発見の日々 ライブドア本館

毎日、世界のどこかですごい発明や発見がなされています。ニュースの中に埋もれた発見にスポットを当ててブログ記事にしていきます。

    2014年10年を経てブログはFC2ブログに引越しました。キュレーションブログを作るのにFC2の仕様の方が使いやすかったからです。をコンテンツもすべて移動しました。
    発見の日々【新装版】
    【近況】coconalaの掲げるミッションに共感を覚えソーシャルな広報支援にチャレンジ中!それで合わせてパーソナルブランディングを試みています。 http://coconala.com/

    My Service

    https://coconala.com/users/82603



    ◆こんなサイトも作っています↓↓

    管理ページ
    Myプロフィール
    楽天MyRoom

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    府によると、撮影されたのは、台湾やインドなどに分布する「タイワンタケクマバチ」とみられる。枯れた竹に営巣する習性があり、輸入される竹材に混入して国内各地へ侵入している。竹材の品質劣化などの影響が想定される中、府南部で今年に入ってから複数の目撃情報が寄せられている。

    というニュースをネットで見ました。ヒアリや同じく赤くて毒があるヒラズゲンセイや桜の被害が深刻なクビアカツヤカミキリなどが話題になっておりまた外来種のニュースかと読みましたが、しばらくして少し気になり始めました。

    taiwanhachi
    wikipediaより
    竹のことです。竹製品ではなく竹材とあったからです。日本の山林では竹が放置され、その被害が大きいのに竹材を輸入しているわけです。山林が手入れされずに荒れているというのに一方で竹材を輸入しているというのはどういうことでしょう。

    竹の種類や太さなどが違うのかとも思いますが、いずれにせよ、卵や幼虫の形で竹材に交じって輸入され成虫になって逃げ出して自然の中で繁殖していると考えられます。

    今後日本の竹林(あるいは放置された山林)で増え、食材などの被害が出ることも心配されます。記事中に「竹材の品質劣化」と書いてありますが、そのことだろうと思います。

    輸入される竹材の用途が気になります。日本の竹ではだめなのか調べてみたいと思います。おそらく国内で調達するにも労働力がなくそのため価格が高いということでしょう。

    しかしこれは行政を含めて丁寧な対策を考えていくと何か解決が見つかりそうな気がします。すなわち国や地方自治体が山林の手入れを行い、竹材生産のサイクルを回すというようなプロジェクトはできないものでしょうか。関心の高い住民も巻き込んで採算よりも自然を守るということを目的にした事業ができないものかと考えました。

    少し竹材について調べてみます。

    【竹材に交じって外来種のハチが国内で繁殖かというニュースで考えたこと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1.12年前のANOTOペンを使った教育の試み
    かれこれ12年くらい前にある教育情報会社を通じて入学前準備教育でスウェーデンのANOTOペンというデジタルペンを使って小論文と数学の講義を行っていました。

    通学による入学前準備教育 ( 8 年間の実践と課題)
    https://www.slideshare.net/blackcoffee21/2008-35119640
    ronbunanoto

    その時の報告が私のスライドシェアの6ページに残っています。(肩書は前職のものです。)

    小論文が手書きで書いたものがそのまま画像としてデジタル化されて保存されます。小論文の演習など参加人数が多いと保存しておくのが大変ですが、これだと電子ファイルで保存できます。

    さらにこのANOTOペンのいいところは書き始めから終了まで録画されます。再生すると書いた順に再現されていきます。なので数学の問題を解く過程がそのまま記録されます。これを再生するとどこで間違ったか、どこが理解できていないかを解明できます。

    分数の計算や割り算などでつまずいている小学生などを教えるときに有効です。難点は小学生にはペンが若干太いことです。

    この機能を使って教育しようと考えていたのですが、残念ながら業者が撤退してしまいました。最後まで大日本印刷が残っていたのですが、いよいよ撤退のようです。
    https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1189585_1567.html

    実はその当時、スウェーデン大使館であったANOTO社主催のセミナー(ANOTO本社社長も参加していたいました。確かアーノッシュさんと言いました。)で事例発表もしたのですが、算数の件は話さず小論文指導の件だけしか話せなかったのが悔やまれます。うまくプレゼンできていれば研究費を獲得できたかもしれなかっただけに残念です。

    2.夢をあきらめずもう一度算数・数学教育に携わることにしました
    最近になりまた子どもたちの算数・数学の学びのワークショップを企画するようになり、ANOTOペンのことを考え始めています。もちろんデジタルペンはANOTOだけでなく、日本の文具メーカーも手掛けているのですが、「録画」するという機能を持たないので使えません。ソニーのデジタルペーパーならそういうことができるかもしれないと期待していますが、8万円くらいするので気軽に手が出せません。さらに開発キットを手に入れるとすると200万くらいにはなるでしょう。

    それで諦めきれずにANOTO本社のサイトを見てみました。
    そしたら面白いプロジェクトがあるのを見つけました。
    KAITOというようです。
    https://www.anoto.com/solutions/kait/#section-2

    3.再びANOTOサイトへ、そしてKAITプロジェクトの発見
    google翻訳してみました。
    教える方法と学ぶ方法に革命を起こす
    今日の教育では、学生は絶対スコアで単純すぎて評価されます。 学生はさまざまなレベルと速度で学習するため、この方法は時代遅れで、非効率的で不完全であり、学生は挑戦的または過負荷になります。

    教育の変化に対するこの重要なニーズに対処するために、アノトはKAITを導入しました。KAITは、パーソナライズされた学習を可能にし、学習効率を向上させることに焦点を当てた、新しい革新的なAI駆動プラットフォームです。

    私たちの目標は、グローバルな教育を混乱させ、教師と生徒の両方の効率を改善することです。

    ペンもかなり細くなっています。これなら子どもたちでも大丈夫でしょう。
    anotopen

    【デジタルペンのANOTOペンについて】の続きを読む

    このページのトップヘ