発見の日々 ライブドア本館

毎日、世界のどこかですごい発明や発見がなされています。ニュースの中に埋もれた発見にスポットを当ててブログ記事にしていきます。

    2014年10年を経てブログはFC2ブログに引越しました。キュレーションブログを作るのにFC2の仕様の方が使いやすかったからです。をコンテンツもすべて移動しました。
    発見の日々【FC2分室】
    (*注 これは完全に失敗でした。キーワードによる自動キュレーションはプログラム技術が足りなくて無理でした。パーソナルレベルでのAI技術の進化に期待します。)
    それでもここを残しているのは新しいことを考えているからです。(*残して正解でした。なんとライブドアブログにおいてPro仕様が無料化されたからです。)

    【近況】coconalaの掲げるミッションに共感を覚えソーシャルな広報支援にチャレンジ中!それで合わせてパーソナルブランディングを試みています。 http://coconala.com/

    My Service

    https://coconala.com/users/82603

    ◆毎日、知的好奇心を刺激する面白いニュースが満載!
    日刊・根気と好奇心

    ◆こんなサイトも作っています↓↓
    対話イベントガイド:ゆるやかな会話の中で大切なことを語ろう!


    管理ページ

    【私のパーソナルブランディングサイト及びHPサイト】

    FBページ:アイデアをカタチにする仕事 森田達也
    mixiページ:森田達也
    森田達也の livedoor プロフィール
    森田達也の楽天プロフィール
    楽天MyRoom

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    消えた探査機、火星に着陸していた? 12年ぶり発見
    欧州宇宙機関(ESA)は16日、2003年に火星への着陸を試みたまま行方不明になっていた英国の小型着陸機「ビーグル2」を火星表面で見つけた、と発表した。米航空宇宙局(NASA)の探査機が火星を回る軌道上から撮影した高解像度画像を分析し、機体が映っていることを確認できたという。



     ビーグル2は、03年に打ち上げられたESA初の火星探査機「マーズ・エクスプレス」に搭載されていた。探査機が火星に接近した際に切り離され、6日後に着陸する予定だった。ところが、予定日を過ぎても成功を知らせる信号が発信されず、その後も行方が分からなくなっていた。


    NASAの発表と聞くと裏があると最近感じるようになりました。何か隠している。あるいは何か情報操作をしていると思わせます。

    ビーグル2号 - Wikipedia

    【PR】ブログ:都市伝説

    生死の分かれ目に起こっている事実!?リアル編 - 都市伝説
    病院で亡くなった時、医師が「ご臨終です」と言うが、



    死んだ人間はこれが聞こえているという。



    聞いているらしい。



    人間が死ぬ瞬間、聴覚が一番最後に機能停止するんだとか。



    だから心電図の「ピー」という音のあとは「死」とは限らない。



    聴覚はその後まで機能している。



    自分の大切な人が逝く時は、心臓停止の後「ありがとう」と伝えてほしい。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    百田尚樹『永遠の0』パクリ騒動。90%はコピペだった!?疑惑を徹底検証! - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2141793431976785401

    ずいぶんと筆の早いのは、放送作家時代に鍛えられたからだと思ってました。

    ついに『永遠の0』でもパクリ疑惑。

    佐村河内守氏を思い出しました。

    データマン(データマン)とは - コトバンク
    《〈和〉data+man》週刊誌の編集などで、アンカーが執筆する前に取材し、資料を集めて原稿の材料を提供する記者。


    放送作家だからこうした存在がいるのでしょうか。なんとなく暴露がありそうですね。


    このページのトップヘ