[PR] 中学受験 むいみ な 日記:いまさらグリホサートのこと - livedoor Blog(ブログ)

2008年05月20日

いまさらグリホサートのこと

そういえば4月ごろにグリホサートのことを検索してくる人が何人かいたので「なんで?」と思ってたんですが、ああ、飲料に農薬が混入されていた時の話か!(遅!
というわけで致死量ですが、いちおうこちらのページが参考になるかと思います。
http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/archiv/pesticide/herbicide/glyophosate.htm
>台湾の事故及び自殺目的でラウンドアップ(グリホサート41%)を摂取した症例平均で184 ml (範囲85-200 ml)であった。
でもラウンドアップ100mlぐらい入れられたら普通気づくよね。

グリホサートはラウンドアップ(商品名)の有効成分(農薬成分ってことね)で、植物のアミノ酸合成阻害剤なんですが、いちおう人間へは作用しないことになってます。というのも、人間はこのアミノ酸を体内で合成しないで植物から摂取するからなんです。
でもラウンドアップには有効成分以外にも表面活性剤(界面活性剤)のポリオキシエチレンアミン(非イオン系かな?)が入っていて、これの毒性の方がグリホサートより強いことがわかっているそうです。


農薬耐性の遺伝子組換え作物は(モンサント社のものなら)グリホサート耐性遺伝子が組み込んであって※1、アミノ酸が作れるからちゃんと育つし雑草はアミノ酸が作れなくなるから枯れちゃうんですね。

良い子のみんなは理解できたかなー?


※1:実はちょっと具体的にどういう遺伝子が組み込んであるのかは覚えてないのでまた今度詳しく書くようにします。
追記:アミノ酸合成に必要なEPSPSというタンパク質の活性をグリホサートが阻害するそうです。ラウンドアップ耐性のものはEPSPS遺伝子を少しいじってmEPSPSを作るようにしています。このmEPSPSはグリホサートに影響されないためアミノ酸合成が阻害されないということです。



blackrook368 at 11:32│Comments(0)TrackBack(0)雑感 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール