発見の日々 ライブドア本館

毎日、世界のどこかですごい発明や発見がなされています。ニュースの中に埋もれた発見にスポットを当ててブログ記事にしていきます。

    2014年10年を経てブログはFC2ブログに引越しました。キュレーションブログを作るのにFC2の仕様の方が使いやすかったからです。をコンテンツもすべて移動しました。
    発見の日々【FC2分室】
    (*注 これは完全に失敗でした。キーワードによる自動キュレーションはプログラム技術が足りなくて無理でした。パーソナルレベルでのAI技術の進化に期待します。)
    それでもここを残しているのは新しいことを考えているからです。(*残して正解でした。なんとライブドアブログにおいてPro仕様が無料化されたからです。)

    【近況】coconalaの掲げるミッションに共感を覚えソーシャルな広報支援にチャレンジ中!それで合わせてパーソナルブランディングを試みています。 http://coconala.com/

    My Service

    https://coconala.com/users/82603

    ◆毎日、知的好奇心を刺激する面白いニュースが満載!
    日刊・根気と好奇心

    ◆こんなサイトも作っています↓↓
    対話イベントガイド:ゆるやかな会話の中で大切なことを語ろう!


    管理ページ

    【私のパーソナルブランディングサイト及びHPサイト】

    FBページ:アイデアをカタチにする仕事 森田達也
    mixiページ:森田達也
    森田達也の livedoor プロフィール
    森田達也の楽天プロフィール
    楽天MyRoom

    カテゴリ: 音の探究

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    iphone
    周波数:音楽ピッチ A=432Hzは数学的に宇宙のパターンと一致している - 田舎で深呼吸
    テスラが言い、アインシュタインが同意しました。科学がそれを証明したのです。全て ( 私たち自身の身体を含む ) が異なる周波数で振動するエネルギーで構成されることは既知の事実です。しかしそうはいっても、可聴周波数は私たちに影響を与える事ができるのでしょうか? いえ、それが確実に与えるのです。

    周波数は、周波数に影響を及ぼします:成分を他の成分とミックスすることは、食事の全体の味に影響を及ぼすように、周波数が現実の世界に影響を及ぼすことは、Cymatics(音:周波数の作りだす形状パターン)及び水の記憶の科学のような様々な実験によって実証されました。
    まずは上記ブログにはかなり詳しく440Hzと432Hzについて書かれています。かなり慎重な書き方にはなっていますが、それでも原典にあたっているわけではありませんので、それ以上に十分に慎重に考えていこうと思います。

    実験装置がどのような原理なのかを考えないで見たまま、見えたままを信じるわけにはいきません。 天才たちのことばもどこでどのような状況で語られたのか、どこにどのような文脈(コンテキスト)で書かれたものなのか一度当たってみる必要があります。

    【単純に信じているわけではありませんが、音の秘密と魅力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    splashing-275950_640



    私の場合の耳鳴りの音を探っていますが、この音よりは高いですね。友達のトマティス理論の今井宏美さんは加齢で聞こえなくなっている高周波(8000Hz以上)を補おうとするのが耳鳴りの原因と言っています。理論的にはわかりやすいのですが、実際には架空の音とはいえ聞こえているわけですから、耳鳴りの音はもっと低い音のはずです。

    この動画をどうぞ。私は8000Hzしか聞こえません。



    とするともっともっと低い音が耳鳴りとして聞こえていることになります。

    年取った人には聞こえない高周波を出してたコンビニにむろした若者を追い出そうというのを聞きましたが、その後どうなったでしょう。効果があったとしても、ある意味の暴力になりかねないですよね。モスキートサウンドといったと思います。

    年取ると聞こえない音がある、そのことが何を意味し、どんな影響が社会にあるかというのは考察に値することですね。

    【Pure 432Hz サウンドを聞きながら考える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    music-225064_640

    音波でガン細胞を血中から安全に分離する新技術が登場 - GIGAZINE
    ガンを発症した組織や転移した組織から遊離し、血中へ浸潤したガン細胞を「血中循環腫瘍細胞(CTC)」と呼びます。このCTCを傷つけることなく安全に血中から分離するために、今までには存在しなかった新しい方法が発明されました。
    これはすごい発見ですね。

    よく理論的なことはわかりませんが、何かありそうです。

    [関連記事]
    ラ音432Hzを巡る探索 - 音を巡る探究 : 発見の日々 ライブドア本館

    432Hzを標準ラ音にすべき理由。今は440Hz。 : 発見の日々 ライブドア本館

    [PR]
    ★日本発!1/4世紀を経て誕生した発明品【ヘルスドクターの使命】“ただ座るだけ”で真・健康生活を実現!『女性力を活かす』~介護の要らない社会の実現に向けて~│ヘルスドクター体験者数1万人突破!来年欧米世界発明展出展予定

    ▷▷ http://goo.gl/DsUTqv Healthdoctor_440


    【やはり音は侮れない-がん細胞を血中から分離】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    このことの意味がだんだんとわかってきました。

    身体との共鳴ということでしょう。

    身体は細胞レベルまで含めて432Hzに共鳴できるようにできている。8Hzのずれがどこかで大きな不協和音を呼んでいる。それがストレスとして無意識下で感じている。そういうことでしょうか。

    それを少し調べなくはいけませんね。
    【ラ音432Hzを巡る探索 - 音を巡る探究】の続きを読む

    このページのトップヘ