2015年01月24日

ネットでインフルエンザワクチンは効果がないと言うデマが広まった件 その1

インターネットでインフルエンザワクチンは効果がないと言うデマが広まっているのですが、調べてみたところひどすぎたのでまとめてみました。

インフルエンザワクチンは打たないで!【常識はウソだらけ】 - NAVER まとめ
まず、一番に目がつくのがNAVERのまとめ

WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論 病院は巨額利益、接種しても感染多数 | ビジネスジャーナル
もう一つは、WHOがインフルエンザワクチンは予防不可というニュース。

これについて詳しく調べてみました。

読むのがめんどくさいという人のために結論をまとめると

・NAVERまとめに掲載されている ワクチン否定論は全て30〜40年前のインフルエンザワクチン技術・インフルエンザ判定技術・統計学・副作用に基づいている。
・WHOがインフルエンザワクチンで予防できず有効性が確認できないと書いてるのは高病原性鳥インフルエンザのことでほぼFA。
・WHO自体はワクチンが最も有効な手段で、特に、妊婦・高齢者には強く推奨している。
・インフルエンザワクチン反対派のかなりアバウトな論文のせいで、風評被害で 集団ワクチン接種が1994年で取りやめになった結果、流行がひどくなったのだが、反対派はこれを指して、ワクチンでは流行は防げないと言っている。
・インフルエンザワクチンをけちった結果として、数百億円の製薬会社などの医療界への投資をけちらせることに成功した場合、高齢者医療で最大1兆円の利権が生まれる。

以上。
では詳細をご覧ください ・ω・

1/26の 追加資料についてはこちら

ネットでインフルエンザワクチンは効果がないと言うデマが広まった件 その2
インフルエンザとワクチンの関係に関する追加資料
2016年版ニュース
先日話題になっていた乳酸菌鍋のネタが面白いので正しい情報をまとめてみた



まず、インフルエンザワクチンの否定コメントが大きな根拠としているものに『 母里 啓子』氏の書物があります

しかし…この人の根拠にしてるのが、30年以上前の研究なのです。

効果がないの根拠にしている資料が酷すぎる件

30年前、風邪とインフルエンザの区別がほとんどできなかった時代に行った正確な統計に基づいていない資料を根拠にしています。

インフルエンザワクチンは効くの? | 川本眼科(名古屋市南区)

著者の母里啓子(もり ひろこ)さんは 1980年代からインフルエンザワクチン反対派の旗手で80歳。昔この本を読んだ時はなるほどそうだとすっかり感心したものですが、その後いろいろ勉強してみるとおかしいところが目に付くようになりました。
1980年代に前橋市の医師たちはインフルエンザワクチンを学童に強制接種することに疑問を持ち、中止しました。その根拠を自分たちで調査をしてまとめた報告書が「前橋レポート」です。(http://www.kangaeroo.net/D-maebashi.html)
これが現在もワクチン反対派の最大の拠りどころとなっている研究です。
労作だと思いますが何しろ今から約30年も前の研究です。当時は37℃以上の発熱で2日以上 学校を欠席すればインフルエンザとみなしています。普通の風邪にインフルエンザワクチンは効きませんから、これは結論を左右する可能性の高い問題点です。 また、インフルエンザ接種地域と非接種地域を比較しているのですが、実は接種地域の接種率も5割に満たないのです。当時はEBMなどという考え方もなかっ たので、近年常識となっている統計学的処理もされていません。これが今日でも一番素晴らしい調査研究などとはとても言えないと思います。現在では、PCR 法で正確に診断をつけ、きちんと計画的に行われた研究があります。そして、ワクチンに予防効果があると結論づけられています。

※前橋市が中止したのは1979年です

インフルエンザ予防接種ワクチンは打たない派の方へ・・・なんで判ってもらえないんだろう?追記あり | 五本木クリニック | 院長ブログ
前橋レポートに関する詳しい分析がこちらにあるので、興味がある方は読んでみるとよいでしょう。


副作用の過大評価
今から20年前にアレルギー対策が進み、アレルギー物質であったゼラチンは使用されなくなりました。
そして、現在はさらにワクチンの精製品質が高くなり、卵白成分も微量にしか含まれなくなりました。
ちなみに、欧米ワクチンの精製がやや粗いため、日本製のワクチンの数倍の卵白成分を含んでいるそうです。
(それだけ国内のインフルエンザワクチンは高品質なのです)
アレルギー疾患と予防接種 - 日本小児感染症学会


まとめ記事では、2000年の死亡事故を根拠にしていますが、数年後の調査で判明したことがふれられていません。
インフルエンザQ&A(予防接種)
「2000 年と2001年度にインフルエンザワクチンを接種者数はワクチン出荷数(1504万本/2年)から約2000万人以上と推定される。このうち7人が急性肝 炎、脳症、間質性肺炎で死亡した。10歳未満と60歳以上が65%を占めた。」という内容の記事がありました。
 死因をみるとインフルエンザワクチンのためとは考えにくいものもあり、同じ症例を2重に報告している可能性も否定できない、と言うことでした。死因との因果関係が十分に検討されてもいないようですので、この数字はかなり水増しされた数字と考えられます

さらに、インフルエンザワクチンの副作用の恐ろしさとしてギランバレー症候群についてあげていますが…
機ゥラン・バレー症候群 - 日本神経学会
ワクチン接種について,これまで統計学的に有意に相関するといわれているのは狂犬病ワクチンSwinefluH1N1インフルエンザA/NJ/76ワクチンのみで,現在用いられているインフルエンザワクチン接種によるGBSの有意な増加はみられていない
要するに新型豚型ワクチンでのみ検出されていて、一般的に使われている季節流行型のワクチンでの発生は無いと結論が出ています。

