発見の日々 ライブドア本館

毎日、世界のどこかですごい発明や発見がなされています。ニュースの中に埋もれた発見にスポットを当ててブログ記事にしていきます。

    2014年10年を経てブログはFC2ブログに引越しました。キュレーションブログを作るのにFC2の仕様の方が使いやすかったからです。をコンテンツもすべて移動しました。
    発見の日々【FC2分室】
    (*注 これは完全に失敗でした。キーワードによる自動キュレーションはプログラム技術が足りなくて無理でした。パーソナルレベルでのAI技術の進化に期待します。)
    それでもここを残しているのは新しいことを考えているからです。(*残して正解でした。なんとライブドアブログにおいてPro仕様が無料化されたからです。)

    【近況】coconalaの掲げるミッションに共感を覚えソーシャルな広報支援にチャレンジ中!それで合わせてパーソナルブランディングを試みています。 http://coconala.com/

    My Service

    https://coconala.com/users/82603

    ◆毎日、知的好奇心を刺激する面白いニュースが満載!
    日刊・根気と好奇心

    ◆こんなサイトも作っています↓↓
    対話イベントガイド:ゆるやかな会話の中で大切なことを語ろう!


    管理ページ

    【私のパーソナルブランディングサイト及びHPサイト】

    FBページ:アイデアをカタチにする仕事 森田達也
    mixiページ:森田達也
    森田達也の livedoor プロフィール
    森田達也の楽天プロフィール
    楽天MyRoom

    タグ:twitter

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    タイトルどおりのことをフリーランスになったのをきっかけに勉強しなおす企画

    その2回目

    今日はこの記事です。とても丁寧な記事。時間の経過を考慮してあり、何度もブラッシュアップされているので参考にして間違いなさそうです。

    Twitterで確実にリツイートを獲得できる11のコツ

    1)ニュースをツイートする
    2)宣伝に偏りすぎない
    3)自社サイトへのリンクを含める
    4)オーディエンスを理解する
    5)他の人のツイートをリツイートする
    6)拡散希望と伝える
    7)ツイートのタイミングを工夫する
    8)インフルエンサーに向けてツイートする
    9)簡潔なツイートにする
    10)コンテンツにソーシャルメディアの共有ボタンを組み込む
    11)ハッシュタグを使う

    これを参考にリツイされる良いtweetを目指します。

    [関連記事]
    フリーランス1年生 商売道具のtwitterを磨く その1 : 発見の日々 ライブドア本館 http://blog.livedoor.jp/blackcoffee11-blc/archives/twitter01.html

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ソーシャルメディアを使った広報を行うことを生業の一つに選んだ私はいまソーシャルメディアの一つひとつの活用法を学びなおしています。

    twittetop
    いままでそういう時間がとれぬまま使ってきましたので、このことは新鮮で楽しい時間です。

    このブログではtwitterの活用について学んだことを記事にしていきます。

    Twitter RTされるコツ!どんなツイートがされやすい? - | twitter使い方徹底ガイド
    http://twitter-lib.jp/2014/06/13/821

    なんといってもtwitterはリツイ(Retweet)です。tweetとしただけでは、そのアカウントのフォロワーにしか届きません。しかもそのフォロワーがtwitterを使っている時しかtweetは流れません(表示された回数をインプレッション数といいます)のでフォロワー数が多くても実はそんなに拡散できていません。

    【フリーランス1年生 商売道具のtwitterを磨く その1】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    tv

    http://toyokeizai.net/articles/-/170133

    「CM炎上取り下げ」多発のワケと過剰反応の罠
    今度は、三ツ矢サイダーのCM取り下げだ。学校の屋上でトランペットを吹く女子の背後から友達が駆け寄って軽く接触する。4月15日からアサヒ飲料が放映していた「僕らの爽快編」。その情景描写に対して「金属の歌口がぶつかって唇をケガし、演奏できなくなるおそれがある」と指摘したトランペット奏者のツイートが拡散され、「危険だ」「私も歯を折った」と非難が続出。アサヒ飲料は同18日、お詫びとともにCM取り下げを決定した。

    ソーシャルメディアの現時点はここ。

    広告業界とユーザーの間で何かが起こっているわけです。

    2017年の今

    大きな次の変化が

    WEBに起こっています。


    2008年に『グランズウェル-ソーシャルテクノロジーによる企業戦略』
    http://amzn.to/2pDp7ek
    という本が出てその後のソーシャルメディア広報戦略の道をつけました。いまさらに読むべき本です。グランズウェルとは「大きなうねり」という意味です。

    このうねりの最初の事件はDigで起こったDVDのプロテクトコードをユーザーが暴露したことからだそうです。(これが2007年5月1日、ちょうど10年前です)

    当然このプロテクトを施した団体(ソニー、マイクロソフト、パナソニックなどの企業がバック)と激しき対立しますが、結果はユーザー側の勝利。一度暴露された解除コードはDigからは消えてもネット上から消えなかったのです。

    Digは騒動に巻き込まれながら最終的にユーザー側に立ち、映画業界との対立を生んだもののユーザーの圧倒的な支持を得たのです。

    オンラインの団結がオフラインに勝ったと『グランズウェル』(著者が二人いるのであえて書名)はいいます。


    今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

    【ソーシャルメディアの現時点はここ - TVCMに噛みつくユーザー】の続きを読む

    このページのトップヘ