2013年04月03日

「TSUBURAYA PRODUCTION HISTORY OF MUSIC」。

obj_130402円谷15枚01

1992年、円谷プロダクション30周年を記念したプレミアなCDセットがコロムビアから発売された。「TSUBURAYA PRODUCTION HISTORY OF MUSIC」。通称、円谷15枚とも呼ばれ、ウルトラQ以降、発売当時までの様々な作品の音楽を網羅。パッケージ化されていないレア音源や、この企画のために新たに制作された録音など、まさにファン垂涎のコレクターズアイテム、と呼ぶほかない商品だった。

世の中には、なんであの時、スルーしたんだろうと思うことがままある。たとえば買い物の時など、「ほしいものは、ある時に迷わず買え」と言われるくらい、その時に買い逃すと二度とチャンスが巡って来ず、あとあと悔やむことが少なくない。まさに、この商品がそれだった。なんで当時、スルーしたのか。全く記憶にない。発売されたことを、そもそも知らなかったのか。ちょっと頭の片隅に置いておいて、そのまま忘れてしまったのか。定かではないが、ハッと気がついたときには、もはや年月が経っていて、すでに入手は不可能になっていた。

そしてその後、中古市場にちょこちょこと出回るようになっては来たものの、これがとんでもないプレミア価格。9万、10万と、元の定価の3倍近く。最近では、15万円程度ととんでもない価格になってしまっている。もちろん、この値段でも買うことが無理なわけではない。が、物事には適正価格というのもあるし、そもそもこんな数字にまでつり上がっていることに、まったく納得していないというのが正直なところだった。

2、3日前、あるネット上のショッピングサイトを何気なしに覗いてたら、この商品が出品されていた。やはり同様に14万、15万という中古品。解説冊子や付属の特典を除くディスクのみの廉価品。それらが並んでいる中に混ざって、「状態:very good」「帯に少々痛みがあります」。という簡単な説明。元の定価とさして変わらない価格の商品。なんだか少々不安感が漂うが、出品者の評価は非常に高い。とりあえず、曲目解説とちゃんと聴けるCDセットだけあれば良いか。と、意を決して「ポチッ」…。そして、到着したのが今日の午後。

ドキドキしながら開封すると、思いのほかキレイな外観の外箱。説明書き通り、少々寄れて「5ミリほど」破れた帯。ビロード風に加工されたパッケージは、起毛部分がムラになってたり、良く見るとわかるくらいの汚れが付着している程度。おそるおそる開くと、中の状態は…新・品・同・様。解説冊子は折れも寄れも汚れもなく、表面を光に当てると擦れたあとはあるものの、この指紋は、明らかにいま、自分が持ってつけた指紋。特典の復刻シナリオセットの紙帯は未開封。同じく付属のCDサイズコースターもシュリンク未開封。各4〜3枚入りのCDケースは、中のディスクともども、傷も汚れもほとんど目視できないくらい。

というわけで、キツネにつままれたのか、単に幸運だったのか、その両方だったのか。20年来(ほんとうは15年くらい?)思い焦がれたCDと、思いがけず巡り会い。その後、別のパッケージに収録されたりしている音源はあるし、当初の価値は薄れているかもしれないけれど、あらためて内容は1枚ずつチェックしていきたい。

obj_130402円谷15枚02  

Posted by blauedonau at 00:25Comments(0)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2012年05月06日

本日の1枚と言わず3枚。

scn_120506中之島周辺01ネット中古でオーダーしていたEVFユニット、VF-2が届いたというメールが留守中に来ていた。早速取りに行き、まずは近所をぶらっと。

1枚目は筑前橋から土佐堀川。

scn_120506中之島周辺02こちらは田簑橋の上で。

PL3にゴッツイVF-2を付けると、PENの小型軽量さと洗練されたシンプルなデザインはものの見事にスポイルされる。が、やはり背面液晶で構えるのとは全く別世界だ。そもそもPENにEVFはいらないと思うけど、持っていて便利なのも間違いない。必要に応じて付け外しすればいいし、4/3の大きめのレンズとか、OM-ZUIKOなどのレンズでマニュアルフォーカスするには必須だろう。

scn_120506中之島周辺03田簑橋のたもと付近。

この3枚とも、4/3の広角ズーム。AFのトロさをぐっと我慢すれば、そこそこ使いものになると感じた。EVFなしでは、まずそんな気にすらならない(ならなかった)


