発見の日々 ライブドア本館

毎日、世界のどこかですごい発明や発見がなされています。ニュースの中に埋もれた発見にスポットを当ててブログ記事にしていきます。

    2014年10年を経てブログはFC2ブログに引越しました。キュレーションブログを作るのにFC2の仕様の方が使いやすかったからです。をコンテンツもすべて移動しました。
    発見の日々【FC2分室】
    (*注 これは完全に失敗でした。キーワードによる自動キュレーションはプログラム技術が足りなくて無理でした。パーソナルレベルでのAI技術の進化に期待します。)
    それでもここを残しているのは新しいことを考えているからです。(*残して正解でした。なんとライブドアブログにおいてPro仕様が無料化されたからです。)

    【近況】coconalaの掲げるミッションに共感を覚えソーシャルな広報支援にチャレンジ中!それで合わせてパーソナルブランディングを試みています。 http://coconala.com/

    My Service

    https://coconala.com/users/82603

    ◆毎日、知的好奇心を刺激する面白いニュースが満載!
    日刊・根気と好奇心

    ◆こんなサイトも作っています↓↓
    対話イベントガイド:ゆるやかな会話の中で大切なことを語ろう!


    管理ページ

    【私のパーソナルブランディングサイト及びHPサイト】

    FBページ:アイデアをカタチにする仕事 森田達也
    mixiページ:森田達也
    森田達也の livedoor プロフィール
    森田達也の楽天プロフィール
    楽天MyRoom

    タグ:ソーシャルメディア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ソーシャルメディアを使った広報を行うことを生業の一つに選んだ私はいまソーシャルメディアの一つひとつの活用法を学びなおしています。

    twittetop
    いままでそういう時間がとれぬまま使ってきましたので、このことは新鮮で楽しい時間です。

    このブログではtwitterの活用について学んだことを記事にしていきます。

    Twitter RTされるコツ!どんなツイートがされやすい? - | twitter使い方徹底ガイド
    http://twitter-lib.jp/2014/06/13/821

    なんといってもtwitterはリツイ(Retweet)です。tweetとしただけでは、そのアカウントのフォロワーにしか届きません。しかもそのフォロワーがtwitterを使っている時しかtweetは流れません(表示された回数をインプレッション数といいます)のでフォロワー数が多くても実はそんなに拡散できていません。

    【フリーランス1年生 商売道具のtwitterを磨く その1】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    マストドンも結局盛り上がらず

    原因はいろいろあると思うけど、何だか個人の一人ひとりが忙しくなっている印象があります。やっている余裕がますますないのです。働き方改革が叫ばれる背景がやはりあるのでしょう。仕事に追われて心にゆとりがない、情報収集もせわしなくスマホをいつもいじっているという状態です。

    そんな中とても意欲的なサービスが立ち上がっています。
    最初に述べたように今の時期にユーザーを増やすのは至難の業です。

    しかし私とすればどうしても定着してほしいサービスです。

    ☆彡°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
    適度にゆるくて心地よいみんなで育てる新しい #SNS
    【出会いとチャットで自己実現を目指すSNS】
    http://nmmaximum.com/infos/top NM


    NMMというSNSです。

    とても関心があったのでネット上でインタビューしてみました。

    以下Q&A方式で

    【フリーランス1年生 NMMというサービスを育てたい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    web

    アクセスが伸びない

    くすぐるような記事を書いているつもりでもアクセスがちっとも伸びません。

    アクセスは検索エンジンからではなく、Livedoorのポータルでの更新通知やその他ソーシャルメディアを使った拡散からです。もしレンタルサーバーでWORDPRESSでの運用だったら絶望しているレベルです。

    私のブログ道は「一記事入魂」なのですが、これが昔のようには効かなくなっています。

    そのうえでGoogleの話題とかを書くとぐんとアクセスが伸びたのですが、最近は効きません。

    【このブログは過去にどこかでgoogle先生の地雷を踏んでいるのだろうか、アクセスが伸びません】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    tv

    http://toyokeizai.net/articles/-/170133

    「CM炎上取り下げ」多発のワケと過剰反応の罠
    今度は、三ツ矢サイダーのCM取り下げだ。学校の屋上でトランペットを吹く女子の背後から友達が駆け寄って軽く接触する。4月15日からアサヒ飲料が放映していた「僕らの爽快編」。その情景描写に対して「金属の歌口がぶつかって唇をケガし、演奏できなくなるおそれがある」と指摘したトランペット奏者のツイートが拡散され、「危険だ」「私も歯を折った」と非難が続出。アサヒ飲料は同18日、お詫びとともにCM取り下げを決定した。

    ソーシャルメディアの現時点はここ。

    広告業界とユーザーの間で何かが起こっているわけです。

    2017年の今

    大きな次の変化が

    WEBに起こっています。


    2008年に『グランズウェル-ソーシャルテクノロジーによる企業戦略』
    http://amzn.to/2pDp7ek
    という本が出てその後のソーシャルメディア広報戦略の道をつけました。いまさらに読むべき本です。グランズウェルとは「大きなうねり」という意味です。

