相模川でアユが大量発生 地元住民が気味悪がる言い伝え存在│NEWSポストセブン
2018年に入ってから、例年には見られない異変が全国各地で起きている。神奈川では、県内を流れる相模川を遡上するアユが大量発生している。神奈川県内水面漁業振興会の担当者がいう。 「4月1日から5月27日までで確認されたアユは4600万尾を超えました。1999年から昨年までの平均は400万~500万尾です」  釣り人たちが大喜びしそうな話だが、なぜか地元住民からは「気味が悪い」という声があがっている。 「この辺りには『アユが豊漁だと地震がくる』という言い伝えがあるんです。関東大震災の前日、相模川や(同じ神奈川県内の)酒匂川で、アユが入れ食い状態になったと伝えられている」(地元の70代男性)


応援しているYouTuber・レッドモンキーさんの最新の動画で相模川でアユが入れ食いという動画でした。凄いなと思っていたら上のニュース。

気になってます。