上記3枚とも
OLYMPUS E-PL3
ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4-5.6
PCでリサイズ。シャープネス。若干のトリミング。

scn_120506PL3+VF2ちなみにこの中古VF-2、「ランクAB/表面にスリ傷あり」で比較的安めの価格が付いていた。この写真は光の加減でちょっと目立ってるが、左肩の部分とか。まあ、こんなのは個人的に気にしないし、自分で使ってたらすぐボロボロになるし。と思いながら、なんとなく思うところがあったので「傷」を消しゴムでこすってみたら、キレイに消え去ってしまった…。ちゃうがな!傷と(笑  
Posted by blauedonau at 21:45Comments(0)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2011年12月06日

アマゾンの罠。

住んでるマンションには様々な便利機能というか、ややこしい仕掛けというか、新規入居者を混乱に陥れる複雑な罠というか、そんなこんなが至る所に潜んでいます。その一つが、例の24時間ロッカー。留守中でもナマモノなどではない限り宅配便を受け取れるという、役に立つ仕組みなんですが、ここが落とし穴。

宅配業者にすれば、不在で持ち帰り、さらに連絡を受けて再配達、という面倒が解消されるわけで、これ幸いとばかりに何でもかんでもここに突っ込んで帰ってしまうわけです。ゆえに、我々は玄関先まで配達されることを期待していた荷物を、なんと、1階まで取りに行かねばならない事態に遭遇するハメになる。これはエライ事です。

何がどうエライ事かというと、スーパーで買い物した帰り、両手に大きめのレジ袋をぶら下げた状態で、うっかりロッカーを開けてしまいましたよ。

でか。

この日配送されるものがあることはわかっていたのですが、こんな巨大な段ボールのはずはない。一度ロッカーを閉めて、またあらためて取りに来ればいいわけですけど、それも面倒ナリとちょっと持ち上げてみたところ、これは軽い!この時点で中の状態は大方想像つきます。

重いレジ袋2つを片手に持ち替え、反対側の腕で見かけと裏腹に軽い軽い段ボール箱をなんとか抱え、エレベーターへ。もう、途中で出会う他の住人の視線など、どうでも良くなっているのはお約束。

そして持ち帰ってきた段ボールはこんなかんじ。

obj_111204Amazon段ボール01

オロナインの瓶はサイズ比較で。

ここまで来たらもったいぶる必要もありません。
一気に開封。

obj_111204Amazon段ボール02

中身はこの通り。後は伝票と、シュリンクされたビニールと薄っぺらい段ボールという、いつものAmazon包装。そして大量の空気…。このあたり、以前も何度か日記に書いた気もします。

あえて突っ込むなら、MS Access2010とパール金属ツーウェイクールポット2.5Lを同時に、それもAmazonで買うているというところでしょうか。  
Posted by blauedonau at 08:56Comments(6)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2011年09月03日

勢いでオリンパスPEN Lite E-PL3を買う。

OB_110903E-PL3_01カラー化ウルトラQのブルーレイボックスを買おうと思っていた。…のだが、なんだか勢いで違うボタンをクリック。こういうことになった。

最初のPEN、E-P1が出たとき、こんなカメラが欲しかったと日記に書いた気がするけど、冷静になるとAFは遅いし、デザインはイマイチだし、思ったほど小さくはないし、なんだかピンと来なくて買い時期を逃し続けてきたのだが、これはまさに期待していたレベル。というか、思ってた以上に小さい、軽い。一昔前のコンパクトカメラなんて、これよりデカかった気がするし。

E-PM1の方が実は気になっていたけど、あの肩のなだらかな曲線はダメダメ。いや、曲線はいいのだけれど、曲がり方というか、カーブそのもののシルエットにセンスがなさ過ぎ。しかも、なんだか作りがチープっぽいし(個人の感想です)。それなら、ほとんどサイズが変わらなくて、背面液晶の角度が変えられるこっちがいいかなと。まあ、その程度。

ちなみに手前の洗濯バサミは、サイズ比較の見当。

OB_110903E-PL3_02ただ、レンズをつけるとちょっとバランス悪い。レンズが大きい印象。これはキットの標準ズームなのだが、小さいパンケーキレンズでもつけっぱなしにするとちょうどいいかも。


せっかく散歩がてら持って出ようと思ったのに、あいにくな天気。明日も雨。ま、いろいろ遊べそうだしまた今度。  
Posted by blauedonau at 22:24Comments(2)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2011年02月03日

minoltaのエンブレム。

OBJ_minoltaエンブレム1カメラ屋で“minolta”の古いロゴのエンブレムを発見。ジャンク品から取り外したと思しき樹脂製、多少傷も見えます。300円也。

OBJ_minoltaエンブレム2最初っから気にくわなかったα-7Dのメーカーロゴの上に貼り付けてやろうと思ったのですが、案の定、デカ過ぎていきなり頓挫。縮小コピーして貼り付ける手もあるけど、ますますジャンクの匂いが…。