ワクチンの効果が実証されていない・流行を抑える効果は全くないは嘘
インフルエンザワクチンエビデンス
複数の論文で実証されています。
流行による感染者の有為的な減少も観測されています。

インフルエンザワクチンの過去,現在,未来
日本ではこうした、ワクチンの効果がないことを訴える団体のせいで1994 年以降インフルエンザの集団予防接種が中止されましたが、集団接種の中止以降,インフルエンザの死亡者が急増していることが明らかにされています。
実際は予防接種を行っているのに流行を防げないのではなく、集団予防接種をするのをやめて、しない人が増えたから流行が防げなくなったのです。

|。・ω・)。o (訳が分かりませんね。)


また、興味のある方は『インフルエンザ 抗体陽転率』で検索してみると、どの程度のワクチン効果があるかたくさん報告書を見ることができます。株ごとに どの程度の抗体ができたか調査している地方自治体もあります。
HBVの分子疫学による感染源調査について - 19-6


タミフルが精神異常をひきおこすことが問題になり、未成年への使用が禁止?⇒真相は
そもそも、インフルエンザにかかると脳炎・脳症を起こすことがあり、異常行動の原因になると言われているわけで、特効薬が原因という訳ではないのですが…。
インフルエンザにかかると、特効薬アリでもなしでも、10%程度の子供が異常行動を起こすことが分かっています。

インフルエンザの異常行動とタミフル


「小中学校の予防接種と、学級閉鎖の関係を10年間調べましたが、ワクチンに感染拡大を抑える効果はまったくありません」 (ただし、インフルエンザの感染を正確に検出する技術がなかったころの、母里啓子氏の30年前の調査

「ここにいるウイルス学者で、インフルエンザワクチンが効くと思っている学者はひとりもいないだろう」
(石田名香雄 (ただし、大正生まれの教授の1981年の発言

|。・ω・)30年前の妄言を未だに信じて根拠にしてるサイトとか狂気です


if
20年前に、こうしたワクチン反対派の学者のせいで、ワクチンをやめたのが1994年。
2001年は鳥インフルエンザの発生で、みんながこぞって予防接種を受けた年です。

感染人数の推移を見ると、ワクチンの効果があるかないかは明らかですねw
もっと詳しいグラフの説明はこちら


インフルワクチンの予防率は1.5%(ランセット掲載研究より)→実は…

この記事、NaturalNewsというサイトの Mike Adams という人が書いているのですが。

NaturalNews - Wikipedia, the free encyclopedia
科 学的根拠に基づく医療や科学を憎み、いんちき療法のサイト。偽健康食品のサイトで無責任な健康情報を広める、ワクチンに関する怪しげな情報を持つ大規模な セクションを持っている。などろくなことが書いていませんw。最近だと、偽エボラ治療薬のニュースリリースを出して問題になったようですね。こんなの根拠 にするとか、アホですか・ω・;


ワクチンをホルマリンで処理していたのは40年前の技術

平成26年のインフルエンザ予防接種についてたくゆう耳鼻咽喉科クリニック 院長ブログ | たくゆう耳鼻咽喉科クリニック 院長ブログ
インフルエンザワクチンの作用機序
ウイルスを薬液(ホルマリンなど)で処理して毒性を弱めてそのまま注射する「全粒子型ワクチン」でした。よく効くワクチンでしたが、発熱や注射した場所が 赤くなり大きく腫れ上がる、ギランバレー症候群などの重篤な副作用も強かったようです。その後1970年代になり、薬液(エーテルなど)でウイルスをバラ バラの断片に分解したものを注射する「スプリットワクチン」が開発され、現在も季節性インフルエンザのワクチンは「スプリットワクチン」が使われることが ほとんどです。このワクチンは、「全粒子型ワクチン」に見られた大きな副作用が発生する頻度が少なく、安全性が高い

・インフルエンザワクチンには3種類
 不活化スプリットワクチン(現行ワクチン)
 弱毒化生ワクチン
 不活化全粒子ワクチン(ウイルス粒子をホルマリンで不活化)
不活化全粒子ワクチンは発熱などの副作用あり、1970年代以後使用されていない
ウイルス表面糖タンパク質ヘマグルチニンを精製した抗原、スプリットワクチンが使用されている。
要するに、ワクチン反対派の人は、ワクチンが嫌いなので、30年前から調べるのをやめてしまい、最新のワクチンの技術について何も知らないので今は使われていない30年以上前のワクチンを引き合いに出して反対している。



"平成24年2月24日、NHKの全国ニュースで「今年のインフルエンザワクチンは無効率が100%"→実は?
変ないいかたですね。要するに有効率0%、全く効かないということです。このニュースを忘れないでおきましょう。

これ、書いてる人が日本語が読めてませんね。
ワクチンの効果が低いウィルスが100%の割合で蔓延した地域があると言ってるだけで、全くきかなかったとは言ってません。
近年のA型インフルエンザウィルスの場合、的中した場合80〜90%にインフルエンザの症状を和らげたり防いだりするのに必要な免疫上昇。外れた場合でも50〜60%に効果があると言われています。


