発見の日々 ライブドア本館

毎日、世界のどこかですごい発明や発見がなされています。ニュースの中に埋もれた発見にスポットを当ててブログ記事にしていきます。

    2014年10年を経てブログはFC2ブログに引越しました。キュレーションブログを作るのにFC2の仕様の方が使いやすかったからです。をコンテンツもすべて移動しました。
    発見の日々【新装版】
    【近況】coconalaの掲げるミッションに共感を覚えソーシャルな広報支援にチャレンジ中!それで合わせてパーソナルブランディングを試みています。 http://coconala.com/

    My Service

    https://coconala.com/users/82603



    ◆こんなサイトも作っています↓↓

    管理ページ
    Myプロフィール
    楽天MyRoom

    カテゴリ: 起業

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    D-2cuiqUwAAQmEa

    (クリックすると拡大できます。)




    フォローしている柴秀雄さんのtwitterで見たイラストです。

    本人画だそうです。

    わかりやすく会社の法務について描いてあります。


    起業の方、これから起業を考えている方にはぜひ見てもらいたいイラストです。


    このような解説イラストをこれからも是非お願いしたい。


    私のクライアントにはスタートアップ企業が多いので教えてあげようと思います。


    事業の拡大はもちろん大事なのですが、ナビゲーターとブレーキ役は必ず必要です。


    行政書士柴秀雄事務所







    [Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    前職の学校事務職(広報を20年間担当しました)をやめて1年半。
    株式会社シンク アップを共同創業して1年。
    その間慌ただしく過ごしてきました。

    それでも一年が過ぎましたので、あるブログを再開させました。お散歩カメラというのんびりしたタイトルのブログです。

    [お散歩カメラと一緒 -第二章 起業編]


    cup1200


    さて

     どうしても一年目は明確にサービスが決まっておらず仕事に結び付けるのに苦労しました。
    果たして何ができるのだろうかと不安に襲われることもありました。
    それでも一冊の本を出版し、えいご村キャンプ2018・第六回教育カンファレンスと大きなイベントを二つやり、セミナー、勉強会を5回やりました。
    また大学も多く歩きましたし、学校広報ならびに教育改革のキーマンに多数あいました。
    その中から企画提案ができるようになり、また相談を持ち掛けられるようにもなりました。
    したがって成果はあったのですが、経営的には厳しいというのが現状です。

     その中でも私たちの起業のきっかけでもある21世紀の統計教育・理数教育を行う小さな学校を作りたいとことが少し前進したことは特記しておくべきことです。

     統計教育に関しては私がビジネスグローバル学会で社長の栗原さんが伝統のある日本計量行動学会で学会発表をしました。私は新学習指導要領に示された統計教育の中身が世界の潮流に遅れていることを示しました。(発表タイトルは『新学習指導要領に見るAI人材育成方針と課題 日本とアメリカの統計教育の比較』)社長は弊社顧問である松原望東京大学名誉教授(統計学)の指導の下で「大学偏差値」について歴史と問題点を発表しました。(発表タイトルは『大学受験情報の品質保証』)

     具体的には都内の2大学にAIオンライン教育のカリキュラムの提案ができました。

    また大学設立の話も出てきています。(これはまだ海のものとも山のものともつきませんが、よく一年でここまで来たなあという感じで希望をもっています。会う人ごとに夢を諦めてはだめだという親身の励ましや助言もいただきました。)

    来年に続く

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【経済インサイド】米国のベンチャーキャピタルが続々上陸 起業家はぐくむ「土壌」つくれるか (3/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)
    「起業文化がいったん浸透したらどこの国にも負けない。副業が本業に発展する動きが活発化し、大企業や産学連携から起業家を輩出すれば“一匹おおかみ”といったイメージが健全化する。『私にもできるのでは』といった空気を醸成できるし、風土はだいぶ変わってくる」


    昨年暮れに起業したので資金繰りについてはやはり苦労している。
    いくつかのプロジェクトを走らせているが、本格的に受注できるまでは苦しい。

    だから資金を調達しようと思うが、さてどこから。

    事業計画書をいくつかかかないといけないかな。

    経過報告はまた書くことにする。

    ベンチャー・カフェ東京の代表理事は、起業家教育で有名な米バブソン大の山川恭弘准教授。山川氏は「CICの周辺ではバイオテクノロジーやロボティクス(ロボット工学)といった領域の起業家が集まって、クラスター(企業群)を設計する。そこがマグネット(磁石)になり、さらにいろいろな企業が集まってくるので、東京では高齢化に伴うテクノロジーなど、東京ならではのクラスターを探す」と説明する。  
    日本はかつて、“ベンチャー不毛の地”と揶揄(やゆ)され、現在も人口に対する起業家の比率は、欧米や中国などに比べて低い。大学を卒業すると大企業への就職を迷わずに選ぶケースが圧倒的に多いからだ。  
    政府の成長戦略ではベンチャー支援の強化を重点課題として掲げており、日本固有の起業風土を変えていく必要がある。それには、海外で数多くの実績を残してきたプラグやCICなど「黒船による外圧」も有効な手立てとなる。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    5
    働く環境は人それぞれ。
    これまでは「同質」であるべきだとされていた働く環境は、今後、時間的・環境的成約下にある異質性の高い個人を互いに認め合い、それぞれが相互補完的な役割を担って働く環境にシフトします。
    そうして働く人一人一人の持ち味をいかした働き方や職場環境を、企業・個人が一体となって創り出す時代。そんな時代の中でキーとなるのが「副業」です。

