文科省汚職、別の元役員立件検討 コンサル接待に関与疑い
収賄容疑で文部科学省の前国際統括官が逮捕された事件に絡み、元コンサルタント会社役員谷口浩司容疑者(47)=贈賄容疑で再逮捕=による文科省幹部への接待に関与した疑いがあるとして、東京地検特捜部が同じコンサル会社の別の元役員の立件を検討していることが1日、関係者への取材で分かった。元役員は海外に滞在しているとみられる。


これは元コンサルタント会社役員が司法取引でもしたのだろうか。
どんどんでてくるなあ。
(文部科学省関連の昨日の記事
まだまだでるのでしょうね。
特捜部には何か狙っている本丸があるのでしょうね。
果たして何が飛び出すか。
これこそ
鬼が出るか蛇が出るか
という感じです。
政権の思惑か司法の正義か
はたまた
別な筋か
庶民にはわかりません。
メディアをみても真相などどこにも書いてありませんので
巷間のうわさ話に耳を澄ませてみましょうか。
あるいはネットの隅に真実が転がっているかもしれません。
totani

戸谷事務次官の名前もあがってますね。
キャラ的にはおもしろい人にみえるが、すぐ消える人にも見える。

こんなこともありました。
(よくまとまってますよ、見返すと真相がわかることもあります)
文部科学省の天下り問題:朝日新聞デジタル

【PR】
0歳からの資産運用 | 及川雄樹 | Kindle本 | Kindleストア | Amazon
finance

https://amzn.to/2KAF81D