フランス生まれのブランド「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」
ブランド界の王様といっても過言ではないブランド。

「ヴィトン、ヴィトン」「ビトン、ビトン」「VUITTON」
1980年代でしょうか、バブルな日本ではこの「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」
を持つことがちょっとした流行、ステータスになっていた気がします。


LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) は1854年パリに世界初の旅行鞄専門店です。

ブランドの王様として君臨しているフランスが生んだ
スーパーブランドとも言われています。


本国のフランスやヨーロッパ各国での人気は群を抜いていますが、
フランス、ヨーロッパだけに留まらず、世界中の国、世界中の人に愛される
LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)です。


ここ日本においても、人気は非常に高く、多くの人々から圧倒的な支持を
受けています。街行く人を注意深く見てみると、本当にLOUIS VUITTON
(ルイ・ヴィトン) のアイテムを持っている人の多さに驚くはずです。

バッグはもちろんですが、財布、アクセサリーなど本当に数多くの
ファッションアイテムを手がけているブランドです。
LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) を代表するものといえば、やはり
バッグではないでしょうか?


LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) の歴史をちょっと知りたくありませんか?

このスーパーブランドと呼ばれるようになったLOUIS VUITTONはもともとフ
ランスにおいて、バッグやトランクを手がけていた小さな会社でした。

しかし小さい会社ながら、非常に卓越したバッグ作りの技術を持っていて、
そのノウハウは世界中で賞賛されたそうです。LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)
のバッグの完成度が、飛びぬけているのは、こうした理由からだと言われています。


ここで、レザーよりも軽く、防水加工の灰色のキャンバス地で覆われた
平らなトランクを製作。さらにコピー商品の流出を防止するため、
世界で最初にモノグラム柄を用いました。


LOUIS VUITTON の魅力は、デザイン性・機能性・実用性を兼ね備え、
使う程に生まれる味わいが、多くのセレブや世界各国のファンを虜にしてきました。

最近はライン・デザインも充実して、男性・女性、性別・年齢を問わず
使用できる商品も用意されてます。

ショップへ行くと、男性の(彼氏?ご主人?)お買い物に付き合ってる
女性をも見かけます。嬉しいのは毎シーズン発表される新しいコレクションです。
世界各国のセレブ、芸能人、著名人、また多くの人々の注目を集めるブランドです。