    このうねりの最初の事件はDigで起こったDVDのプロテクトコードをユーザーが暴露したことからだそうです。(これが2007年5月1日、ちょうど10年前です)

    当然このプロテクトを施した団体(ソニー、マイクロソフト、パナソニックなどの企業がバック)と激しき対立しますが、結果はユーザー側の勝利。一度暴露された解除コードはDigからは消えてもネット上から消えなかったのです。

    Digは騒動に巻き込まれながら最終的にユーザー側に立ち、映画業界との対立を生んだもののユーザーの圧倒的な支持を得たのです。

    オンラインの団結がオフラインに勝ったと『グランズウェル』(著者が二人いるのであえて書名)はいいます。


    今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

    【ソーシャルメディアの現時点はここ - TVCMに噛みつくユーザー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    5
    social-media-407426_640
    ブログとともに歩いて来た11年

    考えてみたらかれこれ10年以上もブログを続けているが、事あるごとに実験と称してブログを台無しにしてきた。

    いや、ブログサービスに翻弄されてきた、が正しい。

    始まりはまだブログが日本に入って来たばかりの2004年。

    株式会社ドリコムのMyプロフィールというブログとテキスト日記サービスとの中間のようなサービスでスタート。

    途中、ライブドアに事業譲渡されてしまったので、ライブドアブログに引越し。

    その間、

    週刊SPAにサラリーマンブログとして紹介されたり、

    DIMEのコーヒーキャンペーン(確かマックカフェのスタート時)で取り上げてもらったり、

    秋田の連続児童殺害事件(畠山鈴香事件)をしつこく追いかけて一日2万アクセスを稼いだり、

    なぜか窪塚洋介君がマンションから飛んだ事件の前に彼のブログに私のブログへの言及があったこおからアクセスが殺到し、しばらく閉鎖されたファンクラブの代行のような状態になったり、


    それなりにいろいろな事件があった。

    キュレーションの取り組みでつまずく

    マネタイズ、アフィリエイト、副業という言葉に惑わされて膨大な時間をそのために費やしてきたが、それは私には無理とわかるまでだいぶ無駄をした。徒労感は半端ない。

    またキュレーションがトレンドだと思い、手動まとめサイトではなく、キーワードを設定してRSS受信することを実験するためにライブドアブログよりもFC2の方が使いやすかったので、引っ越しを断行。

    ところがそれが裏目に出て、鳴かず飛ばずの状態。

    『発見の日々 本館』としてライブドアブログを残し『発見の日々 FC2別館』として「発見」をキーワードに情報を発信しているが、虻蜂取らずで、ともに力が入っていない状態。

    その間に作ってきたサイトなども多数が放置状態で残っている。

    セルフブランディングを決断

    まあ長くネットで生きてきたので、時間をかけてしっかりと記事を書けばそれなりにアクセスを取ることはできる。

    そう思い続けていてもラチは開かない。

    そこで、なんとかこの夏にパワーブログに返り咲くために、アイデアと情熱を注ごうと決断した。

    そしてその決意を形にするためにサラリーマンとしての懸案である顔出し、名前出しも踏み出し事にした。

    妥協したのは本名ではなくペンネームによるブランディング。

    昔、『ゲイリーの稼ぎ方』とか鉄道ジャーナリスト・中島茂雄さんの本を読んでセルフ・ブランディングをやってみたいなと思ってきたが、踏みきれずにいたが、ようやく動き出した。たぶんその本を読んで5年位は経っている。

    『ゲイリーの稼ぎ方』1,2章をpdfで読めます。

    http://iwamototakahisa.com/CI_Chapt1_2.pdf



    動き出すためにはやはり情熱というかエネルギーが必要で、夏休みにスタートすることにした。

    なんとか、『森田達也-アイデアをカタチにする仕事人』というブランドをセルモーターのないクラシックカーのように手動でエンジンを回しはじめた。ブルブルとホコリを払いながら動き出す感じが、地味ながら心地がよいと感じている。

    ポンコツ車だからエンジンが快調に動くまでには、少し時間がかかりそうだ。

    時代に合わせていくにはやってみなければわからない、いろいろな細かな調整というものがある。

    ペンネームでの仕事が舞い込むようになるまでにはしばらく時間がかかりそう。

    当面の目標を定める

    それでも目標が出来たのでなかなか充実はしている。

    宣言したからにはやり抜かなければならないという気負いもあり、緊張もある。

    これまで野放図に広がっていたネットでの活動が目標に向かって集約されつつある観がある。

    実はソーシャルメディアを使った広報ということをペンネームを使って実践しながら、徐々にそのノウハウや考え方を伝えることをやっていきたいと考えているのだ。

    本名だとどうしても組織を背景に仕事することになるので、動きずらい。

    名も無き一個人が、ネットに信用を作りあげる

    というのが私の考えるセルフブランディングなのだ。

    そういうわけで、もう一度ブログ『発見の日々』を起点に出発を果たそうと動き出したわけだ。

    リアルの友だちにもSNS上の友だちにも応援をお願いしたい。

    【セルフブランディングとブログの改造のことを考えてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