発見の日々 ライブドア本館

毎日、世界のどこかですごい発明や発見がなされています。ニュースの中に埋もれた発見にスポットを当ててブログ記事にしていきます。

    2014年10年を経てブログはFC2ブログに引越しました。キュレーションブログを作るのにFC2の仕様の方が使いやすかったからです。をコンテンツもすべて移動しました。
    発見の日々【FC2分室】
    (*注 これは完全に失敗でした。キーワードによる自動キュレーションはプログラム技術が足りなくて無理でした。パーソナルレベルでのAI技術の進化に期待します。)
    それでもここを残しているのは新しいことを考えているからです。(*残して正解でした。なんとライブドアブログにおいてPro仕様が無料化されたからです。)

    【近況】coconalaの掲げるミッションに共感を覚えソーシャルな広報支援にチャレンジ中!それで合わせてパーソナルブランディングを試みています。 http://coconala.com/

    My Service

    https://coconala.com/users/82603

    ◆毎日、知的好奇心を刺激する面白いニュースが満載!
    日刊・根気と好奇心

    ◆こんなサイトも作っています↓↓
    対話イベントガイド:ゆるやかな会話の中で大切なことを語ろう!


    管理ページ

    【私のパーソナルブランディングサイト及びHPサイト】

    FBページ:アイデアをカタチにする仕事 森田達也
    mixiページ:森田達也
    森田達也の livedoor プロフィール
    森田達也の楽天プロフィール
    楽天MyRoom

    タグ:ブログ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    web

    アクセスが伸びない

    くすぐるような記事を書いているつもりでもアクセスがちっとも伸びません。

    アクセスは検索エンジンからではなく、Livedoorのポータルでの更新通知やその他ソーシャルメディアを使った拡散からです。もしレンタルサーバーでWORDPRESSでの運用だったら絶望しているレベルです。

    私のブログ道は「一記事入魂」なのですが、これが昔のようには効かなくなっています。

    そのうえでGoogleの話題とかを書くとぐんとアクセスが伸びたのですが、最近は効きません。

    【このブログは過去にどこかでgoogle先生の地雷を踏んでいるのだろうか、アクセスが伸びません】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    tv

    http://toyokeizai.net/articles/-/170133

    「CM炎上取り下げ」多発のワケと過剰反応の罠
    今度は、三ツ矢サイダーのCM取り下げだ。学校の屋上でトランペットを吹く女子の背後から友達が駆け寄って軽く接触する。4月15日からアサヒ飲料が放映していた「僕らの爽快編」。その情景描写に対して「金属の歌口がぶつかって唇をケガし、演奏できなくなるおそれがある」と指摘したトランペット奏者のツイートが拡散され、「危険だ」「私も歯を折った」と非難が続出。アサヒ飲料は同18日、お詫びとともにCM取り下げを決定した。

    ソーシャルメディアの現時点はここ。

    広告業界とユーザーの間で何かが起こっているわけです。

    2017年の今

    大きな次の変化が

    WEBに起こっています。


    2008年に『グランズウェル-ソーシャルテクノロジーによる企業戦略』
    http://amzn.to/2pDp7ek
    という本が出てその後のソーシャルメディア広報戦略の道をつけました。いまさらに読むべき本です。グランズウェルとは「大きなうねり」という意味です。

    このうねりの最初の事件はDigで起こったDVDのプロテクトコードをユーザーが暴露したことからだそうです。(これが2007年5月1日、ちょうど10年前です)

    当然このプロテクトを施した団体(ソニー、マイクロソフト、パナソニックなどの企業がバック)と激しき対立しますが、結果はユーザー側の勝利。一度暴露された解除コードはDigからは消えてもネット上から消えなかったのです。

    Digは騒動に巻き込まれながら最終的にユーザー側に立ち、映画業界との対立を生んだもののユーザーの圧倒的な支持を得たのです。

    オンラインの団結がオフラインに勝ったと『グランズウェル』(著者が二人いるのであえて書名)はいいます。


    今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

    【ソーシャルメディアの現時点はここ - TVCMに噛みつくユーザー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    564755

    第二回目は私自身も最近悩まされている「足がつる」現象についてのサイトを紹介します。
    タイトル 足がつる原因(理由)・予防・対処法
    副題 足がつる、こむら返りの原因(理由)と予防や治し方、対処法をまとめてみました。

    このサイトは足がつるということの原因と対処法を徹底して調べた素晴らしいサイトです。
    申し分のないコンテンツだと思います。このサイトに行きついた方は「ご自分の足がつる原因を知ることができ対処法も予防法もある程度わかり」また考えられる病気についてもアドバイスがあるのでかなり役に立ちます。

    個人でここまで作り上げるのには相当な労力と時間を費やされたと思います。ご自身やご家族・周りの方に足がつる症状で苦しんでおられる方がいたのかもしれません。聞いてみたいところです。