ビジネスジャーナル。前述の母里啓子氏を前面に出して嘘ニュースを流す

WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論 病院は巨額利益、接種しても感染多数 | ビジネスジャーナル
その一方で、東京都内で内科医を開業する医師は、ワクチンそのものに疑問を投げかけている。 ... 世界保健機関(WHO)のホームページを見ても、『ワクチンで、インフルエンザ感染の予防はできない。また有効とするデータもない』と書いてあります
名前を出さない時点でかなり胡散臭いのですが…。

では、ここでWHOのホームページを見てみましょう
WHO | Influenza (Seasonal)
Influenza vaccination is the most effective way to prevent infection.
インフルエンザワクチンは、感染を予防する最も有効な方法である。

Prevention

The most effective way to prevent the disease and/or severe outcomes from the illness is vaccination. Safe and effective vaccines are available and have been used for more than 60 years. Among healthy adults, influenza vaccine can provide reasonable protection. However among the elderly, influenza vaccine may be less effective in preventing illness but may reduce severity of disease and incidence of complications and deaths. Vaccination is especially important for people at higher risk of serious influenza complications, and for people who live with or care for high risk individuals. WHO recommends annual vaccination for:
  • pregnant women at any stage of pregnancy
  • children aged 6 months to 5 years
  • elderly individuals (≥65 years of age)
  • individuals with chronic medical conditions
  • health-care workers.
Influenza vaccination is most effective when circulating viruses are well-matched with vaccine viruses. Influenza viruses are constantly changing, and the WHO Global Influenza Surveillance and Response System (GISRS) – a partnership of National Influenza Centres around the world –monitors the influenza viruses circulating in humans. For many years WHO has updated its recommendation on vaccine composition biannually that targets the 3 (trivalent) most representative virus types in circulation (two subtypes of influenza A viruses and one B virus). Starting with the 2013-2014 northern hemisphere influenza season, quadrivalent vaccine composition has been recommended with a second influenza B virus in addition to the viruses in the conventional trivalent vaccines. Quadrivalent influenza vaccines are expected to provide wider protection against influenza B virus infections.


予防

病気からの疾患および/ または重度の成果を防止するための最も効果的な方法はワクチン接種である。 安全かつ有効なワクチンが利用可能であり、60年以上使用されてきた。 健康な成人の中では、インフルエンザワクチンは、合理的な保護を提供することができます。 しかし、高齢者、インフルエンザワクチンは、病気の予防に効果が低いかもしれないが、疾患や合併症や死亡の発生率の重症度を減少させることができる。

ワクチン接種は、深刻なインフルエンザの合併症のリスクが高い人のために、と一緒に暮らすまたは高リスクの個人を気遣う人々のために特に重要です。

WHOは、のために毎年のワクチン接種を推奨しています:

    妊娠のいずれかの段階で、妊娠中の女性
    6ヵ月〜5歳児
    高齢者(65歳以上)
    慢性的な病状を持つ個人
    医療従事者。

循 環するウイルスがワクチンウイルスとよく一致したとき、インフルエンザワクチン接種が最も効果的である。 インフルエンザウイルスは常に変化してされており、WHO世界インフルエンザサーベイランスと応答システム(GISRS) -ヒトで循環するインフルエンザウイルスをモニタし、世界中の国家インフルエンザセンターのパートナーシップ。

3(3価)循環の中で最も 代表的なのウイルス型(A型インフルエンザウイルスの2のサブタイプと1 Bウイルス)を標的ワクチン組成物の隔年への勧告を更新した長年の間。 2013-2014北半球のインフルエンザシーズンから始まる、4価ワクチン組成物は、従来の三価ワクチン中のウイルスに加えて、第二のインフルエンザB ウイルスに推奨されている。 四価インフルエンザワクチンは、インフルエンザBウイルス感染に対する広い防御を提供することが期待される。

2014年3月
ほぼ真逆のことが書いてありますが。『高齢者の場合は、インフルエンザの予防は難しい』とあります。ここだけ取り出して、予防できないって言ってるとしか思えませんね。すごいですねとか思ってたのですが ・ω・

WHO | Frequently Asked Questions on human infection caused by the avian influenza A(H7N9) virus

14. Is there a vaccine for the H7N9 virus?

Currently, no vaccine for the prevention of H7N9 infections in humans is commercially available. WHO is working with its partners for vaccine development and some products are now being tested for efficacy and safety.


14. このインフルエンザウィルスのワクチンはありますか?

現在、市販されているワクチンでは予防できない。 WHOは、パートナーと協力して、ワクチンの有効性と安全性を試験している。
『予防できないし、まだ有効性が確認できてない』という文言が完全一致!
まさかの、高病原性鳥インフルエンザww

Taro-「アクティブエイジング」.jtd - WHO_NMH_NPH_02.8_jpn.pdf
例えば、インフルエンザの予防接種を高齢者に行うと、予防接種の費用1ドル当りで治療費30〜60ドルが節約できると試算されている(U.S. Department of Health and Human Services,1999)
なんでこんなことをするんでしょうか?WHOの公式文書をさらに読んでいるとヒントがあります
実は予防接種をすることで予防接種1ドル当たり医療費がその数十倍節約できるのです。
予防接種は小さな町医者でもできますが、重篤化して入院などすると大病院にかかることになります。
ええ、そうなんです。予防接種を推進すると、大病院がもうからなくなるのです
製薬会社の薬の開発費と予防接種代の利益で儲けてる!という情報であおって、実は大病院でかかる老人の医療費負担で何十倍の税金を払ってるのが真相です。

