発見の日々 ライブドア本館

毎日、世界のどこかですごい発明や発見がなされています。ニュースの中に埋もれた発見にスポットを当ててブログ記事にしていきます。

    2014年10年を経てブログはFC2ブログに引越しました。キュレーションブログを作るのにFC2の仕様の方が使いやすかったからです。をコンテンツもすべて移動しました。
    発見の日々【新装版】
    【近況】coconalaの掲げるミッションに共感を覚えソーシャルな広報支援にチャレンジ中!それで合わせてパーソナルブランディングを試みています。 http://coconala.com/

    My Service

    https://coconala.com/users/82603



    ◆こんなサイトも作っています↓↓

    管理ページ
    Myプロフィール
    楽天MyRoom

    カテゴリ: わたしの発想法

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    府によると、撮影されたのは、台湾やインドなどに分布する「タイワンタケクマバチ」とみられる。枯れた竹に営巣する習性があり、輸入される竹材に混入して国内各地へ侵入している。竹材の品質劣化などの影響が想定される中、府南部で今年に入ってから複数の目撃情報が寄せられている。

    というニュースをネットで見ました。ヒアリや同じく赤くて毒があるヒラズゲンセイや桜の被害が深刻なクビアカツヤカミキリなどが話題になっておりまた外来種のニュースかと読みましたが、しばらくして少し気になり始めました。

    taiwanhachi
    wikipediaより
    竹のことです。竹製品ではなく竹材とあったからです。日本の山林では竹が放置され、その被害が大きいのに竹材を輸入しているわけです。山林が手入れされずに荒れているというのに一方で竹材を輸入しているというのはどういうことでしょう。

    竹の種類や太さなどが違うのかとも思いますが、いずれにせよ、卵や幼虫の形で竹材に交じって輸入され成虫になって逃げ出して自然の中で繁殖していると考えられます。

    今後日本の竹林(あるいは放置された山林)で増え、食材などの被害が出ることも心配されます。記事中に「竹材の品質劣化」と書いてありますが、そのことだろうと思います。

    輸入される竹材の用途が気になります。日本の竹ではだめなのか調べてみたいと思います。おそらく国内で調達するにも労働力がなくそのため価格が高いということでしょう。

    しかしこれは行政を含めて丁寧な対策を考えていくと何か解決が見つかりそうな気がします。すなわち国や地方自治体が山林の手入れを行い、竹材生産のサイクルを回すというようなプロジェクトはできないものでしょうか。関心の高い住民も巻き込んで採算よりも自然を守るということを目的にした事業ができないものかと考えました。

    少し竹材について調べてみます。

    【竹材に交じって外来種のハチが国内で繁殖かというニュースで考えたこと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【プレスリリース】単独で普通の細胞を直に幹細胞に変えるステミン遺伝子の発見 | 日本の研究.com
    研究グループは、コケ植物ヒメツリガネゴケの再生能力について研究を行なっていたところ、たった一つの遺伝子を働かせるだけで植物体の中の葉細胞を幹細胞に直接変えることができることを発見しました。この遺伝子をステミン(STEM CELL INDUCING FACTOR、幹細胞[ステムセル]誘導因子: 略してSTEMIN)と名付けました。一つの遺伝子を人工的に操作するだけで生体内の無傷の分化した細胞を直接、幹細胞に変えることができたのは、全ての生物において初めてです(注3)。そして、通常は化学修飾によって厳重に働かないように管理されている幹細胞化遺伝子を、ステミンが化学修飾を減少させることで働かせていることを発見しました。  

    今後は、ステミン遺伝子の働きをより詳しく調べることで、植物の分化した細胞を幹細胞に変える仕組みの全貌解明につながることが期待されます。また、作物の効率的育種への可能性も秘めています。


    体細胞が幹細胞に変わるという話を聞くとどうしても素人の私はSTAP細胞のことを思い出す。小保方さんはどうしているのだろう。私は今でも小保方さんを信じているし、一研究者をあんな酷い潰し方はないだろうと思っている。

