発見の日々 ライブドア本館

毎日、世界のどこかですごい発明や発見がなされています。ニュースの中に埋もれた発見にスポットを当ててブログ記事にしていきます。

    2014年10年を経てブログはFC2ブログに引越しました。キュレーションブログを作るのにFC2の仕様の方が使いやすかったからです。をコンテンツもすべて移動しました。
    発見の日々【新装版】

    【近況】coconalaの掲げるミッションに共感を覚えソーシャルな広報支援にチャレンジ中!それで合わせてパーソナルブランディングを試みています。 http://coconala.com/

    My Service

    https://coconala.com/users/82603



    ◆こんなサイトも作っています↓↓

    管理ページ
    Myプロフィール
    楽天MyRoom

    タグ:教育

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1.12年前のANOTOペンを使った教育の試み
    かれこれ12年くらい前にある教育情報会社を通じて入学前準備教育でスウェーデンのANOTOペンというデジタルペンを使って小論文と数学の講義を行っていました。

    通学による入学前準備教育 ( 8 年間の実践と課題)
    https://www.slideshare.net/blackcoffee21/2008-35119640
    ronbunanoto

    その時の報告が私のスライドシェアの6ページに残っています。(肩書は前職のものです。)

    小論文が手書きで書いたものがそのまま画像としてデジタル化されて保存されます。小論文の演習など参加人数が多いと保存しておくのが大変ですが、これだと電子ファイルで保存できます。

    さらにこのANOTOペンのいいところは書き始めから終了まで録画されます。再生すると書いた順に再現されていきます。なので数学の問題を解く過程がそのまま記録されます。これを再生するとどこで間違ったか、どこが理解できていないかを解明できます。

    分数の計算や割り算などでつまずいている小学生などを教えるときに有効です。難点は小学生にはペンが若干太いことです。

    この機能を使って教育しようと考えていたのですが、残念ながら業者が撤退してしまいました。最後まで大日本印刷が残っていたのですが、いよいよ撤退のようです。
    https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1189585_1567.html

    実はその当時、スウェーデン大使館であったANOTO社主催のセミナー(ANOTO本社社長も参加していたいました。確かアーノッシュさんと言いました。)で事例発表もしたのですが、算数の件は話さず小論文指導の件だけしか話せなかったのが悔やまれます。うまくプレゼンできていれば研究費を獲得できたかもしれなかっただけに残念です。

    2.夢をあきらめずもう一度算数・数学教育に携わることにしました
    最近になりまた子どもたちの算数・数学の学びのワークショップを企画するようになり、ANOTOペンのことを考え始めています。もちろんデジタルペンはANOTOだけでなく、日本の文具メーカーも手掛けているのですが、「録画」するという機能を持たないので使えません。ソニーのデジタルペーパーならそういうことができるかもしれないと期待していますが、8万円くらいするので気軽に手が出せません。さらに開発キットを手に入れるとすると200万くらいにはなるでしょう。

    それで諦めきれずにANOTO本社のサイトを見てみました。
    そしたら面白いプロジェクトがあるのを見つけました。
    KAITOというようです。
    https://www.anoto.com/solutions/kait/#section-2

    3.再びANOTOサイトへ、そしてKAITプロジェクトの発見
    google翻訳してみました。
    教える方法と学ぶ方法に革命を起こす
    今日の教育では、学生は絶対スコアで単純すぎて評価されます。 学生はさまざまなレベルと速度で学習するため、この方法は時代遅れで、非効率的で不完全であり、学生は挑戦的または過負荷になります。

    教育の変化に対するこの重要なニーズに対処するために、アノトはKAITを導入しました。KAITは、パーソナライズされた学習を可能にし、学習効率を向上させることに焦点を当てた、新しい革新的なAI駆動プラットフォームです。

