10/15の戦績

昨日水曜はもちろん平日で、日中は仕事。
しかし、業務を早めに切り上げることができたのと、今週末からタイへ2泊3日で遊びに行くことになっているため、そのお小遣い稼ぎという目的でマカオへ行くことにした。

目標は20千HKD(香港ドル)。(1HKD=13.70JPY;2014/10/16現在)
予算はとりあえず5千HKD。無くなったら一回立ち止まって考えよう。

フェリーに揺られること1時間。
通いなれたマカオのフェリーターミナルに到着。
日本側の台風の影響かいつもよりやや揺れが多く、少し到着が遅れたものの、特段の問題はなし。

今回の戦場はWynn Macau。
しょぼい噴水ショーで有名なホテル、カジノだ。

image



















マカオの中では比較的ブラックジャックのテーブル数が多く、
中国人観光客もやや少なめなのでまじめにブラックジャックをやろうとする者にとってはなかなかの環境。

最近全テーブルが禁煙となってしまったのが喫煙者にはつらい。

というわけでWynn Macauに到着。


さすがに平日というだけあって場内は閑散としている。
ルールもわかっていない中国人観光客と肩を並べて打つくらいなら一人の方が良い。

今回の予算が5千HKDと心もとないので、とりあえずMinimum Betが500HKDのテーブルに決めた。
しばらく500のフラットベットで種銭ができたところで通常のベッティング戦略に移る。

簡単に言うと連勝している限りベットを増やしていき、負けたらMinimumに戻すというやり方だ。
この戦略では、連勝すれば大きな勝ちを狙えるが、一勝一敗ではモリモリとロスが増えてしまう。

決して手札が強いわけではなかったが、
ディーラーがシンプルにBUST(カードの合計が22以上となること。)する展開が多かったため、勝負に出た。

手持ちが15千HKDを超えたところで、本日最高BET。
ディーラーの2に対しAが2枚。当然のようにスプリット。
更にAが重なり、最終的に4枚のAが並んだ。
仕上がりはA9、A10、A10、A9、とほぼほぼ完璧な出来。

ディーラーが1枚HIT(カードを引くこと)し、9。最悪だ。
次絵札を引かれると21となり、2敗2分とおもしろくもなんともない結果になってしまう。
しかし実際に引いたカードは5。これで16。
最後はきっちり絵札を引いてBUST。全勝。

ここで手持ちが22千HKD(+17千HKD)。
タバコが吸いたくなったので一旦離席。

これが良くなかった。

一服後、元のテーブルに座り、打ち始めるも、いまいちカードがかみ合わない。
調子の悪いときは12、13から絵札を引く確立が異常に跳ね上がる。
これはブラックジャックあるあるの一つだろう。

途中ストラテジーを知らないおっさんが乱入。
更に場が不安定になってしまったのでテーブルチェンジ。

そこで一進一退を続けるも、ディーラーチェンジで相性の悪い兄ちゃんが登場。

案の定削りに削られ、あっという間に手持ちが5千HKD割れ。

敗北を覚悟したが、2連続のブラックジャックを皮切りに空気が一変。
破竹の連勝で手持ちを20千HKDまで戻す。

ここは勝負と強気のフラットBET。

あれよあれよと手持ちが25千HKD(+20千HKD)。

ちょうど目標額に達したところで、爪を伸ばさず撤退。

カジノ滞在時間約一時間半。

カジノ前でタクシーを待ちながら一服し、Wynnを後にした。


今回の勝因は、悪い流れの時にしっかりBETを抑えたことと、逆に良い流れの時にBETを上げることができたこと。
あとは、序盤のディーラーのBUST率が高かったことも大きい。

短い時間ではあったが、いかなる状況でも熱くならずにBETを管理することの重要さを再認識した。

<収支>
今回 +20,000HKD
通算 +20,000HKD (ブログを始めてからの通算)

ブログ始めました。

はじめまして。

当ブログは香港在住の筆者が、もはやライフワークとなっているカジノでの戦いを記録するために作られたものだ。

損益管理のための備忘録的な意味合いが強いため、読み物としての出来がどうなるかは不明だが、
とりあえずやってみよう、ということで。

香港で住み始めてもうすぐ2年になるが、その間お隣のマカオを訪れた回数は数知れず。
そのほとんどがカジノでギャンブルをするためだ。

カジノというのは本当に恐ろしいところで、
某お金持ちの御曹司がカジノで我々庶民が一生持つことのないであろうお金を溶かしたというのは記憶に新しい。

日本に住んでいたころはパチンコやパチスロでせいぜい数万円の損益を重ねていたが、
ここではそれが一桁、場合によっては二桁変わってしまう。ものの数時間で。

まさに天国と地獄。

これまで数々の天国と地獄を体験したが、当ブログでは基本的にこれからの記録を書いていこうと思っている。

私自身のストラテジーやその他もろもろについても追々語っていきたい。

現在日本ではカジノ法案についての議論が喧しいが、
将来的に多くの日本人が私のようなジャンキーになってしまうことも大いに有り得る為、
そうならない為の反面教師にして頂ければ幸いだ。

最後になるが、当ブログは決してギャンブルを推奨する目的は持たないということを記しておきたい。
ブログランキング
ブログランキング始めました。
ご協力お願いします。


カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

blackjackjunkie

Agoda
楽天
Sponsored Link
Sponsored Link
  • ライブドアブログ