今冬シーズンのインフルエンザワクチン需要数は2836万から2851万本と推計:日経メディカル
2011年度のワクチン接種率は、3歳未満が50.5%、3歳以上13歳未満が56.8%、13歳以上65歳未満が30.0%、65歳以上が56.4%
WHOの言う通りなら、日本人は65歳以上の人口が約3200万人ですから
インフルエンザの予防接種代は約1000円と仮定すると…。
65歳以上の予防接種を100%実施すると…。
4200億〜8000億の税金の節約。
1000円〜2000円のワクチンで儲ける団体があると主張して、インフルエンザワクチンに
反対することによって、国民一人当たり4000円〜8000円の利権が大病院に流れてるわけですね!
予防接種率がさらに下がれば、最大1兆円の利権が生まれる(負担は国民)わけですから、
こんなおいしい話はないです。
|・ω・)。o ( 目先の利益に踊らされて、背景の巨大な利権があることに気づいてないわけですねw )


まぁ、飛ばし記事も散見されるサイゾーさんが書いてる Business Journalだから仕方ないんでしょうね。


おまけ:

B型インフルエンザにワクチンが効きにくいと言われる理由とC型インフルエンザのワクチンがない理由
通常インフルエンザワクチンはA型2種類とB型1種類の混合ワクチンをWHOがその年の流行を予想して推奨します。
WHOはインフルエンザワクチン接種を推奨している - うさうさメモ
A型は変異が早く、C型はほとんど変異せず、B型は中間。
B型は変異しにくい分、抗体を既に持ってるケースが多く、ワクチンをしても効果があまりないというよりは、既に抗体があるからワクチンをする前と後で変わらないことが多い訳ですね。まぁ、だからB型がそれほど蔓延することもない訳ですが。
殆ど変異しないC型インフルエンザは一度かかったら、二度とかかることがないとも言われています。(だからワクチンがない)



よくある、『なんで、自分はインフルエンザワクチン接種してないのに、子供や妻は感染したんだよ』ってケース。
ワクチン反対団体『ワクチンがインフルエンザは予防なんてできず重篤化を防ぐなんてでたらめです』という主張について

WHO | World Health Organization
Vaccination is the most effective way to prevent infection and severe outcomes caused by influenza viruses.

Vaccination is especially important for people at higher risk of serious influenza complications, and for people who live with or care for high risk individuals.


ワクチン接種は、インフルエンザウイルスの感染とそれによって引き起こされる重篤な症状を防止するための最も効果的な方法です。

ワクチン接種は、重篤なインフルエンザの合併症のリスクが高い人、一緒に生活したり、個人的にリスクの高い人の世話をするのにも重要です。
このようにWHOの公式サイトに、しっかり、インフルエンザの接種が最も効率のいい予防方法で、症状が軽くなるって書かれています。

インフルエンザ 予防接種について | まさきファミリークリニック
イ ンフルエンザウイルスは、まず最初に鼻の粘膜で増殖し、それから体内に入り込んで全身を駆けめぐり、時には肺炎、脳炎、心筋炎などの重篤な合 併症を、引き起こします。これに対し、ワクチンは体内に抗体(IgG抗体)を作り、ウイルスが体内に入り込んでからの活動を抑制するように働いてくれま す。

ウイルスが鼻粘膜で増殖している時は(鼻水、咳、発熱など初期症状の頃)、ワクチンの効果が十分みられない事もあります。

つまり、ワクチンは、インフルエンザの感染を直接防ぐことはできないのです。→軽度のかぜ症状はやむを得ないと思って下さい。

しかし、この増殖したウイルスが体内に入り込んできた時に、ワクチンによってすでに作られているIgG抗体が、ウイルスの活動を防いでくれるため、重篤な合併症を引き起こさないですむのです。ワクチンは、重症化を防いでくれると思って下さい

こちらの病院のサイトに書いてるのが一番わかりやすいと思います。
初期症状の時はワクチンは十分な効果を得られないため完全に予防するのは困難なようですが、現状では最も効率的な予防法で、体内に入ってきたときに抵抗力が高いと、インフルエンザだと気づかないうちに軽い症状で直ってしまうわけですね

・ 子供は抵抗力が低いので、インフルエンザに感染しやすい。ワクチンによって免疫がつくが、大人ほど高くはないので2回接種する必要がある(上の資料にもあ るように、ワクチンによって、感染力を高めたことによって、症状が軽く済みます。子供はC型のインフルエンザにまだかかっていないことがある(感染は一生 に1度くらいと言われている)
・母親は子供と濃厚な接触をするので感染リスクが高い。近所の奥さん同士で飛沫感染する程度にはおしゃべりもします。
・会社員の方は既にB型、C型インフルエンザに感染していることが多い。あまり、多人数と濃厚な接触はしない。免疫力が高いため、自覚症状が出ないこともある。
・ワクチンの接種では医療機関に行くことも多いので、当然そこでもらってくることもあります。ちゃんと、うがいや手洗いをし、粘膜が乾燥しないようにするのは重要ですね・ω・

まぁ、よく勘違いされるのが、普通のワクチンが95%以上有効なのに、インフルエンザは株の予想の当たり外れがあるので摂取しても感染することがあるのは仕方ないのです。予想が外れても、リンクを張った佐賀県の調査のようにある程度の免疫上昇効果は観測されているので、接種して感染したとしても、無駄ではなかったのです。

|。・ω・)。o ( 家族で一人だけ感染しなかったのなら、それはあなたが、もう少し子供に関心を持つべきということを暗示してるのかもしれませんよ? )