店には、新しい方の“MINOLTA”ロゴのもあったんですけど、シルバーでなくゴールド。さらに輪をかけて巨大。さすがにそれもちょっと。  
Posted by blauedonau at 09:03Comments(0)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2011年01月29日

勢いでLEICA。

OB_LEICAVARIOELMARいろいろあって。

中古で購入したLEICA D VARIO-ELMAR F3.5-5.6 14-150mm。新品正価の半額以下だったからと言えばそれまで。オンラインで「撮影に支障なし」というコメントが書かれていたので状態を心配したけれど、外観はきわめて「美品」。レンズ内部に微細なチリが見えるか見えない程度。しかもこのレンズ、ズームがパカパカになる不具合が頻発しているらしいけど、それもなし。もう、充分以上です。

一週間前に到着していたのだが、まだちゃんとカメラに付けて撮影はしていなかったので、ちょっとそこらへんをブラブラ。

SC_100129堂島川周辺01なんというか、解像度抜群。隅々までシャープで、しっとりした質感にクラっときそう。惜しむらくは、ショボイセンサーを載せたカメラ本体と釣り合いが取れないことかも。

SC_100129堂島川周辺02何枚となく撮ってる建物だけど、心なしかキリッと引き締まった感じ。

SC_100129堂島川周辺03色のノリもバッチリ(死語)。

SC_100129堂島川周辺04空間のヌケも良い。

この写真ではわからないけど、惜しむらくは広角端で若干の樽型歪みがあること。まあ、被写体にもよるし捉え方次第。許容範囲と言えば許容範囲か。

SC_100129堂島川周辺05水の質感、光のフレア。普段使ってるズームとは段違い。

SC_100129堂島川周辺06この程度の写真を撮ってるのが申し訳ないというかもったいない。

SC_100129堂島川周辺07問題点はもちろん、ライカなのにデカイ、ライカのくせに重い。おまけにレンズ内に手ブレ補正を内蔵してるのだが、ボディで手ブレ補正を行うオリンパスゆえ、そこは宝の持ち腐れだ。

SC_100129堂島川周辺08バックのボケも良い感じ。

SC_100129堂島川周辺09もちろんこの製品は、Panasonic製のLUMIXブランド。MADE IN JAPANの刻印も入っている。正確には「LEICA」は商品名になるのだが、クォリティは文句つけがたい気がする。

SC_100129堂島川周辺10小一時間歩いて、特に持ち歩きに不便を感じることはなかった。せっかくの小型軽量ボディが無意味になっちゃうのだけれど、α-7Dに18-200ズームをつけて持ち歩きをしていた頃のことを考えたら、まるで天国のようだ。  
Posted by blauedonau at 23:51Comments(2)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2010年10月09日

トマト1個258円也。

2、3日前、近所のスーパーで買い物。レジの担当者、ピッ、ピッと商品を通してるうち、トマト1個で手が止まった。トマトは1個、パック詰めでなくハダカ状態なので手打ちなんですが。
「258円になってるんですが、いいですか?」

258円!何も考えずにポイとカゴに放りこんだんで、まさかそんな超高額商品だとはつゆ知らず。いつもは100円か、せいぜい高いときでも150円くらいですよ。話になりませんが、トマトはほしかったので、そのままお買い上げ。

その翌日だったか、「3個パックの方がおやすくなってますよ」と言うてたその3個パックも、いつもは280円とか290円のが500円近くに。庶民はトマトを買うなと。  
Posted by blauedonau at 15:21Comments(0)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2010年08月28日

カバーおかけしますか?

ジュンク堂で、仕事用の資料にする書籍購入。
「カバーおかけしますか?」「いや、結構です」「おそれいります」
という会話を交わしてるその手で、店員(女性)はしっかりカバーをかけている!
まあ、いいんだけどサ。
袋もいらんっちゅうのに、まとめて袋入れてくれるし。  
Posted by blauedonau at 17:17Comments(10)TrackBack(0)このBlogのトップへ

お持ち帰りのお客様です!

