競馬予想ってプラスじゃなきゃ意味無いじゃん☆

出走予定馬や予想オッズを毎週更新! 馬体写真と有力馬の考察記事から的中サインを探す! JRA競馬予想ブログ

【朝日杯フューチュリティステークス2018予想オッズ3連単の穴予想!】


阪神競馬場の芝状態は、
時計のかかる重たい馬場。
内目はまだまだ良好で内目を通る先行馬が止まらない馬場。
内枠先行馬が有利。


人気のファンタジストは3連勝で、
前走は京王杯2歳ステークスを制覇。
しかし、
1200→1200→1400と短距離を使われているように、
本質的にはスプリンター寄り。
今回時計のかかる重たいタフな馬場で外枠からの
先行策はスタミナを使うので△止まり。


ケイデンスコールは、
緒戦で人気のアドマイヤマーズと大接戦の好走。
前走は新潟2歳ステークスを大外を回し差し切り勝ち。
能力があるのは分かっているが、
今回は頓挫明けでブッツケ本番。
追い切り内容は悪くは無いが完調手前か。
アドマイヤマーズとグランアレグリアが、
内枠を通ってロス無く先行出来るのに対して、
こちらはどうしても後方待機で枠も外枠。
やや分が悪そう。


◎アドマイヤマーズ
テンが早い先行馬で内が伸びる馬場で、
良い枠順を引いた。
ダイワメジャー産駒で時計のかかる重たい馬場や
急坂も合う。
スローからの瞬発力勝負よりも、
今回のメンバー構成ならある程度流れそうな展開は
合いそう。
緒戦のケイデンスコールや前走のメイショウショウブが、
後ろから迫って来てからの二の足は素晴らしく、
勝負根性は必見。
馬体も追い切り内容も文句なし。


〇グランアレグリア
2枠2番で揉まれた時がやや心配もあるが、
そこは乗りなれたルメールジョッキーに託したい。
緒戦は先週のG1馬ダノンファンタジーを、
相手に余裕の完勝。
前走のサウジアラビアロイヤルカップは
出遅れたがスピードの違いで向こう正面では
早くも2番手。
直線は軽く追っただけで2着馬に0.6秒差の圧勝。
朝日杯フューチュリティステークスと相性の良い、
出走馬中唯一のディープインパクト産駒。
阪神1600と相性の良い東京1600を2勝。
こちらも馬体と追い切りは文句なし。


△全部。


【3連単】


◎→〇⇔△

〇→◎⇔△


宜しくお願いします。

【阪神ジュベナイルフィリーズ2018の予想オッズ3連単の穴予想!】


阪神競馬場の芝状態は、
時計のかかる重たい馬場。
開幕2週目でまだまだ馬場状態は良好。
圧倒的に内枠先行馬が有利。


シェーングランツの姉は、
阪神ジュベナイルフィリーズ勝ち馬の
ソウルスターリング。
前走のアルテミスステークスでは、
スタート後のダッシュに失敗したが、
差し馬決着で大外をぶん回して届いて差し切り勝ち。
今回も内枠を引いたが前回みたく、
綺麗に大外に上手く出せるかが疑問。
メンバー構成を見ると流れが早くなりそうで、
追走に苦労しそう。


ダノンファンタジー。
前走のファンタジーステークスでは、
鞍上川田将雅ジョッキーが入念に折り合いに専念して、
綺麗に差し切り勝ちの優等生タイプ。
普通に強いと思うが、
今回のメンバーに入ると多少パンチ不足な印象。


◎クロノジェネシス
前走は東京1800のアイビーステークス。
先行して直線はそこから軽く追っただけで、
もう一伸び。
出走馬中唯一の牝馬で使った上り3ハロンは、
なんと32.5秒!
2着に下したコスモカレンドゥラは、
次走の500万下を圧勝。
母父クロフネで今回の阪神芝の重たい馬場に対応可能。
2年前に勝ったソウルスターリングに、
ローテーションと脚質が良く似ている。



〇メイショウショウブ
2走前はダート1400で勝ち上がった。
続く前走は牡馬相手の芝1600のデイリー杯G2。
そこで負けはしたが、
直線真っ向勝負した相手が、
来週の朝日杯フューチュリティステークスで
有力馬の1頭アドマイヤマーズ。
それと直線で叩き合い、
僅か0.1秒差の2着に好走。
3着には0.4秒差離している。
勝ちに等しい内容だった。
480キロのごつい馬体は阪神芝の重たい馬場は合いそう。