#中の人は、インフルワクチンは賛成だけど、HPV(子宮頸がん)ワクチンについては(副作用がインフルワクチンの100倍近いとか、薬の信ぴょう性が低いのにインフルワクチンの10倍とか、性病であることを教育するんじゃなくて予防接種ですませればなんとかなるって考え。むしろ風俗に行く人がかかるリスクが高いので若い男性にも接種しないと意味がない )とかから反対だよ。



blackwingcat at 12:30│Comments(39)TrackBack(0) | | トピックイットに投稿する | 時事NEWS 

Twitter Feedback

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by とおりすがり   2015年01月24日 17:02
東京都内の内科医さん?

https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/493019274115164
2. Posted by 黒翼猫   2015年01月24日 17:30
市民神奈川ワクチン反対の会って書いてるから違うような・ω・
3. Posted by 名無し   2015年01月24日 20:41
何でもそうですが、何かを論じる場合、その根拠を示すなり引用元を示すのが当然なのですが、この場合、前提が間違っている場合は論ずる事も間違いだという好例ですね。
4. Posted by Kaz   2015年01月25日 01:31
"children aged 6 months to 5 years"

「6ヶ月から5歳までの子供」
と認識しています。
さすがに「5歳6ヶ月」というのはピンポイントすぎるかと。
5. Posted by 永遠の中級者   2015年01月25日 02:43
「病院は高齢者の色端会議で潤ってる」と聞いた事がありましたが、
まさに!これが真実か!!!
6. Posted by delort   2015年01月25日 08:05
伝えたい記事なんでしょうけど途中から読むのが面倒になってきました・・・
結局何も伝わってきません
7. Posted by ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆   2015年01月25日 09:55
1 それらしいイイトコ取りしただけの、これこそデマ記事。
8. Posted by    2015年01月25日 12:48
なんでも陰謀陰謀言う人って「ネットでみた」とか「あの人がそう言ってた」が根拠で、結局自分で調べてないんですよね。
で、それを反論する文章を見つけると「陰謀だ」「圧力だ」「マスコミが云々」結局自分が受け入れたくないからそれらしい理由を付けて聞こうとしない、受け入れない、理解しない、考えない。

ここのコメント欄ですら「読むのが面倒」「デマ記事」とか言って、最初から受け入れるつもりなんかないんですよ。答えは最初から自分の中で否定するのが確定してるんですから。

自分の知識の範囲外で理解できないことを「騙されてる」とか「陰謀」だの「圧力」とか言う人は結局思考停止してるんですよ。
医学の勉強をすればするほど、インフルエンザワクチンがどれだけ必要か理解出来る。
受け入れたくない人は、人の意見を鵜呑みにしたくないなら最近の論文のひとつでも読んだら?
まあ「面倒くさい」とか言って読まないんだろうけど。

311は人工地震だ、アポロは月に行ってないとな言っちゃう人達と同じよう部類なんでしょう
9. Posted by 黒翼猫   2015年01月25日 14:48
|。・ω・) 。o( まぁ、見難くて、読むのが面倒だと思う人がいるだろうから要約を冒頭でまとめておいたんですけどね )
サイトの情報が疑問に思ったから、一通りの項目について調べたら、こうなったっていうだけなので。全否定してるわけじゃないんですが。
10. Posted by 名無し   2015年01月25日 15:29
よくまとめて下さいました。
インフルエンザワクチン不要論が幅をきかせているような現在ですが、一つ一つ反対派の人が唱える根拠を確認すれば、言っている事が片手落ちだったりトンデモ科学とかの類である事は明白なんですけどね。結局「インフルエンザワクチンは悪!」って結果を決め付けているので、何を言っても無駄ですかね。思考が停止してしまっているので。
まさしく日本の公衆衛生教育の失敗だと思います。

このトンデモ理論にフォーカスして考えたのですが、インフルエンザワクチン不要論を唱える人たちって、日本が弱体化することを喜ぶ人たちの情報操作なんじゃないかとw
信じるか信じないかはあなた次第ですね〜www
11. Posted by     2015年01月25日 21:07
これでワクチンを打たない→大流行→老人減少
で我が国の社会保障費が減る方向なら良いんですがね
12. Posted by AMD785G   2015年01月25日 21:51
ななめ読みしかしてないですけれど
ネットやSNSではいろんなデマが出回るのは
別に珍しいことでもないですよ
日本を貶める連中がとかいうのも
陰謀論と大差ないようなきがします。

多方面から情報を仕入れ自身でことの
真偽を見極める時代なんだと思います。

私個人は頭が薄くなってきたので
禿対策の薬を調べてると
ミノフィナ以外でネットで有効と噂の薬は
嘘ばっかりですしw
副作用少なくて、多少効果があると
信用できると思える情報を自分で探し選ぶ
そういう時代です
13. Posted by 10   2015年01月25日 23:15
なるほどー、高齢者の人口減少を狙うためにインフルエンザの蔓延を図る作戦ですか。
日本が弱体化する事を喜ぶアチラ方面の方々の作戦なのかと考えちゃいましたwww
14. Posted by どこでもトネトウヨウヨ蔓延中!w   2015年01月26日 03:53
短い文章ですら、ネトネトウヨウヨは、陰謀論で頭が弱体化してるという事実を、見事に証明しておりますなw
15. Posted by ポンタ   2015年01月26日 07:39
5 なんか読んでてすっきりしました。鼻の粘膜で増えるという感染の話しは特に興味をもちました。会社で集団予防接種してますが、今年は百人中三人のインフルエンザ患者が出てます。人と話す事が多い部署で飛沫感染しやすい部署と言え、かつ、試食する機会も多いので…。予防接種プラスアルファの感染予防活動が必要だったなと反省しました。
せっかく会社が負担して接種してくれるので、集団感染リスクを少しでも減らせるキャンペーンを衛生担当としてまだ活動できる余地があると思いました。
16. Posted by 利根川兼一   2015年01月26日 08:50
自分のフェイスブック上で、「考え方はいろいろ、だけど罹患したら外出しないで」の趣旨でシェアさせていただきました。