    植物では挿し木やカルスなどで普通の細胞が幹細胞に変わることは知られています。
    今回の成果はそれが一つの遺伝子(ステミンと名付けられた)の操作で幹細胞に変わることを発見したことのようだ。細胞の分化のメカニズムが進みそうだ。

    20190709103405

    私たち人間をはじめ、動物も植物も、一つの細胞である受精卵が分裂し、増えた細胞がいろいろな性質を持ち特殊化する(分化する)ことで、体ができあがります。

    ところが、ひとたび分化した普通の細胞でも、受精卵のようにさまざまな種類の細胞を作り出すことができる幹細胞(注1)へと変化させることができます。ヒトを含む哺乳類では、分化した細胞に複数の遺伝子を働かせて、幹細胞(iPS細胞)に変化させることができるようになりました。

    一方で植物は、遺伝子操作をしなくても、挿し木や葉刺しによって容易に植物体全体を作り出すことができます。これは、分化した細胞から幹細胞が作られるためです。これまで、1遺伝子を働かせることで葉細胞から幹細胞を含む分裂組織を作り出すことは可能でしたが、葉細胞を幹細胞に直接変える遺伝子は見つかっていませんでした。


    今後のさらなる研究の進展に期待したい。





    [Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    都市の景観を考える上で緑が重要な役割を果たしています。
    その景観を大切にした新しい感覚の造園業のスタートアップ企業があります。
    渋谷に本社を置く株式会社トシ・ランドスケープです。

    東京で樹木医による植栽管理なら株式会社トシ・ランドスケープ
    https://toshilandscape.co.jp/

    社長さんが中村雅俊さんなのでトシなのかと思いますが、うまく都市ともかかっているわけですね。
    img2-1

    大木は高所作業クレーン車が活躍しますが、中には個人宅でクレーン車が入らないところもあります。
    そういう時に活躍するのがロープとスパイク靴をうまく使いこなして木に登って作業する技術です。
    作業の安全や騒音にも配慮した仕事ぶりは、なかなかカッコいいワークスタイルです。
    ケーブリングというようです。

    若者にも人気のようです。粋な職人スタイルも、最新のガーデナーのワークスタイルも自然志向の若者に人気の秘密です。(カッコだけの流しの土日俄か庭師もいますのでご用心です。年末に出没します。常套句は「向こうのお宅で呼ばれて作業しているのですが、良かったらお宅もどうですか」です。屋根や壁修理のバリエーションです。)

    トシ・ランドスケープのスタッフを見るとどんな会社かわかりますね。

    スタッフ紹介 | 東京で樹木医による植栽管理なら株式会社トシ・ランドスケープ

    社長のブログも読みごたえがあります。
    https://toshilandscape.co.jp/archives/3070

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    65183255_10205754464456800_4826099538987057152_n

    3月、ノートパソコンの蓋を閉めるときにキーボードの上にUSBメモリーを置いたまま閉めてしまい、ディスプレイを割ってしまいました。
    今週、ヤフオクで上半身だけが出たので1300円で落札。
    昨日届いたので、交換作業に夜入ったのですが、メンテが簡単なはずのLenovoのキーボードやマザーボード取り出しに時間がかかり、終わった時は12時を回ってました。
    それで仮組みしてスイッチオンしたのですが、ウンともスンとも言いません。
    さすがに眠くて、一旦作業中断。

    頭の中で原因を探りながら寝ました。というか、基盤がグルグル目の前に浮かぶ状態、学生時代にパチンコやり過ぎて寝てもチューリップに球が入る絵がグルグルするのと同じです。

    まあ、どこかのケーブルの接触不良だろうと言い聞かせて、朝から作業。

    実はマザーボードをショートさせ、コンデンサーが破裂、あるいはヒューズが切れるということがありますが、そうなると高度な半田技術が必要になりますので、そんなことは想定しないことにして、作業に勤しみ、一箇所、ケーブルがコネクタに刺さっていない箇所を発見しました。
    そして仮組みしてスイッチオン。