    「プロの副業」が考える副業は、従来のちょっとしたお小遣い稼ぎ感覚の副業ではなく、あくまでプロフェッショナルスキルを持った人材が、複数の会社やプロジェクトに参画し、市場からの評価と経験に磨きをかけ、結果的に所得に反映されるという就業モデルを指します。
    その為、このサイクルは副業を行えば行うほどより早く循環し、自身のスキルを磨く事ができます。

    プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」
    https://profuku.com/
    fukugyo



    すでに副業の時代がきています。気がつけば好む好まざるにかかわらず副業の時代です。
    複業とも表現するようです。
    2017年に急に言われ始めた「働き方改革」
    これも考えてみると現実的なところは副業のすすめであったりします。ぼさぼさうっかりしていると置いていかれかねない時代が来ています。
    真剣に考えてみませんか?

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    昨年12月に設立したばかりの株式会社シンクアップ(社長  栗原 直以)は広報の会社です。私はco- founder(共同経営者)として働いています。

    英語表記はThinkUpです。考え抜くという意味を込めています。

    10年後の世界から今を見て動く『SMART広報』(造語)を提唱しています。

    smartとは文字通り「賢い」ということですが、その他にもSocial Media+Science+Mathmatics+Art+Technology の意味を含ませています。
    アメリカで始まっているSTEM教育(注1)のSTEMとの違いはEngineeringがArtに変わっていることです。(個人的にはTechnologyとEngineeringは近いと思っています)

    強いていうとDesigningを含めた造語にしたかったのですが、考えつきませんでした。

    広報の一要素にビジュアルデザインとコピーライティングが含まれますので、そちらにDesigningは含めることにしました。

    ちなみに広報のプロセスはConcept+Copywriting+Visual Designing+Communication (Channel) によって構成されます。

    以上のことからわかるように私たちの会社のサービスは未来を強く意識したものとなっています。

    そしてマスメディアではBad News が多い中、私たちは「Good Newsを伝える」ことを会社の『ミッション』としています。

    Good Newsとは聖書で言う「良き報せ=福音」です。※注2

    Good Newsには未来の希望があります。「未だ来ていない良き訪れ」といったことです。

    そこからはビジョンとして強く、私たちが希望をつないでいく「子どもたち」が姿を現します。

    以下が我が社の『CREDO クレド』です。

    たとえ今は実現していなくても未来には解決されていく「平和」で「貧困が解消」され「健康」で「安全」な「豊かな社会」が来ると信じます。それを実現するために私たちは子どもたちに希望を置き(託し)、私たち責任を持って時間を繋いでいきます。

    そして、そういうことからドメイン(事業領域)「教育」に置いていきます。

    -----------------

    さて今日はそういうこともあり、久しぶりにオンラインのQ&AシステムOKWEBにアクセスしてみました。
    だいぶ昔にOKwebと表記していた時代にQ&Aシステムをクライアントとして使っていましたが、
    もう一度このサービスに戻ってみようと思ったからです。

    似たサービスにOKWEBから見ると後発のYahoo!知恵袋がありますが、それには少々嫌気が指しています。
    このようなプラットフォームが荒れるのは仕方ないとして、ちゃんと削除依頼などを受けてくれればいいのですが、Yahoo!知恵袋は放置です。
    間違った情報を書き込まれた広報担当者とすれば頭の痛い問題です。

    それで老舗のOKWEBに戻って今年はQ&Aシステムを考えてみようと思った次第です。

    WEBにQ&Aシステムを組み込もうと思い、FAQを充実させたことがありました。その時に使ったのがOKWEBのサービスでした。
    今ならAIの組み込みになりますね。
    そのあたりもOKWEBの対応を調べてみようと思います。
    兼元 謙任さんとは前に友だち申請してFB友になっています。
    最近の活躍も調べてみます。

    なにかヒントが隠されていると思っています。


    ※注1 STEM教育とは、科学・数学・技術領域に重点をおく注目される教育方針
    https://education-career.jp/magazine/data-report/2016/stem
    ※注2 GOSPELも同義です。ダニエル書の神(God)の指から壁に書かれた文字(Spell)

    このページのトップヘ