2008年12月06日

iPod touchでもめる2

で、新しいiPod touchは1ヶ月以上手元にやって来ず。
appleの苦情部門(?)に再度電話。
待つこと15分で前回のオペレータに接続。
「申し訳ありません。一週間前に配送していますが・・・。」と。
確かに数日前に不在票があり心当たりはあった。
でも約束より一週間は遅い。不在票は、「iPodを送った」という日時よりさらに一週間が過ぎて投函されていた。
「必ず2週間でお手元に届けます。」との約束だったので、
「そちらが送ったという日程もすでに約束の期限を過ぎているし、不在票が来たのはもっと遅い。」と訴えた。
「送ったあと配送業者で何があったか分からないが遅れたことは申し訳ありません。」と。
でも配送日がすでに約束の期限を過ぎていることを話すと
「申し訳ありません。」の一辺倒。
普通の修理、交換で遅れたのなら渋々納得はするがこれまで紆余曲折を経ておりすでに2ヶ月が経過していたのでさすがに納得できずに「遅れた理由を教えて欲しい、また、さらに遅れた責任をとって欲しい。」といった。
すると「遅れた理由は調査します。何か金品を要求しているのですか?」と・・・・!!!。
「調査結果は必ず電話で教えてください。また、もういい加減面と向かって謝ってください。」と返事。
すると「調査結果はいつ分かるか分からないのでいつ電話できるか分かりません。また、私がそちらに出向くことはできません。」と言ってきた。
どうせ調査する気もないだろうし、電話の向こうから口だけの謝罪にはうんざりしていたので、
「調査するのであれば一週間後に調査経過を教えてください。いい加減な対応をしているようなので責任者を出してください。」と憤慨して訴えたところ、
「私が責任のある者です。」と・・・。
「あなたが何ら責任を負っているとは思えないし、対応がひどい。まあ、それはともかくiPodが遅れた納得いく説明が欲しいので調査経過は必ず一週間後に電話で教えてください。」との訴えに
「・・・。」反応なし。こちらも反応しないでいると3分くらいの沈黙のあと「それでは失礼します。」と突然電話を切った。
その沈黙はなんだったんだ?
おそらくもう二度と電話はかかって来ないと思われます。
新しいiPodが来てソフトウエアアップデートができなかったらまたこっちから電話するんだろうな。
もうクレーマー扱い。
ともかく早く新しいiPod touchを受け取りたいです。


Posted by blacknblog at 05:35│Comments(0)TrackBack(0)今日のブラック | ニュース
この記事へのコメント
 
 
 


この記事へのトラックバックURL