ヨドバシで自転車買いました。

コレください、と声を掛けると、女性店員、「お持ち帰りで?」。
ここの自転車、すべて配送できますと大きなPOPがあがっています。
あんまり深く考えずに「ハイ」と答えると、当の店員、
カウンターの奥に向かって「自転車お持ち帰りです!」。
その後も他の店員から「お持ち帰りのお客様!」と声を掛けられ、
奥の整備コーナーでは「お持ち帰り用で」と別のスタッフに指示してて。

どうしても持って帰らなあかんのですかね。
乗って帰りたいんですけど。  
Posted by blauedonau at 13:22Comments(2)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2009年11月19日

ペット・ボトル・ヌーヴォー。

ワインなんて普段飲まないし、味の違いもたぶんほとんどわからないだろうけど、ボージョレ・ヌーヴォー。どうも物事にすぐノセられてしまうのは良いのか悪いのか。解禁日だと言うことで、街を歩けばどこもかしこも山積み状態で売ってるじゃありませんか。百貨店、スーパー、コンビニ、食品店、酒屋、本屋、八百屋、散髪屋、工務店、時計屋、洋服屋…あれ?

いやまあ、そんなこんなで、路面のディスカウント店の前にあった、一番安いのを買いました。でも、手に持ってなんだか違和感。良く見ると、ガラス瓶じゃなくてペットボトルじゃないですか。

OBJ_ペット・ボトル・ヌーヴォーホレこの通り。

ギュっと押すと、ベコベコというかペコペコします。

なんかなあ。  
Posted by blauedonau at 17:00Comments(12)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2009年10月02日

牛乳。

OBJ_おいしい牛乳7本1Lパック、冷蔵庫の中に7本…。

  
Posted by blauedonau at 21:49Comments(6)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2009年09月14日

新品HDD、32メガバイト。

PC組立の続き。
パーツをいくつか新調した中で、そろそろナカミがパンパンに膨れあがったHDDも、ひとつデカイのに替えようと。120GBしかない(!)IDEのブートドライブを、SATAで1TBのと取り替えることにしました。

購入したのは梅田のショップ(S店)で山積みして売ってたSeagateのST31000528AS。Seagateを選んだのはDiskWizardという、純正かつフリーの移行ツールが使えるので、と思ったわけですが、フタを開けてみたら、前から入ってるHDDは、1台はSeagateで、もう一つも同社に買収されたMaxtorの。これならDiskWizardの「1台でもSeagateかMaxtorのHDDが接続されていること」の要件を満たしてるので、これを選ぶ必要はなかったんですが。まあ、だからと問題があるわけでもなし。

問題は、使ってるM/Bの方のSATAインターフェースがタコなこと。前も、どうやってもこうやってもHDDをきちんと認識しなかった前科があります。やはり今回も、マトモにドライブを認めてくれず。いや、認識はするんだけれど、DiskWizardが「ヨウ!ウチのドライブが1っコもあらへんやないけぇ(意訳)」というエラーを何度やっても吐いてくる始末。この新品1TBを外すと、元からあった2台をきちんと見付けてくれるのに。

結局、新しいのはUSBアダプタ経由で外付け扱い。これで、無事DiskWizardも起動して、古いC:のブートドライブの内容を、すっかり1TBのドライブに移行させることができました。

さて、新たに組み直したPCに、このSeagateの1TBを接続して、なんやかんや。
起動…。

するんですが、立ち上がらんやおへんか。そうどす。BIOS処理の後、HDDのブートセクタを読みに行ったタイミングで「リードエラー云々」。何度か試行。パーツのいくつかをつないだり入れ替えたりして、さらに試行錯誤。「リードエラー云々」。

シビレを切らして、古い方のIDE120GBをつないで起動したら、あっさりWindowsのデスクトップまで行くじゃあ、あーりませんか。とにかく、普通に使えないことには意味がないので、この状態でM/B付属のディスクとネットを使って、ハード周りのドライバ類を入れかえ、インストール。Windowsも簡単に再認証。

と、とりあえず落ち着いたところで、先の1TBディスクをチェックせねばと。再びSATAコネクタにつないで、立ち上げて、Windowsの管理画面で…。
今度はちゃんと新しいHDDが見つかりました。

容量、32MB。

32「メガ」バイト。「メガ」です。「ギガ」ですらありません。確か、つないでるのは「テラ」バイト。1000「ギガ」バイトであり、100万「メガ」バイトのはず。100万円の貯金があったはずなのに、通帳の記帳に行ったら32円に!妙な詐欺にあって、全財産持って行かれた気分。なんだか格差社会の一端に触れたような気がします。

あらためてリブート、BIOSから確認しても、やっぱり33MBぽっち(表示誤差の範囲)。さらに、USBアダプタで外付け化しても32MB。タダ、この状態でちゃんとフォーマットできるし、普通にストレージとしての利用はできそうです。デジカメの写真が、何枚かは入りそう…。

