面白いニュースだと思います。
水質が良くなったから水草が大量に発生したというのはいいことですけどね。
プランクトンを食べるイケチョウガイ生態系が崩れたわけですね。



さて発生しているの水草は何でしょう?

外来種?
埼玉だとオオフサモが増えています。駆除するときにちぎれて流れに乗り流れ着いたところで繁茂します。すごい繁殖力でたちまち小川を覆いつくします。

動画を観る限りこれではないようです。オオカナダモあたりかな。

コカナダモ
今年は琵琶湖で水草「コカナダモ」が異常発生!!もしかしたら全国的に、多いのかも。 | hebinuma(ヘビヌマ)
コカナダモ - Wikipedia

イケチョウガイ - Wikipedia

イケチョウ貝による水質浄化活動 - 戸田市公式サイト
これが戸田漕艇場のイケチョウガイによる水質浄化活動ですね。

水草異常発生!@ボートコース | 戸田市長 | すがわら文仁
水草の種類は、オオカナダモ(侵略的外来種ワースト100指定植物)、マツモ、エビモ、フサモ(在来種)などがあるようです。


オオカナダモの方でした。

駆除方法を調べると

オオカナダモ駆除の新兵器 | 矢作川研究所
>新兵器はT字型のパイプに圧縮した空気を通し、オオカナダモの根本に吹き付ける道具で、藻を根こそぎ浮かべようと考案されました。試運転の結果、まずまずの手応えがあり、これから本格的に駆除ができそうです。

エビモ | 矢作川研究所
オオカナダモ | 矢作川研究所

水質改善はうれしいですがオオカナダモの駆除は大変なようです。
外来植物の早期発見と防除 - 農林水産省