△全部。


予想オッズ3連単

◎→〇⇔△

〇→◎⇔△


宜しくお願いします。

【チャンピオンズカップ2018予想オッズ3連単の穴予想!】


中京競馬場のダート1800。
小回りコースで圧倒的に先行馬が有利。
過去のデータでは内枠が有利になっています。

1枠2番に入ったのは土曜日夕方時点で、
予想オッズ2.0倍1番人気馬のルヴァンスレーヴ。
休み明けでの出走で初の古馬相手となった、
盛岡の南部杯では現時点でダート界の頂点に居る、
ゴールドドリームをあっさりと破って完勝。

南部杯を叩かれた上積み面も大きく、
そのライバルのゴールドドリームは出走を取り消し。
予想オッズ1番人気になるのも分かるが、
ダート界ではまだまだ古馬の方が力量は上位。
チャンピオンズカップの過去のデータでも、
3歳馬は苦戦している。
スタートの出が悪い馬で中団待機から
直線までに上手く外に出せるかが疑問。
キャリアの少ない3歳馬で、
今まで違い馬群の中からの競馬で戦法に
戸惑いも出そう。


◎サンライズソア
前走1番人気だったJBCクラシックは、
ハナを切ったが3コーナー付近で、
抑えられないテイエムジンソクが競って来て、
2頭同時に早めに仕掛ける苦しい展開。
直線はケイティブレイブとワンダーパフュームに
差されるが展開の不利がありながらも、
3着入線の負けて強しの内容。
1800ベストで前走から距離短縮や、
今回は何が何でも逃げたい馬が不在で、
展開面も相当有利になりそう。
鞍上はモレイラで心配はない。
状態は完調に近い。


〇ケイティブレイブ
こちらも使われているが、
前走と同様か更に調子を上げている印象。
5歳の今が充実期か。
逃げてもいいが特に逃げにこだわりが無く、
逃げ馬を見ながら、
行きたい時にいつでも前に行ける競馬を
身に着けて来た。
去年のチャンピオンズカップも0.3秒差の4着入線。
充実期の今なら去年の着順より更に上を狙える。


△全部。


[3連単]

◎→〇⇔△

〇→◎⇔△


宜しくお願いします。




【ジャパンカップ2018の予想オッズ3連単の穴予想!】


東京競馬場の芝状態。
時計も上り3ハロンも早く軽い馬場。
圧倒的にインが有利で内枠が断然有利。
ジャパンカップの過去のレースを見ても
このレースは断然、内枠が有利。


レース展開。
何が何でもハナを切りたい馬を居らず、
ウインテンダネスが大外枠からでも、
無理せずハナを切れそう。
それに競うような馬も無く、
2、3番手以降はノーブルマーズ、シュヴァルグラン、キセキが続く。
皆がマークする人気馬が中団待機のアーモンドアイ。
頭数も14頭と少なく流れはどう考えても落ち着く。
スローペースからの、上り勝負になりそう。


だとすると、
やはり内枠が物凄く有利。
ある程度先行策が取れる馬も有利。
小頭数でも後方待機策で4コーナーを
大外をぶん回してでは届かない。


スローペースからの上り勝負になるので、
最後の直線で切れる脚も欲しい。
軽い馬場が得意で瞬発力適性が有る馬が有利。


◎アーモンドアイ
母父がサンデーサイレンス。
過去に出走したレースでは全て、
上り3ハロンが出走馬中、最速のキレッキレの牝馬。
前走の秋華賞では、
今秋大目標のジャパンカップに標準を合わせた、
緩めの仕上がり具合。
一度使われて今回は素晴らしい仕上がり具合。
そしてジャパンカップで有利な1枠を引いた。
しかし、国枝調教師がコメントをしている通り、
包まれる心配も同時に出来て来たが、
ルメールジョッキーならある程度前に出して
競馬をして解決できる。
3歳牝馬は斤量53キロで出走ができ、
同じ3歳でジャパンカップを勝ったジェンティルドンナと
キャラクターのイメージが被る。


〇キセキ
対抗馬は前年の覇者シュヴァルグランや、
東京2400が合うスワーヴリチャードと悩んだが、
2番手はキセキにしました。
去年の菊花賞を圧勝後にタイトなローテーションで、
遠征した香港競馬でリズムを崩し、
今年前半は体調が悪く完全にスランプ状態だった。
宝塚記念後はしっかりと休養して、
今秋休み明けでの出走の毎日王冠で3着入線になり、
菊花賞以来の馬券圏内に好走した。
続く前走の天皇賞秋でもレイデオロから0.2秒差で
香港カップでも好走が期待出来るサングレーザーと
同タイムで3着入線の好走。
完全に調子が上がっている。
そして今回のジャパンカップでも、
追い切りの映像や馬体写真を見ても、
前走よりも更に調子が上がっているのが分かる。
完全に復調気配。
川田将雅ジョッキーとの先行策も頼もしい。
母父がディープインパクト。
親ルーラーシップが母父がトニービン。
東京2400に強い血統。

血統構成も万全。


△全部。



【予想オッズ3連単】

◎→〇⇔△

〇→◎⇔△


△荒れ期待!