    【【がんばれ!個人ブログ】第二回 『足がつる原因(理由)・予防・対処法』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    pinterest-00
    昨晩思いついたPinterestを使ったアクセスアップ法をさっそく朝から実践し 先ほどボードが出来上がりました。

    ボード名を日本語にしていたのですが、widgetにする時に日本語ははじかれてしまいましたので英文に変えました。残念です。

    【関連記事】
    アクセスアップに使えるpinterestのこと : 発見の日々 ライブドア本館
    アクセスアップのためのPinterest の使い方を思いつく! : 発見の日々 ライブドア本館

    作ったのは
    【本日は日曜日、イースターです、アクセスアップも期待してます】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ソーシャルで拡散していくためには
    まずは
    タイトルの工夫かな。

    と考え始めたら思考が止まらない。今時点のソーシャルメディアを考えてみます。(最初の公開 2015/02/06)

    ソーシャルメディアを考える


    一応いつもこんなことを考えています。

    アクセスアップのために
    1.内部リンクは張りましたか?
    2.外部リンクは張りましたか?
    3.キーワードは入れましたか?
    4.タイトルは魅力的ですか?
    5.画像は入れましたか?
    6.twitterで拡散しましたか?
    7.Facebookに通知しましたか?
    8.pingは送りましたか?
    9.マネタイズは考えましたか?
    10.手間を惜しまず一記事入魂!
    11.書きっぱなしではなく後からもどんどん手を入れてpostした記事を育てよう!

    やってないことがいっぱいありますね。

    この記事で随時、実験してみます。

    今はまだ更(さら)の状態です。

    【PR】
    劇場公開スケジュール:楽天ナビ

    --------
    さてこの記事を受けてその後に徐々にやっていることを書いていきます。日々更新します。

    【内部リンク】
    ソーシャルメディアを使ってパーソナル広報をやってみる : 発見の日々 ライブドア本館
    ブログ・サイトの原点回帰をテーマに日曜日を過ごす : 発見の日々 ライブドア本館

    【外部リンク】
    ゆっくりセミリタイヤ式アフィリエイト術
    未来にサバイバルするための武器-情報ポータルサイト構築ガイド
    アイデア・キッチンというコンセプトカフェを作るまで

    【朗報!】
    なんとこの記事をはじめて書いた2月6日はamebaが定めた「ブログの日」でした。なんという偶然でしょう。
    この記事はブログを書いている人にはすごく参考になります。

    サーチナ|2月6日は「ブログの日」、Ameba調査で明らかになった“ブログ回帰”

    調査の目的は、ブログと他ソーシャルメディアの違いを探ることをポイントにした。実際に全体の88%がブログ以外のソーシャルメディア(Twitter、Facebook、mixi、Instagramなど)を並行して利用しており、ブログと他ソーシャルメディアを比べてのメリットや、使い分けなどについての実態が明らかになった。  

    他ソーシャルメディアと比べたブログのメリットについて聞くと、「(テキスト、写真、動画など)投稿内容を簡単にアレンジできる」(58%)、「まわりを気にせず自分のペースで楽しめる」(51%)、「比較的長い文章を投稿できる」(49%)など、投稿ペースも含めて、自分の思うままに続けられる“自由度の高さ”や“気兼ねなさ”に関連した項目に回答が集中した。  

    ブログのメリットについて具体的な意見は、「FacebookやTwitterなども記録としてはいいが、他者が気になりやすく、ブログは匿名性が高いので気にならない」(37歳・女性・自営業)。「フォロワーを意識するソーシャルメディアでは周りの友達には理解してもらえない趣味の話はあまりできないが、ブログでは気にせず素直に書けて気が楽」(31歳・女性・専業主婦)など、ブログの適度な匿名性がもたらす気楽さが魅力という意見が集まった。


    ブログを取り巻く環境には大きな変化がある。アメーバブログで見ると、2013年にはブログの閲覧端末はパソコンが半数以上を占めていたが、2015年1月時点ではスマートフォンが77%、パソコンが23%と逆転。同時に、Twitter、Facebookなどのソーシャルメディア経由のブログ閲覧者も増加傾向にある。2014年と比較すると、ソーシャルメディア経由のブログ閲覧数は約1.7倍となり、Facebook経由は4倍以上と急増している。また、キュレーションメディア、バイラルメディアの普及などによって個人のブログ記事がソーシャルメディア上で話題になる機会が増えたことで、ブログがますます幅広い層に閲覧・利用される可能性がある。  

    スマートフォンの普及によって、日々の生活の中でブログを見るシーンも増え、ブログの閲覧がさらに日常的になっている。今回の調査の結果、「個人発信の情報価値が高まる現代において、一個人が自身の考えを手軽に、かつ、自由に発信できるプラットフォームとして、ブログの需要が今後も継続し、その過程で、独自の進化を遂げる可能性が垣間見える結果になった」としている。


    【2月6日ブログの日:ごりごりに手を入れてアクセスを集めてみます 【実験】】の続きを読む

    このページのトップヘ