発見の日々 ライブドア本館

毎日、世界のどこかですごい発明や発見がなされています。ニュースの中に埋もれた発見にスポットを当ててブログ記事にしていきます。

    2014年10年を経てブログはFC2ブログに引越しました。キュレーションブログを作るのにFC2の仕様の方が使いやすかったからです。をコンテンツもすべて移動しました。
    発見の日々【新装版】
    【近況】coconalaの掲げるミッションに共感を覚えソーシャルな広報支援にチャレンジ中!それで合わせてパーソナルブランディングを試みています。 http://coconala.com/

    My Service

    https://coconala.com/users/82603



    ◆こんなサイトも作っています↓↓

    管理ページ
    Myプロフィール
    楽天MyRoom

    カテゴリ: 発見

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    射水でアカナマダ 今年初の捕獲 魚津水族館に搬入 - 富山県のニュース | 北國新聞社
    射水市堀岡沖で15日、深海魚アカナマダが捕獲され、魚津市の魚津水族館に運び込まれた。アカナマダは昨年2~4月に富山湾で8匹が確認されており、今年は初の捕獲となった。    アカナマダは沖合約5キロ、水深60メートルの定置網にかかった。全長は105・7センチ、体重は2・87キロで、目立った傷はなかった。    水族館によると、アカナマダは南方系の魚で、対馬暖流にのって湾に入り込んだ可能性がある。胃の中にホタルイカやカタクチイワシなどが確認され、餌を求めて定置網に入り込んだとみられる。


    大きな魚です。タチウオのように銀色に光っています。

    akanamada


    リュウグウノツカイと同じアカマンボウ目
    最近地震が多いだけに気になります。
    今日も関東と私の居る鹿児島で震度4の地震がありました。
    ちょっと怖くなりました。川内原発の沖合が震源でした。
    アカナマダ - Wikipedia

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    高校生ながらなかなかすごい研究力。
    uematsu

    蝉の寿命が一週間という俗説よりも長いことを発表、学会優秀賞を受賞。
    まだ統計的に平均寿命とか出せてませんが、捕獲してマーキングして離した数が863匹というのはすごいです。それを再捕獲して生存日数を記録するという方法で調査。
    研究の統計手法としても面白い課題です。

    今回の発表の舞台

    中国四国地区生物系三学会合同大会 https://sites.google.com/.../%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E6%A6%82..

    今回の発表の詳しいニュース(動画あり)
    http://home.kcv.ne.jp/yumenews/news.html?p=24551

    小学校の時の活躍
    植松さんの小学校4年の自由研究
    http://kansatsuro.jeef.or.jp/elementaryschool/619

    前年にはこんな発見も!
    広島県内でヒラズゲンセイ初発見 笠岡の高校生植松さんが探索3年:山陽新聞デジタル|さんデジ https://www.sanyonews.jp/article/819021

    たのもしい若者が出てきています。
    どんどん応援する教育の仕組みを作りましょう!

    引き続き取材をしていこうと思います。








      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    davinch

    CNN.co.jp : ダビンチ18歳の作品か、本人の署名発見と専門家 イタリア
    (CNN) イタリアの美術研究家らがこのほど、天使の横顔を描いた1枚のタイル画について、ルネサンス期の巨匠、レオナルド・ダビンチの最初期の作品と考えられるとの見解を発表した。作品中に書き込まれた署名や年代などから、ダビンチが18歳の時に制作したものだという。 作品名は「大天使ガブリエル」。天使の横顔をタイルに描いたもので、赤外線を使って分析したところ、あごの付近にダビンチの署名や1471年に制作したことなどを示す書き込みが確認されたという。 タイル画はイタリア南部の貴族の子孫が家屋を清掃しているときに発見したもので、ダビンチの研究者や筆跡の専門家らが3年にわたって調べた結果、ダビンチ本人の作品である可能性が浮上した。
    素晴らしい作品ですね。 どういう技法かはわかりませんが、タイルに描かれているので保存状態もいいのでしょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    rei01

    rei02

    www.fnn-news.com: “世界初”水素ホテル...
    0日、報道陣に公開されたのは、6月1日オープン予定の東急REIホテル。 神奈川・川崎市などが研究開発施設の誘致を進める国際戦略拠点「キングスカイフロント」に開業予定で、多摩川の対岸には羽田空港がある。

    一見、普通のホテルのようだが、このホテルでは、家庭などから出た使用済みのプラスチックから作られた水素が、エネルギー源として使われている。 ホテルがプラスチックごみから作られた水素を活用するのは、世界初。


    rei03


    プラスティックごみから水素を取り出し燃料電池で電力を作り出してホテルの使用電力の30%をまかなうというホテルのこと。ホテルとは別のところにあるプラスチックごみ再生工場で水素にしそれをホテルの燃料電池で電力にして送るという方式。ホテルにプラスチックごみが集められるわけではないらしい。それでもこういう取り組みは世界初とのこと。(ホテルで出る使用済み歯ブラシなどは処理工場に送られ利用される)

    面白い発想だと思います。

    あす(2018年6月1日)オープンなんですね。
    川崎キングスカイフロント東急 REI ホテル | 東急 REI ホテル | 東急ホテルズ https://www.tokyuhotels.co.jp/kawasaki-r/

    水素社会についてのこの記事も

    神奈川で水素供給施設が続々、ホテルでも利用  :日本経済新聞

    元になっているプレスリリースを読むと面白いです。
    キングスカイフロント「A地区(一次開発)」まちびらき川崎キングスカイフロント東急REIホテル6月1日(金)開業(ニュースリリース)|大和ハウス工業株式会社のプレスリリース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)内にある大型加速器「スーパーKEKB」に素粒子が崩壊する様子を捉えることができる「ベルⅡ」測定器が11日設置された。設置作業は無事完了し、宇宙誕生時の謎に迫る研究成果が期待される国内最大級の大型加速器は来年初めにも実験を開始する見通しになった。 スーパーKEKBは同機構敷地の地下10メートルにある1周3キロの大型円形加速器。素粒子の一種の「電子」と電子の反物質である「陽電子」が真空パイプの中で加速されて衝突する頻度を、従来の加速器「KEKB」の約40倍高めるなど約5年かけて大幅に性能を向上した。衝突速度はほぼ光の速さまで加速できるようになったという。昨年春にほぼ完成してベルⅡ測定器の設置を待っていた。
    http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2017/04/20170412_01.html

    大型加速器スーパーKERBは昨年に光速レベルまで達しているようです。今回は測定器ベルⅡが設置されたようです。

    【高エネ研(つくば市)大型加速器が来年初め始動へ 素粒子観測測定器を設置】の続きを読む

    このページのトップヘ