フリーランスになって半年

いろいろと形を整えるのにやはり半年かかった。

ここにきてようやく事務所は事務所らしくなったし、 仕事も構想段階と違って具体的に見えてきた。

はじめはいきなりの退職で焦りもあった。

何でもやる
から
何をやり、何をやらないか

落ち着いて考えられるようになってもきた。

幸い世の中が長い停滞感から少し動きはじめている時期の退職、独立だったのでいろいろな案件がころがっていた。

しかしこの歳で自分がやれることは徹夜もできた若い時とは違う。

若いときは一から十まで自分で考え行動していた。

30年前「発想をカタチにする」というキャッチーコピーで企画事務所を経営していた。従業員もいたが、基本は自分で仕切っていたし、ソフトウエア開発も自らがプログラムを組んでいた。

その後20年間はサラリーマンをやり、今回再び、個人ベースの仕事に戻った。今回は仕事のパートナーと二人でのスタートになったが、考えた上で2つの組織を作り、私はNPOの理事長、相方は株式会社の代表取締役とした。事務所も別々に二つ持った。

そのうえで仕事は相補い合い、いくつかのプロジェクトをこなし始めた。

ビジョンは3段階。1.足元を固める日銭が入るビジネス。2.人をつないでコミッションをいただくビジネス 3.大きなプロジェクトを売り込むビジネス 最終的なビジョンも固めてある。

【さて12月いろいろとデザインが忙しい年の瀬でもある】の続きを読む