昨年12月に設立したばかりの株式会社シンクアップ(社長  栗原 直以)は広報の会社です。私はco- founder(共同経営者)として働いています。

英語表記はThinkUpです。考え抜くという意味を込めています。

10年後の世界から今を見て動く『SMART広報』(造語)を提唱しています。

smartとは文字通り「賢い」ということですが、その他にもSocial Media+Science+Mathmatics+Art+Technology の意味を含ませています。
アメリカで始まっているSTEM教育(注1)のSTEMとの違いはEngineeringがArtに変わっていることです。(個人的にはTechnologyとEngineeringは近いと思っています)

強いていうとDesigningを含めた造語にしたかったのですが、考えつきませんでした。

広報の一要素にビジュアルデザインとコピーライティングが含まれますので、そちらにDesigningは含めることにしました。

ちなみに広報のプロセスはConcept+Copywriting+Visual Designing+Communication (Channel) によって構成されます。

以上のことからわかるように私たちの会社のサービスは未来を強く意識したものとなっています。

そしてマスメディアではBad News が多い中、私たちは「Good Newsを伝える」ことを会社の『ミッション』としています。

Good Newsとは聖書で言う「良き報せ=福音」です。※注2

Good Newsには未来の希望があります。「未だ来ていない良き訪れ」といったことです。

そこからはビジョンとして強く、私たちが希望をつないでいく「子どもたち」が姿を現します。

以下が我が社の『CREDO クレド』です。

たとえ今は実現していなくても未来には解決されていく「平和」で「貧困が解消」され「健康」で「安全」な「豊かな社会」が来ると信じます。それを実現するために私たちは子どもたちに希望を置き(託し)、私たち責任を持って時間を繋いでいきます。

そして、そういうことからドメイン(事業領域)「教育」に置いていきます。

-----------------

さて今日はそういうこともあり、久しぶりにオンラインのQ&AシステムOKWEBにアクセスしてみました。
だいぶ昔にOKwebと表記していた時代にQ&Aシステムをクライアントとして使っていましたが、
もう一度このサービスに戻ってみようと思ったからです。

似たサービスにOKWEBから見ると後発のYahoo!知恵袋がありますが、それには少々嫌気が指しています。
このようなプラットフォームが荒れるのは仕方ないとして、ちゃんと削除依頼などを受けてくれればいいのですが、Yahoo!知恵袋は放置です。
間違った情報を書き込まれた広報担当者とすれば頭の痛い問題です。

それで老舗のOKWEBに戻って今年はQ&Aシステムを考えてみようと思った次第です。

WEBにQ&Aシステムを組み込もうと思い、FAQを充実させたことがありました。その時に使ったのがOKWEBのサービスでした。
今ならAIの組み込みになりますね。
そのあたりもOKWEBの対応を調べてみようと思います。
兼元 謙任さんとは前に友だち申請してFB友になっています。
最近の活躍も調べてみます。

なにかヒントが隠されていると思っています。


※注1 STEM教育とは、科学・数学・技術領域に重点をおく注目される教育方針
https://education-career.jp/magazine/data-report/2016/stem
※注2 GOSPELも同義です。ダニエル書の神(God)の指から壁に書かれた文字(Spell)