いや、全く納得いきません。購入した店に持って行こうかどうしようかとネットでいろいろ調べてみたら。あるわあるわ、うじゃうじゃあるわ、「1テラが32メガに猛烈なダイエットした」というレポートが。これまた全く納得いかないけど、G社(Gigabyte、とも言う)のマザーボードにつないだ瞬間、なんだかいきなり目減りしてしまうことがあるということと、BIOSのアップデートを行えばこの現象は解消されると言うことが判明。

しかし、ドライブ側が一旦「自分は32MB」と思いこんだ「刷り込み現象」は、それだけでは直らないとのこと。ウワォ、なんてこったい。

これまたネットで書き込みのあった「UltimateBootCD」なる、フリーのツールをダウンロード。これを使うことで、32MBに目減りしたHDDの容量は無事、詐欺にあった分を取りもどし、1TBに復帰することができましたとさ。

さて、M/BのBIOS。一応入れ替えて、設定がクリアされたのも確認したけど、入れ替える前とバージョンは同じなんではないかい?

不安の雲が、どこからともなく…。  
Posted by blauedonau at 08:48Comments(6)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2009年09月05日

オペラ座の蜂蜜。

ML_オペラ座の蜂蜜あんまり自分用に土産は買わないんだが、たまたま見つけたオペラ座の蜂蜜。前に、テレビの番組で紹介されていたモノ。オペラ座の屋上でミツバチを飼っている、という話で、なんとなく気になっていた。

オペラ座でなく、ヴェルサイユの土産物屋で発見(笑)。でも、本物のようです。

ML_オペラ座の蜂蜜2やっと本日開栓。ただ、帰宅直後から気になっていたけど、スーツケースに入れていたためか、たぶんロシア上空あたりの寒気でちょっと結晶化。

何の花だろう?(説明聞いてもたぶんわからんけど)
ちょっとクセあるような、アッサリしてるような。濃厚で芳醇、ってタイプじゃない、と思う。

ML_モンサンミシェルゲランドの塩モン・サン=ミシェルで買うた、ゲランドの塩。

こっちはまだ開けていない。
サカナにでも振るか。  
Posted by blauedonau at 09:17Comments(12)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2008年10月26日

Zuiko Digital ED 9-18mm

OBJ_ZUIKO9mm-18mm久しぶりにカメラのレンズ買いました。

OLUMPUS Zuiko Digital ED 9-18mm。広角系に弱いフォーサーズの、待ちわびた新製品です。そもそもフォーサーズはセンサーサイズが小さい割に、マウント面からセンサーまでのフランジバックは他社製品とあんまし変わらないため、望遠系はびっくりするほど小型化できる反面、広角に弱いと言われてきました。

確かに従来、7-14mmという、実に高性能な製品こそありました。フルサイズ35mm換算で言うと、14-28mm。これがほんとに魅惑的なんですが、とんでもなくデカイ、重い、高い、という三重苦。まあ、よほどでない限り手はでません。

それがこの9-18mmは、驚くほど小さい、軽い。それでいて、価格もリーズナブル。にもかかわらず新開発の高屈折率レンズを投入するなど、性能面での妥協はほとんどありません。愛用のE-510と合わせてたった750g。これは驚異的です。常時持ち歩くカメラで1kgを越えるのは論外と常日頃から言い続けてきましたが、これこそまさにうってつけ。

というわけで、オリンパスのネットショップから、初回特典の非売品ストラップ付きで到着。ストラップ(未開封)は…。ちょっと微妙です。金糸で刺繍されたロゴは、いくらなんでも趣味が悪いと思うんですが、どうでしょうか。

で、さっそくそのレンズで試し撮り。
次の記事へGo→  
Posted by blauedonau at 20:51Comments(0)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2008年06月07日

コーヒーメーカーのペーパーフィルターを買えなかった。

近所のドトールコーヒーに寄ったついでに、コーヒーメーカー用のペーパーフィルターを買おうとしました。が、いつもの「お徳用(店員・談)」がない。

ここのドトール、最近、喫煙コーナーを設けたために(それまではオールフリーだった)物販の棚が小さく、アイテム数も絞られてしまっています。そのためかどうなのか、たまたまその時だけなのか、いつも購入している袋入りタイプのものがありませんでした。

バックヤードまで探しに行ってくれた女性店員、申し訳なさそうに棚に置いてある小ぶりな箱入りのペーパーを示して、
「スミマセン、ちょっとお徳用は置いてませんで…。
小さく、少なくなって…高くなりました」。


いらんわいっ!  
Posted by blauedonau at 16:55Comments(13)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2008年04月19日

スーパーファミコンのコントローラー…?

