発見の日々 ライブドア本館

毎日、世界のどこかですごい発明や発見がなされています。ニュースの中に埋もれた発見にスポットを当ててブログ記事にしていきます。

    2014年10年を経てブログはFC2ブログに引越しました。キュレーションブログを作るのにFC2の仕様の方が使いやすかったからです。をコンテンツもすべて移動しました。
    発見の日々【新装版】
    【近況】coconalaの掲げるミッションに共感を覚えソーシャルな広報支援にチャレンジ中!それで合わせてパーソナルブランディングを試みています。 http://coconala.com/

    My Service

    https://coconala.com/users/82603



    ◆こんなサイトも作っています↓↓

    管理ページ
    Myプロフィール
    楽天MyRoom

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    twitterの個人で2007年に開設したアカウントを起業した株式会社シンクアップのアカウントにしました。
    https://twitter.com/blc5 シンクアップ

    ソーシャルメディアを使った広報を展開しているのでこの方がいいだろうという判断です。

    【考えられる効果と目的】

    1.インプレッションが増加することによってtweetがより多く拡散できる。
    2.フォロワーが増える これはツールの強化になります。ひいてはサービスの充実につながりますのでよりセールスしやすくなります。
    3.これは希望的な観測も含みますが、アカウントが凍結されにくくなるのではないかと考えています。twitter社の有料のサービスを利用するユーザーはやはり大事にするでしょう。
    4.twitterを使った広報・マーケティングのノウハウの蓄積ができる。

    まあこういうことを考えてしばらくtwitterオートプロモートを使ってみます。

    普通のプロモツイートも余裕があったら試してみます。

    twitter2


    参考
    【解析画像付き】 Twitterオートプロモート広告を人柱になって数ヶ月効果検証してみたよ|東京フリーランスすたいる

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    taminato
    クリックするとたみなと税理士事務所のサイトにいけます。




    忘れがちな視点ですが、実は飲食店の繁盛を支える辣腕税理士が街の活気を取り戻します。

    どんなに繁盛した飲食店でも経営をおろそかにしたらいつの間にか潰れます。潰れないまでも繁盛を継続することができません。なぜなら店の雰囲気と活気を保つには常にお店は見えないところで学び革新していかなければならないからです。それがないと飲食店の命であるに出てしまいますし、お客様は敏感に反応します。

    だから経理や経営を相談し税務を任せられる優秀な税理士事務所を持つことが大切になります。

    地方再生を考えた時に賑わいを取り戻すということが大事なことがわかります。
    そしてその中でも繁華街や商店街での飲食店の繁盛が活気を生みます。

    しかし飲食店の経営はなかなか大変です。
    お客さんが入るようになるまでが大変です。
    繁盛すればしたで忙しくて経営が置き去りにされがちで効率的なお店の切り盛りができません。
    人手不足の問題もでてきます。

    そんなときに頼りになるのが「税理士」さんです。
    税務処理だけでなく、経営のパートナーとして活用すると効率的な経営ができます。

    だから街づくりには欠かせない存在が税理士事務所です。

    わたしが仕事で知りあった宇都宮の「たみなと税理士事務所」はそんな税理士事務所です。

    なんと田港所長は早稲田大学卒業後、大手の監査法人で4年間働いていた「公認会計士」の資格を持つ税理士さん。そう難関の公認会計士の資格があると税理士としても開業できるのです。しかも、宇都宮の奥様の実家の飲食店の経営に参加するために調理師学校に通い、調理師の免許まで取ったという徹底ぶり。実際に飲食店の経営をしているから普通の税理士では見えないところまで見え、パートナーとして寄り添ってもらえる税理士さんです。

    宇都宮は北関東の中核市として期待される街です。地域創生のカギを握る街なのですが、餃子で知られる「食」の街でもあります。それを裏で支えるのが若い田港さんのような税理士さんたちということになります。

    繁盛の陰に経営のパートナーの「たみなと税理士事務所」ありといわれる日がくるでしょう。
    私もさらに応援していきたいと思っています。

    「ほんとうに良いものを広める」というのが広報の基本であり、宣伝とは違うところです。そして、これがわが社の仕事が得意とするところです。広報は英語でPublic Relationsといいますが、このrelationということがとても大切で、相手の顔をしっかりと見て、相手にとって大事なことを伝えていくことが仕事になります。

    とにかく経歴もそうですが、志がすごい方です。

    一度ホームページを訪問してみてください。


    このページのトップヘ