2007年03月23日

ゼロベース思考

 
黒い商品が売れている。

まな板、綿棒、はみがき粉、高級炊飯器など、これまで白が当たり前と考えられていた商品が売れている。

なぜ黒いまな板が売れるのか?


スパイラル黒綿棒



視覚に障害のある方がタマネギなどを切る際に、白いまな板と野菜が同化してしまうため、手元が見えにくく、怪我をする危険がある。この問題を黒いまな板が解決したのだという(日経MJ)。

新製品を開発する際には、前例にとらわれない思考

「ゼロベース思考」が必要となる。

まったくのゼロベースで物事を考えることは困難であるが、上記のように顧客の視点に立った思考を心がけることが、ことがゼロベース思考へつながる。

 



blacknose at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