    無事に電源が入り、ウィンドウズが起動しました。

    大切な朝の時間を使ってしまい、我が社には申し訳なく思いますが、作業中はいろんなことを整理できるので良いこともありますと言い訳しておきます。

    <追記>液晶を割ったときの画像が見つかりました。
    http://bit.ly/2IYugrt

    ところで

    PCリストア好きに送る
    珠玉の動画!感動巨編!
    凄いレストア動画を

    最近見つけました。

    これができるのが私が最近よく言う高専クオリティです。
    この動画主が高専出身かは知りませんが、このような日本人の器用さを見ると感動します。だってロボットが付けたICチップを半田ごてで外したり付けたりするのですから。

    実は10年以上前にBIOSパスワードのかかったパナソニックのノートPCを複数台落札し、パスワードの解明に挑みましたが、どうしてもだめでした。
    ICチップまで買って書き換えとか、ショートカットとかやったのですが、力量不足でした。

    今回、これを見て、分かったこと、PWを書き込んだ場所は別にあったということです。
    そのマシンは処分したので、手元になく残念、スペックが今ではお話になりませんから。

    さて動画をお楽しみください。



    <追記>昔BIOSパスワードに挑んだブログ記事を探したところ見つかりました。
    最終的にパスワードのかかってないマザーボードに乗せ換えて復活させいました。
    なので、ハードパスワード外すことはできていません。
    http://hakken101.blog.fc2.com/blog-entry-1287.html
    http://hakken101.blog.fc2.com/blog-entry-1296.html
    http://hakken101.blog.fc2.com/blog-entry-1297.html
    http://hakken101.blog.fc2.com/blog-entry-1298.html


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【追記】 実は一年前のこの記事がアクセス上位に上がっていたので読み直してみたのですが、その後忙しくなってそのままです。

    そうマリーゴールドも植えることなく一年が過ぎました。

    小さな庭ですがゆずやキンカンが植わっていて秋から冬には実ります。入り口には甘柿があってこれも毎年多くの目実をつけます。今年は珍しく梅が実をつけました。大きな実だったので梅干しと梅酒を社長が仕込みました。

    ところが草花が思うように育たないのです。

    それで下の記事になりました。
    -----------------------

    どうも植物の育ちが悪いと思っていたのです。

    それに委縮する植物も出ています。

    肥料もやってみたのですが駄目です。

    そこで

    土を掘り起こしてみると線虫らしきものを発見。


    オガサワラゴキブリ床換えで出てきた線虫 : シロアリ駆除[シー・アイ・シー]のゴキブログ http://www.cic-net.co.jp/blog/2010/04/post-580/

    これが原因かもしれません。

    そこでググってみました。

    線虫(センチュウ)対策。土壌消毒は効かない⁉ | LOVEGREEN(ラブグリーン)

    うーんこれは厄介ですね。

    農薬を使うか?
    https://amzn.to/2Lirr4p

    フレンチマリーゴールドを植えるのもいいらしい。

    根が張った範囲に効果があるとか。シーズンが終わったら丸ごと土に漉き込むといいとも。

    ------------------------------------
    【追記2】
    わが社は郊外の住宅地ではありますが、都市部に緑があるというのは価値があると思っています。

    それで造園とかガーデニングに関心を持っているのですが、起業したてで手をいれるところまで時間も費用もありません。

    そんななかちょっときになるアーバン・ランドスケーパーと呼びたい造園の会社と出会いました。

    現代の庭師にふさわしい仕事をしています。

    トシ・ランドスケープという会社です。
    img_7680

    仕事ぶりについてはこの会社の社長のブログを読むとよくわかります。造園のことがとてもわかりやすく愛情深く書いてあるので何か庭が愛(いと)おしくなります。

    こんな人たちに植栽を設計してもらったり手入れしてもらうと庭から幸せがあふれる感じがします。

    社長のブログはコチラ

    https://toshilandscape.co.jp/archives/category/blog

    twitter
    中村雅俊@トシランドスケープ樹木医として日々植栽管理を考えています(@toshi_landscape)| Twitter https://twitter.com/toshi_landscape



    このページのトップヘ