毎日新聞
 県によると、市内の小学校の3年生66人は5月26日、地域に伝わる水を調べる校外学習の一環で同所を訪れ、引率教員と共にわき水を飲んだ。児童がわき水をペットボトルに入れて持ち帰ったところ、飲んだ家族も相次いで発熱や下痢を発症した。3人が一時入院したが全員軽症で快方に向かっているという。カンピロバクターは野生生物などが保菌し、動物に汚染された河川にも生息している。
動物の排泄物か死骸があったということですね。怖い。湧水を動物も飲みに来ているのかもしれませんね。 わき水といえど油断できません。
Campylobacter_fetus_01