去年(というか一昨年以来)は、Wiiのコントローラーを振り回したり、
その流れで身体を動かした割にはチョト体重が増えたり、いろいろ任天堂にはお世話になりました。

で、その任天堂から何やらパッケージが。
開けてみたら、こんなの。

OBJ_スーパファミコンコントローラー型Wiiクラシックコントローラー1スーパーファミコンの。

OBJ_スーパファミコンコントローラー型Wiiクラシックコントローラー2コントローラー。
??

じゃなくって、ずいぶん前に申し込んで忘れていた。そのWiiに接続する、クラシックコントローラーでした。
クラブニンテンドーの特典として、以前もこんなのをいただいたんでしたっけ。

OBJ_スーパファミコンコントローラー型Wiiクラシックコントローラー3良く読むと、ご丁寧に「スーパーファミコンでは使用できません」旨の注意書きもあり。ていうか、スーパーファミコンなんて、今どきありませんよ。

で、もらったはいいが、何に使おうかと。ちょうどマリオカートが「クラシックコントローラー対応」とか書いてあるので遊んでみました。

…ダメ。いわゆるスティックがついてないので、ハンドル切れません!
まっすぐ走って、壁にドン。コースアウトして、そこまで。
  
Posted by blauedonau at 23:11Comments(6)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2008年04月09日

ヨドバシカメラのサービス。

OBJ_パルック30W直管とヨドバシの袋ちょいと前に、蛍光灯を1本、ヨドバシカメラで買いました。一般的な20Wじゃなく、ちょっとマイナーな30Wという、一回り大きいサイズ。その時に入れてくれたのが、この紙袋です。蛍光灯を買うたんと違って、紙袋ひとつお買い上げ、まさにそんな気分にさせてくれました。

いや、確かに聞かれたんですよ。「手提げ」にするか、「長い袋」に入れようか。それに対して「持ちやすいように」と答えたのは、間違いなくワタシです。そして出てきたのが、この紙袋。

普段ならヨドバシの袋は即、ゴミ袋と化してしまうんですが、なんだかもったいなくて、そのまま何かに役立ちそうと保存しちゃったりしてるんですが。  
Posted by blauedonau at 23:30Comments(5)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2008年01月18日

amazonの段ボール。

OBJ_amazon箱昨日、アマゾンからデカイ箱が。こんな大きな物、なんか買うたっけ?

手近にあったオニギリと比較してみました。こんなサイズにも関わらず、オニギリと同等…とは到底言えないですが(すいません)、指一本で持てるくらい軽いです。ウソです。持てません。まあ、無理なく支えられるくらい…。

OBJ_amazon箱の中ひょっとしたら、と開封。やはり、前日にオーダーしたFAX用のトナーカートリッジでした。

軽いはずです。大きな箱に、たったこれだけ。なんとスペースがもったいない、詰めたら4本入りますよ。4本入りで送ってきてください。代金は1本分しか払ってないですけど。

例によって、隙間を埋めるクッション材すらありません。シュリンクして、底にベターっと粘着材でひっついてる。いつものアマゾンパッケージでした。

別に批判するわけでもなんでもないですけど、大きすぎる梱包材でパッケージして、輸送する。その無駄とかはないんでしょうか。思いつくのは、輸送、保管の際に、ある程度規格化されたサイズの箱の方が扱いやすいという利点はありそう。と、いうくらいです。

もちろん、段ボールもサイズを絞って揃えておいた方がコスト的にも安上がりかもしれないですけど。資源の面的にはどうなんでしょうか。いくら段ボールが再生紙だとはいえ、結局余分に資源を使い、大きすぎる箱は輸送時にそれだけたくさんのスペースを占有します。その分の全体的効率やエネルギーロス。

考えれば考えるほどいろいろ思いついてしまうので、これくらいに。
この際、我々ができるのは段ボールを再利用し、無駄なく資源を活かす「もったいない」精神を忘れないと言うことです。

OBJ_amazonさんお約束の「amazonさん」。

すいません。思いつくのはこれくらいでした。  
Posted by blauedonau at 09:36Comments(8)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2008年01月04日

福袋。

どうでもいいと言いながら、買うてしまった福袋。

3日、たまたま立ち寄ったパソコンショップが初売りの日で、店頭にズラッと福袋が並べられていました。特に内容の解説ナシという、福袋たる福袋。3000円と1500円の2種類。どうせ売れ残りのサプライ品の詰め合わせだろうと持ち上げてみたところ、どちらも案外ずっしり重いです。

安いので、どうせなら両方買うてやれと、「内容にカブりはないですかねえ」と店員に尋ねてみましたが、「いやそれは…ナカミに関してはちょっと」と、やや的外れな回答が。まあいいです。