宜しくお願いします。



【宝塚記念2018の予想オッズ3連単の穴予想!】


阪神競馬場。
前日の土曜日昼間に土砂降りの降雨。
夕方には止んで日曜日の天気は回復に向かいそう。
馬場はパンパンの良馬場まで望めず、
稍重馬場まで回復の見込み。


芝状態はやや時計のかかる重たい馬場。
内が相変わらず良好。
内枠有利か。


◎キセキ
内枠有利だがあえて大外枠のキセキを
本命にしたい。
サイモンラムセスが大逃げを打ち、
ペースは流れる重い馬場もあって、
スローペースからの瞬発力にはならない。
菊花賞同様に重たい馬場を道中から
ミルコ・デムーロジョッキー得意のマクりに期待。
今季2戦目で臨戦過程は確実に宝塚記念を目標に
完璧に仕上げて来た。


〇サトノダイヤモンド
フランス帰りで今年緒戦の金鯱賞は3着入線だったが、
臨戦過程を考慮すれば上り3ハロンは、
出走馬中一番で2000メートルの距離も距離不足で
まずまずの内容だった。
続く大阪杯では完全に戸崎ジョッキーの騎乗ミス。
距離不足に加えて道中みるみると位置取りが悪くなり、
直線に入った時点で勝ち目は全く無かった。
前走は参考外の一戦。
馬体や追い切り内容から状態は、かなり上向いている。
馬場も稍重馬場までならこなせそう。
鞍上は主戦ルメールジョッキーに再度乗り替わり。
距離延長に加えてペースが上がりそうな展開もいい。


△全部。


3連単

◎→〇⇔△
〇→◎⇔△

宜しくお願いします。

時間がないので簡単に書きます。

稍重から重馬場想定。

スローペースでイン内枠有利。

重い馬場も大丈夫でポジションで競馬が出来る、

◎グリュイエールと〇エアアンセムから

△全部。

3連単


◎→〇⇔△
〇→◎⇔△

宜しくお願いします。

【安田記念2018の予想オッズ3連単の穴予想!】


今週はあまり降雨の量が少なく、
東京の天気も週末は好天。
東京競馬場の芝コースは相変わらず良好な状態を保っている。
イン有利で時計が出る軽い馬場。
逃げるのはウインガニオンかアエロリット。
どちらが逃げても先行したい馬は少なく、
先行争いはあっさりと決まりそう。
展開はスローペース。


レッドファルクス
前走の高松宮記念は道中17番手で上り最速の末脚で、
追い込んで来たが0.4秒差の8着。
末脚は健在だったが位置取りが悪すぎた。
消化不良の一戦。
去年の安田記念3着馬で、
去年は高松宮記念から京王杯スプリングカップを挟んだが
今年はゆとりのあるローテーションで、
間隔が開いても能力を発揮出来る馬なので、
好印象のローテーション。
本質的にはスプリンターなのでマイルの距離がやや不安だが
レースの流れは落ち着くのでじっくりと脚が溜まりそう。
馬の状態も前走の高松宮記念出走時よりもはるかに良くなっている。
去年の安田記念3着馬が土曜日時点で8番人気は妙味。


サングレーザー
ディープインパクト産駒でとにかく瞬発力適性が抜群。
東京競馬場の軽く時計の出る馬場や、
長い直線は間違い無く合うはず。
去年のマイルチャンピオンシップは3着入線だったが、
前走の今年緒戦のマイラーズカップを出走馬中、
上り最速の33.2秒を使い、
差し切り勝ちでレコードのおまけ付き。
陣営サイドのコメントからも3歳時から一皮むけた印象。
出来も前哨戦を使って更に調子は上向いて来た。
たとえスローペースでもまとめて差し切れる能力の持ち主。


