【ジャパンカップ2018の予想オッズ3連単の穴予想!】


東京競馬場の芝状態。
時計も上り3ハロンも早く軽い馬場。
圧倒的にインが有利で内枠が断然有利。
ジャパンカップの過去のレースを見ても
このレースは断然、内枠が有利。


レース展開。
何が何でもハナを切りたい馬を居らず、
ウインテンダネスが大外枠からでも、
無理せずハナを切れそう。
それに競うような馬も無く、
2、3番手以降はノーブルマーズ、シュヴァルグラン、キセキが続く。
皆がマークする人気馬が中団待機のアーモンドアイ。
頭数も14頭と少なく流れはどう考えても落ち着く。
スローペースからの、上り勝負になりそう。


だとすると、
やはり内枠が物凄く有利。
ある程度先行策が取れる馬も有利。
小頭数でも後方待機策で4コーナーを
大外をぶん回してでは届かない。


スローペースからの上り勝負になるので、
最後の直線で切れる脚も欲しい。
軽い馬場が得意で瞬発力適性が有る馬が有利。


◎アーモンドアイ
母父がサンデーサイレンス。
過去に出走したレースでは全て、
上り3ハロンが出走馬中、最速のキレッキレの牝馬。
前走の秋華賞では、
今秋大目標のジャパンカップに標準を合わせた、
緩めの仕上がり具合。
一度使われて今回は素晴らしい仕上がり具合。
そしてジャパンカップで有利な1枠を引いた。
しかし、国枝調教師がコメントをしている通り、
包まれる心配も同時に出来て来たが、
ルメールジョッキーならある程度前に出して
競馬をして解決できる。
3歳牝馬は斤量53キロで出走ができ、
同じ3歳でジャパンカップを勝ったジェンティルドンナと
キャラクターのイメージが被る。


〇キセキ
対抗馬は前年の覇者シュヴァルグランや、
東京2400が合うスワーヴリチャードと悩んだが、
2番手はキセキにしました。
去年の菊花賞を圧勝後にタイトなローテーションで、
遠征した香港競馬でリズムを崩し、
今年前半は体調が悪く完全にスランプ状態だった。
宝塚記念後はしっかりと休養して、
今秋休み明けでの出走の毎日王冠で3着入線になり、
菊花賞以来の馬券圏内に好走した。
続く前走の天皇賞秋でもレイデオロから0.2秒差で
香港カップでも好走が期待出来るサングレーザーと
同タイムで3着入線の好走。
完全に調子が上がっている。
そして今回のジャパンカップでも、
追い切りの映像や馬体写真を見ても、
前走よりも更に調子が上がっているのが分かる。
完全に復調気配。
川田将雅ジョッキーとの先行策も頼もしい。
母父がディープインパクト。
親ルーラーシップが母父がトニービン。
東京2400に強い血統。

血統構成も万全。


△全部。



【予想オッズ3連単】

◎→〇⇔△

〇→◎⇔△


△荒れ期待!

宜しくお願いします。