【追記】 実は一年前のこの記事がアクセス上位に上がっていたので読み直してみたのですが、その後忙しくなってそのままです。

そうマリーゴールドも植えることなく一年が過ぎました。

小さな庭ですがゆずやキンカンが植わっていて秋から冬には実ります。入り口には甘柿があってこれも毎年多くの目実をつけます。今年は珍しく梅が実をつけました。大きな実だったので梅干しと梅酒を社長が仕込みました。

ところが草花が思うように育たないのです。

それで下の記事になりました。
-----------------------

どうも植物の育ちが悪いと思っていたのです。

それに委縮する植物も出ています。

肥料もやってみたのですが駄目です。

そこで

土を掘り起こしてみると線虫らしきものを発見。


オガサワラゴキブリ床換えで出てきた線虫 : シロアリ駆除[シー・アイ・シー]のゴキブログ http://www.cic-net.co.jp/blog/2010/04/post-580/

これが原因かもしれません。

そこでググってみました。

線虫(センチュウ)対策。土壌消毒は効かない⁉ | LOVEGREEN(ラブグリーン)

うーんこれは厄介ですね。

農薬を使うか?
https://amzn.to/2Lirr4p

フレンチマリーゴールドを植えるのもいいらしい。

根が張った範囲に効果があるとか。シーズンが終わったら丸ごと土に漉き込むといいとも。

------------------------------------
【追記2】
わが社は郊外の住宅地ではありますが、都市部に緑があるというのは価値があると思っています。

それで造園とかガーデニングに関心を持っているのですが、起業したてで手をいれるところまで時間も費用もありません。

そんななかちょっときになるアーバン・ランドスケーパーと呼びたい造園の会社と出会いました。

現代の庭師にふさわしい仕事をしています。

トシ・ランドスケープという会社です。
img_7680

仕事ぶりについてはこの会社の社長のブログを読むとよくわかります。造園のことがとてもわかりやすく愛情深く書いてあるので何か庭が愛(いと)おしくなります。

こんな人たちに植栽を設計してもらったり手入れしてもらうと庭から幸せがあふれる感じがします。

社長のブログはコチラ

https://toshilandscape.co.jp/archives/category/blog

twitter
中村雅俊@トシランドスケープ樹木医として日々植栽管理を考えています(@toshi_landscape)| Twitter https://twitter.com/toshi_landscape