そんなこんなで、3000円の方を購入。妙に重いし、袋が大きくて地面をこすりながら持ち帰りました。
内容はと言うと、DVDメディアいっぱい。メディアケース。USBタイプのワンセグチューナー。ASUSの携帯ストラップ。300円分の割引クーポン。こりゃあ、お得です。まあ、DVD-Rなんかいらんという人なら怒り心頭、はらわた煮えくりかえるかもしれませんが…。

意外なことにRWが台湾製だったほかは、Rメディアはすべて国産。マクセルも旧製品のためか日本製と、言うことなし。ぜんぜん中身には期待しなかった割に、(値段的にだけでも)それなりの福袋だったと言えるでしょうか。

OBJ_ツクモ福袋2008  
Posted by blauedonau at 12:32Comments(6)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2007年09月07日

コンビニでストローを付けてくれた。

好むと好まざるとに関わらず、先日の続きです。

昨日、近所のローソンでいろいろ買い物しました。またかとお思いでしょうが、またですよ。

その中、1Lパックの牛乳と、同じく1Lパックのオレンジジュース。ええ、ちゃんと今回も(というか、気が向いた時に付けてるとしか思えない)付けてくれましたよ。ストローを。

また、底まで届かん中途半端な…

OBJ_牛乳とジュースとストロー

届くし!

ローソン、恐るべし。  
Posted by blauedonau at 11:06Comments(19)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2007年09月04日

コンビニで割り箸を付けてくれた。

今さっき、近所のローソンに行ってきました。
烏龍茶とオレンジジュースを買うのが目的だったんですが、
何気なしに(まあ、あると便利と思ったわけで)「サトウの御飯」を1パック、
カゴに放り込みました。

レジをすませ、帰ってから袋を覗くと。
烏龍茶、オレンジジュース、その他衝動的に購入した野菜ジュースとかのたぐい。
サトウの御飯。そして…

お手ふき(紙おしぼり)と割り箸。

これはどう判断すればいいんでしょうか。と言うか、判断されたんでしょうか。
サトウの御飯。レンジで2分、ホカホカの白飯です。
それだけ、ジュースとかをおかずに食べるとでも思われたんでしょうか。
あるいは、御飯をおかずに御飯を…。

以前も、1Lパックの牛乳を買うたら、
20センチほどの長さのストローを付けてくれたこともありました。
使わないよっ!というか、底まで届かないし。

コンビニ恐るべし。


ところで最近、以前なら小さめの袋2つに分けてくれるようなシチュエーションでも、
必ず大きな袋1つにツメツメされてしまうことが多いです。
これはやはり、省資源、レジ袋削減の流れですかね。  
Posted by blauedonau at 10:25Comments(16)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2007年08月23日

サクラマット水彩。

夏休みの宿題に、絵を描いていた長男が、絵の具がなくなった、という。
正確に言えば、セットの箱の中の何色かを使い果たしたんだと。

絵の具だけでなくクレヨンにしても色鉛筆にしても、当然ですがセットの各色を均等に使うことなんてまずありません。自然、好きな色、使いやすい色、あるいはよく使う色が偏って減っていく。子供の絵とかを見てると、空とか海とかをベッタリ塗ってるパターンが多く、特に青系の色の減りが激しいようです。

普通、こういう時のために補充用のばら売りがあるわけで。何色が必要なのか長男に聞いてみると、「エメラルドグリーン、青緑、黄緑、黄土色」。
び、微妙…。

確かにこれまで、青、赤、白といった基本色は、何度か購入した覚えがあります。で、セカンドステージ(?)として、彼がよく使うそれらの色がなくなってきたのだとか。ま、そんなこんなで買いに行きました。ところが。

ありません。
もちろん、一般的に多くのニーズがありそうな色、先にも言った青とか赤とか、だいたい15色くらいは、置いてる店もあります。また、探してる5cc入りのラミネートチューブでなく、倍くらいの大きさのポリチューブなら揃えてる店もありました。梅田から心斎橋にかけて、何店か画材店とか文具店とかを回りましたが、見つけられたのは黄緑のみで、残るエメラルドグリーン、あおみどり、おうどいろはどこにもないのです。

そもそも絵の具なんて、基本色を混色しながら使っていくもの。妙な色合いを求める方が間違っているのでは?という思いが頭を一瞬よぎったものの、そもそもセットに加えられている色を、追加で購入できないとは如何なものか。

ネットでなら、実は簡単に買えるのはわかっています。大手の画材店のサイトで、1本からでも購入可能。でもですね、店頭でたかが数十円の絵の具チューブに、送料500円とか1000円とか。どうかと思うじゃないですか。1万円以上お買い上げで送料サービス…。百何十本買えと?

