー&パイの袋にあるロゴが窯を作る時にキーとなるアーチ組の天井だったので、これでノートを作りました。
    裏紙でも良いのですが、折角なら両面が使えた方がいいのでA4コピー用紙5枚を二つ折りにし、真ん中を糸で留め、これを5組作り、これをMorozoffの包装紙でラッピングし、背をボンドで留めてノートにしました。背があるノートで気に入りました。
    privatemaker

    このページのトップヘ