そこで貴ブログ上の図の赤と青の線の違いを教えてくださいと質問がありましたが内容上間違ったことを伝えてはと思いまして、図の引用先等教えていただけましたらと思いましてコメントさせていただきました。

何とぞよろしくお願いします。
17. Posted by とおりすがり   2015年01月26日 11:14
ビジネスジャーナルは、当該記事をひっこめてしまいましたね。何おかいわんや。

ttp://biz-journal.jp/2015/01/post_8689.html

> 1月23日に掲載致しました本件記事につきまして、現在追加取材中につき一時的に非公開にしております。
18. Posted by M_M   2015年01月26日 13:02
ここまでのコメントを読んだ後、1つ疑問が湧いたので自分で調べてみました。

免疫力がつくのは、ワクチン接種から2週間ほどかかる

つまり、自分の周りで流行り出したから接種に行こうかな・・・では遅い、ってことですよね。
19. Posted by 名なし   2015年01月26日 13:35
今回の件なんだかなぁと思っていましたので、サーベイありがとうございました!
20. Posted by n   2015年01月26日 17:11
ここにも書いてありましたが、匿名の所でかなり引っ掛かった。
21. Posted by 永遠の中級者   2015年01月27日 02:22
5
貴重な情報ありがとうございます。
詳細にまとめてあり、非常に分りやすかったです。

まさに今回の騒動は
 「真実の中に、一握りの嘘を混ぜる」
悪魔のささやき(情報操作)だったんですね。
22. Posted by 永遠の中級者   2015年01月27日 02:36
あっ!
追加記事にコメントしたつもりが、
こっちにコメントしたかも?
23. Posted by インフルエンザおたく   2015年01月27日 23:07
インフルエンザワクチンはトータル的に有効で接種推奨も正しい判断だと思います。
しかし今年に限ってはH3N2についてのみの話ですが、ワクチン株と流行株があっていないような気がします。
例年ワクチンを打っていたのに発症する人はいますが、少なくとも流行の初期はワクチン未接種者が多く、だんだん接種者の発症が増えていく印象がありますが、今年に限っては接種者の発症があまりに多いということと、発症者の実数も例年より多いように思います。
もちろん今回の1種類が外れたからといってワクチンを打たない方が良いなんて暴論で、これまでのワクチンの恩恵を考えれば、今後も引き続いて接種は推奨されていくべきでしょう。
24. Posted by とおりすがり   2015年02月05日 14:44
4 まだ途中までしか読んでおりませんが・・・
この件について、公式な話が出てこず不思議に思っていた所でしたので、大変参考になりました。
自分のSNSにURL引用させて頂きました。
25. Posted by 名無しさん   2015年02月07日 03:22
>ネットやSNSではいろんなデマが出回るのは
>別に珍しいことでもないですよ

ひとつだけ言いたいのは、
これが「ヤフーやmsnなど日本の主要なポータルサイト」
に一斉にトップページに記事として載ってるので、
SNSの口コミどうこうなんてレベルでないってこと。
つかこれ、一部新聞すら同調してるよね。
26. Posted by ん文明人   2015年10月28日 12:16
1994年の前から感染者増加傾向にあるように見えるんだけど…

まあ、薬でなんでも解決できると信じている人が日本人には多いよね。土着。
そもそもインフルなんて老人とか子供とか体弱ってる人でもなければ
感染発症したら寝てれば良いだけ。
発症して死んでるの増えたのって老人じゃないの?

熱が出ても休めない、という社畜のカルト信仰を捨てると楽になれますよ
27. Posted by 黒翼猫   2015年10月28日 13:49
その2のグラフを見てください、1988年ごろから、ワクチン反対運動によって、
ワクチン接種量が激減しています。
1994年を境にぱったりインフルエンザ予防接種をしなくなったので、その前から
少しずつ微増していたのが、爆発的に増えたわけです。

予防接種をしていれば感染しないから、出社しても大丈夫とかいうのを信じている人もいるのが
まずいので、半分正しいです・ω・
28. Posted by LAL   2015年11月07日 16:26
免疫力が弱ければ、予防接種があっても罹る可能性はあるし、
免疫が強くても、弱くする要素(喉の火傷)があれば、免疫自体が弱体化する。

予防摂取は、免疫を楽に受けられ、重篤化を避けるメリットがある。
受けない場合や、予想が外れた場合は、自身の免疫に賭けて何とかするしかない。

会社勤めの人に、充分な免疫が備わっているかどうか…
それは、日常生活が乱れず、仕事が生活に侵食していないかに掛かっている。
29. Posted by     2015年12月02日 15:46
2人の子供の母親です。
上の子が幼稚園年中時に初めてインフルエンザの予防接種を受けました。
その3か月後、上の子はインフルエンザにかかり40度を超える高熱を出しました。
注射を打った箇所もぷっくり腫れ、とてもかゆがるのでお医者さんで診てもらいましたが、別の症状で診察した際の血液検査の結果を見て、卵アレルギーもないので大丈夫、よく冷やして様子を見るように、と言われただけでした。