◎レッドファルクス
〇サングレーザー
△全部。


【3連単】
◎→〇⇔△
〇→◎⇔△


宜しくお願いします。




【日本ダービー2018の予想オッズ3連単の穴予想!】


東京競馬場の芝は時計が出る高速馬場。
圧倒的にインが有利で逃げ先行馬が有利。
外枠から外々を回すと大きなロス。


キタノコマンドール
今回でキャリア4戦目で経験不足が懸念されるが
その分レース毎に確実に気配もレース内容も良くなってきている。
前走皐月賞は5着の結果だったが脚元が悪く緩い馬場で
完全に前残りの展開。
それを上り最速で後方待機から勢いよく差して来た。
東京競馬場の軽い馬場や直線の長いコースに変わり、
姉デニムアンドルビーそっくりな体型は
まさに東京2400はぴったり。
引き続き鞍上がG1レースに強い
ミルコ・デムーロジョッキーが乗れるのもプラス材料。


ダノンプレミアム
頓挫明けになるが元々間隔を開けて使われて来た馬で
皐月賞回避後は入念に乗り込んでいて
追い切り内容も馬体の仕上がりもむしろ絶好調に近い。
気負う面があるので多少距離の心配もあるが
1枠1番の超絶好の枠順をゲット。
馬群の中でじっくりと脚を貯められる。
キタノコマンドールと同じディープインパクト産駒で
軽い馬場で時計勝負になる東京競馬場の芝は絶対に合う。


◎キタノコマンドール
〇ダノンプレミアム
△全部


3連単
◎→〇⇔△
〇→◎⇔△


宜しくお願いします。

【オークス2018の予想オッズ3連複の予想


ラッキーライラックの桜花賞は完璧な立ち回り方で
完全に勝ちパターンだったが
アーモンドアイの末脚があそこまで強烈だったのが
想定外だった。
負けて強しの内容で特に悲観する事もない。
折り合い万全で距離延長は血統構成から大歓迎。
桜花賞と同じ内枠に入ったが前回はマークされる立場で、
今回は他有力馬のサトノワルキューレやアーモンドアイが
後方待機策でノーマークで気楽に先行出来る立場。


サトノワルキューレは前走のフローラステークスの
末脚が強烈でした。
元々距離2400でダービーにも出走するエタリオウと
互角の勝負をしていて能力もG1クラスで、
再度距離が2400に延長されるのも大きなプラス材料。
立て続けに馬体が減っているが馬体写真や追い切り内容から
調子が落ちた印象が全くなく、本番に向けて非常に上手く仕上げて来た。


アーモンドアイは桜花賞でとても届かない位置取りから
強烈な末脚でラッキーライラックを差し切り勝利。
父が短距離馬のロードカナロアなので距離延長が不安要素に
なりそうだが馬体の作りや母のフサイチパンドラは距離2200や2400を得意とする馬でした。距離に関しては特に問題ないと見ました。


4番手以降の馬が3頭に入って逆転するとは思えないので
今回は◎アーモンドアイ〇サトノワルキューレ▲ラッキーライラック
3頭の3連複1点勝負にします。


宜しくお願いします。

【ヴィクトリアマイル2018の予想オッズ3連複の穴予想!】


前日の土曜日時点での競馬予想なので、
正直レース当日の夕方に雨が降っているかは分かりません。
一応良馬場想定での予想。
カワキタエンカかミスパンテールどちらが逃げても
単騎のスローペースか。
馬場もまだ内が良いので内枠先行馬が有利。


◎アドマイヤリード
去年のヴィクトリアマイルを0.2秒差で完勝。
今回で東京新聞杯、阪神牝馬ステークスに続き
叩き3走目になるが本番へ向けて
徐々に気配は上昇して今回の馬体も追い切り内容も素晴らしい。
前走は56キロの重い斤量を背負い、
直線狭くなる不利があった競馬で負けて強しの内容。


〇アエロリット
得意の左回りで去年勝ったNHKマイルカップと同じ、
東京のマイルコース。
後方待機でマークされる立場のリスグラシューに対して
2番手のポジションはいかにも有利。
クロフネ×ネオユニヴァースの血統構成で重馬場でも全く問題なさそう。


▲レッツゴードンキ
2年連続でヴィクトリアマイル惨敗で
距離延長が不安視されているが二桁枠順だった
過去2年と比べて、今年は1枠1番の好枠に入った。
鞍上岩田ジョッキーもイン突きは得意。
近走は1200、1400で好走歴が多いが元々桜花賞で圧勝した馬で
ここまで人気がないなら積極的に買ってみたい。


△全部。


3連複

◎ー〇▲ー〇▲△


宜しくお願いします。

↑このページのトップヘ