ブラックジンジャーが受容体「TRPチャネル」を活性化することを発表/丸善製薬 プレスリリース【健康美容EXPO】
「TRPチャネル」とは
-----------------------------
細胞の膜上には外界からの刺激を受け取り、情報に変換する「受容体」と呼ばれるタンパク質が存在し、その受容体の1つがTRPチャネルです。TRPチャネルは皮膚や感覚神経など様々な臓器に存在する“センサー” として、近年注目されています。

TRPチャネルの1種であるTRPV1は唐辛子の成分カプサイシンの受容体として知られており、TRPV1を活性化する食品成分を経口摂取することによりエネルギー消費量を高めることができることが示されている。

今回の研究では、ブラックジンジャーエキスがTRPチャネルを活性化することを発見しました。ブラックジンジャーの摂取は、TRPチャネルの活性化およびエネルギー消費量を高めることができると考えられる。

参考文献: Saito M et al. Diabetes, 58; 1526-1531, 2009 Yoneshiro TA et al. Obesity, 19; 13-16, 2011 富永真琴.日本生理学雑誌, 65:130-137, 2003


これはしっかりしたサイトだと思ったので丸善製薬のサイトに行ってみました。

原料辞典というページがあり、ブラックジンジャーの項目がありました。

原料辞典:ブラックジンジャー|健康食品・化粧品原料なら丸善製薬株式会社
ブラックジンジャー  

ブラックジンジャー(学名:Kaempferia parviflora) の産地は微笑みの国、タイ王国です。タイ王国ではクラチャイダムと呼ばれ、膝や腰の関節が痛むときに根茎部を煎じて飲まれています。また、ワインやコーヒー、お茶などにも加工され、伝統的に食されています。ブラックジンジャーはショウガ科の植物ですが、いわゆる生姜とは異なり、根茎切断部が黒色を呈す植物です。


会社案内|健康食品・化粧品原料なら丸善製薬株式会社
事業内容 医薬品、医薬品用素材抽出物、医薬部外品用素材抽出物、化粧品用素材抽出物、食品添加物、 食品、食品用素材抽出物、健康食品、健康食品用素材抽出物の製造販売


こういう会社のようです。原料から成分を抽出して販売しているわけですね。

FANCL『大人のカロリミット』から広がった探索もここまできました。

-----------

Lactoferrin
wikipedia

さてだんだん気になっている奈良の製薬会社「太陽堂製薬」ともつながってきました、不思議。これが私流(発見の日々)の好奇心エンジンなのです。

こちらは牛乳を加熱処理するときに失われるラクトフェリンというたんぱく質のサプリメントを販売している製薬会社です。和歌山県北山町にしか育たない謎の柑橘類「じゃばら」のサプリメントを作っている会社で花粉症の症状を軽減する効果で注目されています。「花粉じゃばらサプリ」といいます。

この春そのサプリで社長さんとFacebookを通じて親しくなり、ラクトフェリンのことを聞いたばかりでした。

市販の牛乳は殺菌するために130度で何分か処理しますが、この過程で初乳に含まれ、免疫系を強化するために必要なたんぱく質なのです。(>ラクトフェリン(別名:ラクトトランスフェリン)は、母乳・涙・汗・唾液などの外分泌液中に含まれる鉄結合性の糖タンパク質である。 1939年に牛乳中に含まれる「赤色タンパク質 (レッド・プロテイン)」として初めて報告された。 その後、1960年にヒトとウシの乳より精製され、アミノ酸配列が決定された。wikipediaより)

さてさて、ラクトフェリンを通じて本丸の腸内フローラの探求に一気にいくべきかブラックジンジャー(特にTRPチャンエルへの作用)をこのまま追いかけてみるか少し考えます。