翌年、翌々年はどうするか悩み結局受けませんでしたが、さらに翌年は旅行を予定しており、風邪を引かせたくなかったので下の娘(当時4歳)とともに家族全員で受けました。
結果、旅行は大丈夫でしたがその後上の子がいんふるにかかってしまい、さらに1か月後位に下の子もかかりました。
二人とも普段めったに熱など出さないのに、その時も40度を超える熱を出しかなり苦しそうでした。
その後はずっと打ってなかったのですが、上の子の受験時、学校と塾から何度も「インフルエンザの予防接種を受けるように」と言われ、結局受けました。
その後迎えた受験日当日の朝、なんだか具合が悪そうだな、と思っていたのですが案の定帰ってきてから寝込み、病院に連れて行ったらまたまたインフル。
これもかなり長引きました。

結果から言うと家の子供たちの場合はハッキリと予防接種を受けた年のみインフルにかかり、受けていない年は風邪を引いて受診しても、溶連菌か普通の風邪でありインフルにはかかっていないということです。

別段インフルのワクチンの効果を否定するつもりもありませんが、こうもハッキリとした状況では、少なくともうちの子にはインフルのワクチンは合っていないのかも、と思います。
30. Posted by 黒翼猫   2015年12月02日 18:44
ワクチンによるかかりやすさの差異はほとんどないと思います。
ワクチンも年によって適合具合が違うので、たまたま、接種した年が外れの事もあります。
適合したワクチンを接種していれば接種しなかった子供のグループについて、回復がはやかったり、比較的軽く済んだりするという有意差があることが地方自治体の大規模な調査で分かっています。

気をつけなくてはいけないのは、
・インフルエンザワクチンをしたからと言って、うがいや手洗いなどの予防を怠る事。
・予防接種をするときは、インフルエンザ患者が来ない医療機関を選択する。
・インフルエンザに感染した恐れがあるときに、ワクチンを接種したからと言って、放置したり、軽く見たりしないこと。

です。上記に気を付けないと、ワクチンが逆効果になってしまいます
31. Posted by 意味無いわ   2016年02月10日 09:22
うんこ記事ww予防接種受けません!
32. Posted by 黒翼猫   2016年02月10日 10:06
インフルエンザに予防接種なんて存在しません。ワクチンですからねw・ω・
まぁ、予防できないなら自分にとって意味がないってのはある意味正論です。
33. Posted by 猫飼い人   2016年03月17日 01:06
2 ある程度良くまとめられているとは思いますが
対象が生物のことですし「1か0か」ではないでしょう。
その意味で完全否定論も肯定論もどうかと思います。
このブログもまた一種の宗教的な匂いが鼻につきます。
34. Posted by 黒翼猫   2016年03月17日 07:17
予防に効果はなく、症状を抑える効果は期待できるって言ってるだけなんだから
どうみても1でもないでしょう・ω・
それすら完全肯定だって主張するなら、それこそ完全否定だと思いますが…。
35. Posted by 名無し   2016年03月26日 11:03
私は今までインフルエンザワクチン一度も打ったことない。
でも一度もインフルエンザになったことはない。

よく芸能人がワクチン打ったのにインフルエンザになったと言ってるけど、むしろワクチン打たないほうがならないんじゃないか?といつも思う。
36. Posted by あ   2016年04月01日 18:01
わりとどうでもいい
37. Posted by や   2016年05月04日 11:47
あんた、わかってないね
バカはあんた

素人の癖に
知ったか書くな
ワクチンは効かないよ
38. Posted by 38   2016年06月23日 12:54
1 37さんに共感です、素人のくせに知ったかと自分の価値観でこういうのを判断するな。鼻くそ記事だね。
39. Posted by 黒翼猫   2016年06月23日 15:29
38 「メディア外で、自分で勝手に情報集めて、判断するな」

|。・ω・) 。o ( はぁ … そうですか。判断するも何も、ワクチンを反対運動で辞めた結果の反動で
生じた問題、資料見たら明らかですやん…。)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール
My PC
SNOWSTORM(P5E3 Premium)
OS:Win2000AdvancedSv
CPU:Xeon(4Core) 2.83G
Memory:8G
VGA:NVIDIA GTX 780Ti
HDD:SSD(32G)
    +SATA(540G+180G)
Crystal SCR:244765
SNOWFOX2(W860CU)
CPU:Core i5-540M(2.53G)
OS:Win2000Pro
Memory:4G
VGA:Geforce GTX285M
HDD:SSD(160G)
Crystal SCR:176460
SNOWMOBILE3(CF-J10S)
CPU:Core i5-2410M(2.3G)
VGA:Intel HD Graphics
HDD:SSD(128G)
Windows2000
Memory:6G
Crystal SCR:133495
SNOWMOBILE(N10Jc/故障)
Windows2000/XP Home
Crystal SCR:38316
SNOWLEO(MA206J/A/休止)
OS:OSX 10.4 +
Windows2000Pro(Solo動作)
Crystal SCR:24061
Windows 2000の セキュリティ対策について
FFR yarai(脆弱性防御)
SymantecEndpointSecurity 11 MR7
Windows Defender
記事検索
訪問者数

