発見の日々 ライブドア本館

毎日、世界のどこかですごい発明や発見がなされています。ニュースの中に埋もれた発見にスポットを当ててブログ記事にしていきます。

    2014年10年を経てブログはFC2ブログに引越しました。キュレーションブログを作るのにFC2の仕様の方が使いやすかったからです。をコンテンツもすべて移動しました。
    発見の日々【新装版】
    【近況】coconalaの掲げるミッションに共感を覚えソーシャルな広報支援にチャレンジ中!それで合わせてパーソナルブランディングを試みています。 http://coconala.com/

    My Service

    https://coconala.com/users/82603



    ◆こんなサイトも作っています↓↓

    管理ページ
    Myプロフィール
    楽天MyRoom

    カテゴリ: 教育問題

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    tokyoika


    東京医大の認定取り消し “教育機関として不適格” | NHKニュース
    全国の医学部のある大学は民間の大学評価機関「日本医学教育評価機構」から教育内容やガバナンスなど9つの観点で評価をうけ、国際水準を満たしていれば認定を受けられることになっています。 関係者によりますと、22日に開かれた機構の理事会で、一連の不正入試が明らかになった東京医科大学に対して、「教育機関として不適格だ」として認定を取り消す決定をしたということです。

    この認定制度は去年始まり、機構には全国80の医学部のある大学が会員となっていますが、認定が取り消されたのは東京医科大学が初めてです。 これにより東京医科大学の学生や卒業生はアメリカで医師免許が取得できなくなる可能性があるということです。


    これは不正入試とその後の対応が問題になっているわけです。特に下のことはこの後も尾を引きそうな事態です。やはり医学部の世界ではどこ大学の卒業生かが物を言う世界ですから東京医科大学ブランドは欲しいでしょう。以下の記事を参照ください。

    [PR]




    東京医科大学 追加合格の対象者らに説明会 | NHKニュース
    不正入試が明らかになった東京医科大学で、16日、追加合格の対象者らに説明会が開かれました。この中では、対象者全員は入学できないとする大学側の説明に納得できないとする意見が相次いだということです。

    東京医0科大学は、今月、不正入試により、不合格とされた受験生合わせて101人を追加合格の対象とすることを明らかにしました。

    16日、都内で当時の受験生や保護者らに対して非公開で説明会が開かれ、冒頭に林学長らが一連の問題を謝罪したあと、追加合格の上限が63人であることなどが説明されたということです。


    【PR】

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    science








    後段のことではないでしょう。

    文部科学大臣として問われていることは研究の現場では科研費が足りず、日本の大学ではまともな研究ができないということ。
    何を逃げているのだろう?
    大臣の資質を疑う。
    もっともこれは安倍さんと同じテクニックなのかな。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    第6回GKB教育カンファレンスを開催します。 | 株式会社 シンクアップ https://mycrowdworks.amebaownd.com/posts/4721073
    gkbconference


    第6回GKB教育カンファレンスを『教育改革と動き始めた教育の現場』をテーマに開催します。
    8月24日(金)10:30-17:00
    明治大学紫紺館

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ネオジム磁石の開発者佐川さんの子どもたちへの講演のことを以下のブログ記事で取り上げました。
    http://blog.livedoor.jp/blackcoffee1…/archives/52255056.html


    起業した仕事の関連で子どもたちの「実験(自由研究)と統計教育」のことをいま考えています。
    日本はここがダメなのですよ。

    実験は試行錯誤
    きれいな実験データなんて得られません。
    だからきれいなデータに改ざんする。
    この点で小保方さんを散々叩いた京都大学でも東京大学でも論文の事件データ改ざんが問題になりました。

    そして
    これが子どもの自由研究でも横行しています。

    うまく結論に持っていくためにきれいなデータに書き換えてしまうのです。

    現実の世界は数学じゃないんだからきれいな結果なんて出るものではありません。

    だからデータの取り方を教え統計処理を教えることが必要なのです。

    これは机上ではなかなか教えられません。

    だから夏休みこそいいチャンスと考えています。

    いま話題の教育改革(未来の教室やEdTech)の中で教育方法ばかりに目が行きがちですが、問題は教育の中身です。

    統計教育に真剣に取り組まなければ、日本の周回遅れは取り戻せません。

    このことはこれから少しずつ書いていきます。

    そして

    ついにベイズ総合研究所ができました。
    株式会社です。社長は松原望東大名誉教授です。

    協力会社として株式会社シンクアップともどもよろしくお願いします。

    松原望 ― 総合案内サイト
    http://www.qmss.jp/portal/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    文科省汚職、別の元役員立件検討 コンサル接待に関与疑い
    収賄容疑で文部科学省の前国際統括官が逮捕された事件に絡み、元コンサルタント会社役員谷口浩司容疑者(47)=贈賄容疑で再逮捕=による文科省幹部への接待に関与した疑いがあるとして、東京地検特捜部が同じコンサル会社の別の元役員の立件を検討していることが1日、関係者への取材で分かった。元役員は海外に滞在しているとみられる。


    これは元コンサルタント会社役員が司法取引でもしたのだろうか。
    どんどんでてくるなあ。
    (文部科学省関連の昨日の記事
    まだまだでるのでしょうね。
    特捜部には何か狙っている本丸があるのでしょうね。
    果たして何が飛び出すか。
    これこそ
    鬼が出るか蛇が出るか
    という感じです。
    政権の思惑か司法の正義か
    はたまた
    別な筋か
    庶民にはわかりません。
    メディアをみても真相などどこにも書いてありませんので
    巷間のうわさ話に耳を澄ませてみましょうか。
    あるいはネットの隅に真実が転がっているかもしれません。
    totani

    戸谷事務次官の名前もあがってますね。
    キャラ的にはおもしろい人にみえるが、すぐ消える人にも見える。

    こんなこともありました。
    (よくまとまってますよ、見返すと真相がわかることもあります)
    文部科学省の天下り問題:朝日新聞デジタル

    【PR】
    0歳からの資産運用 | 及川雄樹 | Kindle本 | Kindleストア | Amazon
    finance

    https://amzn.to/2KAF81D

    このページのトップヘ