    私たちの目標は、グローバルな教育を混乱させ、教師と生徒の両方の効率を改善することです。

    ペンもかなり細くなっています。これなら子どもたちでも大丈夫でしょう。
    anotopen

    【デジタルペンのANOTOペンについて】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    tokyoika


    東京医大の認定取り消し “教育機関として不適格” | NHKニュース
    全国の医学部のある大学は民間の大学評価機関「日本医学教育評価機構」から教育内容やガバナンスなど9つの観点で評価をうけ、国際水準を満たしていれば認定を受けられることになっています。 関係者によりますと、22日に開かれた機構の理事会で、一連の不正入試が明らかになった東京医科大学に対して、「教育機関として不適格だ」として認定を取り消す決定をしたということです。

    この認定制度は去年始まり、機構には全国80の医学部のある大学が会員となっていますが、認定が取り消されたのは東京医科大学が初めてです。 これにより東京医科大学の学生や卒業生はアメリカで医師免許が取得できなくなる可能性があるということです。


    これは不正入試とその後の対応が問題になっているわけです。特に下のことはこの後も尾を引きそうな事態です。やはり医学部の世界ではどこ大学の卒業生かが物を言う世界ですから東京医科大学ブランドは欲しいでしょう。以下の記事を参照ください。

    [PR]




    東京医科大学 追加合格の対象者らに説明会 | NHKニュース
    不正入試が明らかになった東京医科大学で、16日、追加合格の対象者らに説明会が開かれました。この中では、対象者全員は入学できないとする大学側の説明に納得できないとする意見が相次いだということです。

    東京医0科大学は、今月、不正入試により、不合格とされた受験生合わせて101人を追加合格の対象とすることを明らかにしました。

    16日、都内で当時の受験生や保護者らに対して非公開で説明会が開かれ、冒頭に林学長らが一連の問題を謝罪したあと、追加合格の上限が63人であることなどが説明されたということです。


    【PR】

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    boy-183306_640


    なぜ、フランスの子供は「ADHD発症率」が圧倒的に低いのか | TABI LABO
    アメリカと比較すると、フランスではADHDになる子供の割合が非常に少ないことがわかっているようです。そして、そこにはいくつかの大きな違いがあるのだとか。 小児精神科のセラピストとして長年にわたり従事するMarilyn Wedge博士は、科学に関する話題を取り扱う「Psychology Today」の記事でその違いについて書いています。そこには医療の考え方や教育の哲学などなど、興味深い要素がたくさんありました。

    アメリカでは、学校へと通う子供たちのうち9%がADHDに悩み、精神科で治療を受けています。一方フランスでは、その割合は0.5%以下。なぜ、こんなにも大幅に低い数字となっているのでしょうか。 生物学的な問題か、 それとも、心の問題か。 驚くかもしれませんが、2つの国に「ADHDは生理学的な神経の病気ですか?」という質問をすると、それぞれ違う答えがかえって来ます。

    アメリカの小児精神科医の認識では、生物学的な原因による、生物学的な症状だと主張します。そのため、治療方法には症状をカバーするために向精神薬であるリタリンやアデロールによる化学療法が行われます。 しかしフランスはというと、その原因は社会的な状況や環境にあると考えられているため、化学療法に頼る前に子供たちの心を圧迫しているであろう精神的原因を捉えることに重きが置かれています。そのため、治療法には心理療法や家族へのカウンセリングが用いられます。


    こんな記事がソーシャルニュースのTABI LABOに出ていました。私の関心事でもあるので気になって調べてみました。

    中国に比べて日本の数字が高いの「正直さ」の問題だという人がいます。隠したがるからだというわけです。

    でもフランスとアメリカの問題は少し違うようです。

    幼児期の育て方とその元になっている考え方、哲学が違うからだというのがこの記事にかかれていることです。 【ちょっと気になる記事:なぜ、フランスの子供は「ADHD発症率」が圧倒的に低いのか | TABI LABO】の続きを読む

    このページのトップヘ