    今週のアクセス数

    Win2000お勧め
    お勧め記事
    Twitter Client Mo-Footer
    .NET FrameworkのUninstall
    lolifox 0.3.8.x
    WindowsのシャットダウンTips
    Fox Launcher
    ウィルス感染を手動で見つける方法
    Unknown Hard Errorとサルベージ
    Dependency Walker 日本語化
    Ultra VNC 1.0.6/1.0.8 を日本語化
    IME補完計画
    BSoD(ブルースクリーン)特集
    デフラグ時の4つの心得
    不明なデバイス探し
    SETUPAPI/NTDLLBugFix
    DNSデボルブ用更新[KB957579]
    最新 update.sys!
    4Thread以上のCPU最適化
    Win2000マルチコアで最適化
    Windows 2000の通信速度改善1
    Windows 2000の通信速度改善2
    内蔵簡易FireWallを使う
    ワームに感染しないインストール
    Remote Desktop Client
    IME 辞書 Tips
    Win2000用セキュリティSOFT
    不要なファイルの削除
    Win2000カスタマイズ
    便利なキーボードショートカット
    6月末まで使える体験版セキュリティ

    非対応ハード動作編
    HTC NDIS Driver
    Intel HD Graphic Driver
    VMWare Player 3.1.x
    Conexant HD Audio Driver
    NVIDIA WHQL Driver
    Intel Chipset 最新 INF
    Sentelic Finger Pad Driver
    ATI Legacy Driver 10.2
    AMD Radeon Driver 8〜11
    ATI Ahci/Raid Driver
    Intel SATA AHCI Driver
    D21LC(eMobile)
    USB-WSIM
    UVC カメラ
    Logicool Webcam
    Logicool ゲームパッド
    XBOX360用コントローラー
    Logicool Mouse
    Microsoft IntelliPoint
    iPod Touch/iPhone Driver

    非対応アプリ動作編
    Flash Player 10.3
    Java 6 JRE
    Java 7.0 JRE
    ティルズウィーバー
    Natal Online
    コンチェルトゲートフォルテ
    シルクロードオンライン
    東方幻想麻雀
    IME2010 Installer
    Adobe Reader X for Win2000
    Baidu IME 2.x
    MMORPG ドルアーガーの塔
    Adobe Air for Windows 2000
    Baidu IME
    iTunes 10.x installer
    Evernote 4
    Janetter
    Second Life
    雀龍門
    Media Manager for PSP 2.5a
    .NET Framework 3.5SP1
    ATOK 月額版(2010/2011)
    Leaf 愛佳でいくの!!
    VistaのScreenSaver
    会計ソフト弥生シリーズ 10
    Vegas Movie Studio 9
    EyeBall Chat
    ・CanonPowerShot[Soft/DPP]
    Google SketchUp Pro 7
    dance mixer
    Lismo Port
    DivX
    SONY ScreenSaver
    mixi アプリ
    DivX v7.x
    ニコニコムービーメーカー(動画)
    RC-S330 PaSoRi
    Finale 2009
    ZoneAlarm 8.0
    ルナティア Online
    ストリートギアーズ
    xfy Blog Editor
    Photoshop Elements 7
    Premiere Elements 7
    PowerShell 1.0
    ai sp@ce
    電脳フィギュアARis
    VOCALOID2 ミク・リンレン
    Google Chrome/SRW Iron
    Media Player 10
    ・iTunes 7.6.2を使う方法
    QuickTime 7.5x/7.6x
    foobar2000 9.5.x/9.6.x
    RealPlayer11
    Safari3/4.0
    ShockwavePlayer10/11
    Windows Live Writer
    Live Messenger
    Veoh Web Player / Web TV
    Level-R

    追加機能・カスタマイズ編
    W2K Kernel32 改造計画【BM】
    W2K Update Rollup v2
    XNA/SlimDX
    CPU Core数リミット解除
    OutLook Express 6SP3
    MDAC 2.8 SP2
    GIF/PNGを使えるMSPAINT
    IE5でWindowsUpdate
    MSXML 4.0SP3
    DirectX9.0c(2010/Feb)+拡張
    MS09-062(Gdiplus.dll)更新
    Unicode 制御文字
    Internet Explorer6 Bonus Pack
    夏時間(DaylightSavingTime)
    レジストリバックアップを取る
    IME2007
    Windows Media Bonus Pack
    XPSファイルビューア
    Windows Defender
    文字化け対策(FontLink)
    Meirio(KB927489)
    msconfig
    圧縮フォルダ
    Windows Movie Maker
    IE5.01/5.5/6タブ化
    MediaTypeChanger(EISA構成)
    Win2000 SP4 Support Tool
    kill/tlist with Debugging Tools
    sc.exe with Resource kit
    reg.exe
    TaskTray 256色化
    ISO仮想CD/DVDドライバ
    IE6高速化とWSH 5.7/5.8
    MS Baseline Security Analyzer
    音声認識 API 5.1
    Text Service

    Win2000インストール編
    CF-J10S
    N10Jc
    ThinkPad X200(7454)
    Quad Core/X48/P5E3
    VAIO VGN Type S
    E6850搭載 サポートPC
    Let'snote CF-R6
    MacMini
    Dell LATITUDE D630
    Core i7 + X58 +ICH10R
    790FX + SB750
    Clevo W860CU
    最新コメント
    Categories
    アーカイブ
    Information
    Google広告




    Translate


    このサイトはIE5.x/IE6
    IE5.x Internet Explorer 6.x

    Firefox Firefox ブラウザ無料ダウンロード
    で最適化されています。
    Technorati
    Add to iGoogle
    Amazon GIFTでカンパ

    Donation