悩みは尽きません。  
Posted by blauedonau at 17:40Comments(11)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2007年08月06日

オリンパスのキャンペーン商品が届く。

OBJ_OLYMPUSキャンペーン品約1カ月前に申し込んでいた、オリンパスのE-510発売キャンペーンの商品が届きました。

デジタル一眼のEシリーズに、旧OMシステムのレンズを取り付けることのできる、OMアダプターと宮崎あおいフォトブックです。フォトブックの方は、大して期待もしていなかったけど、まさに期待できない代物で。映画のパンフレット程度の大きさかつ厚さのある、宮崎あおいのミニ写真集みたいなブックレット。それ以上でも以下でもありませんでした。

かわいいけど…特には不要(結局、娘に取られた)。

OBJ_OMアダプターで撮影したOM-1早速、E-510本体にOMアダプターを介してOMの35mmF2.8を装着。それで撮影したのが、この写真です。もちろんフォーサーズなので、35mmレンズもフィルム一眼換算で2倍の70mmと、若干望遠気味。

このレンズ、周辺のボケ味は良いと思ったんですけど。こういう使い方、やはり自分のようなスナップ中心でお手軽なテキトー撮影には向いてない気がします。結構制限もあるし。おもしろいと言えばおもしろいですけどね。逆にきちんと使いこなすなら、OMのラインナップが使えると言うことで魅力的アイテムかも。期間限定の無料キャンペーン。市販なら1万数千円で店頭に並んでいる品なので、これはかなりうれしいと言えるでしょう。。

OBJ_OM35mmを装着したE510装着するとこんな感じ。

思いのほか違和感ナシ。



追記:
昨夜アップした文章を読み返すと、全く日本語になってない箇所多数。タイトルなんて、自分でも意味不明な有様。写真追加して、かなり修整しました。  
Posted by blauedonau at 00:48Comments(0)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2007年07月11日

E-510買いました。

ええ、買うてしまいましたよ。オリンパスE-510。
半ば衝動的。半ば確信的に。
(この日限りでポイントが18%もついてくるんですから)

何しろ小さいし、軽いし。ボディだけで500gないんですよ。
こないだ、α-7Dを計ったら、なんと880gもありました。そのうえに高倍率ズームをつけておりまして、合計1400gだったか…。まあ、標準ズームなのでレンズが違いますが、それでも半分とは言わないものの、相当に軽い軽い。AFもそこそこ速いし。オモチャみたいな印象は、まあ仕方ないですけど。

難点はフォーサーズでタテヨコ比が3:4なこと、フォーサーズでファインダーが狭いこと、フォーサーズだからワイド系のレンズラインナップがイマイチなこと、フォーサーズで…ああ、もういいと。フォーサーズのおかげでこれだけ小型軽量になったということで。

ボディもレンズも中国製でしたけど何か。

OBJ_E510  
Posted by blauedonau at 23:10Comments(6)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2007年06月30日

大きいにもホドがある。

ML_淡路産タマネギ大サイズ070630カレーを作ろうと、近所のスーパーで買い物。

タマネギ。淡路産。ばら売りで1個48円。
う〜ん。
今年は以上に豊作で、しかもデカイ、とは聞いてたんですが。いざ目の当たりにすると。

味の方は…。今、カレーを煮込んでいます。これから。

追記:
うまかった!
甘いし、コクがあるし。さすが淡路産。

ちなみに上記写真、横に置いてるのは単3電池ですよ。
単4でも単5でもありません。ましてや単1ではありませんし。  
Posted by blauedonau at 18:26Comments(2)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2007年05月24日

チキンラーメンミニ&ひよこちゃんミニどんぶりセット。

OBJ_チキンラーメンミニどんぶりセットいつぞやのチキンラーメンどんぶりセットの、そのままミニ版。せいぜいお椀程度の蓋つきミニどんぶりと、チキンラーメンミニが3食分セットになっていました。

手前の洗濯バサミは演出用品…じゃなくてサイズ比較の参考です。セットには含まれていません。

なかなか仕舞うのに面倒なアイテム。普通サイズのヤツもそうだったけど、比較的厚手で重ねにくいし、何より蓋が邪魔でナントモしがたいという、根本的な問題が。チキンラーメンミニを作って食べる、という以外に何の用途が…。カフェオレ用のカップ?それはちょっと、イヤかも。  
Posted by blauedonau at 09:44Comments(6)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2007年05月01日

OM-1復活計画。

こないだから、個人的にやたら気になっているオリンパスのE-410。やはりというか何というか、各方面でOM-1が占めていたポジションと比較するような論調が目立っています。いくつか出ているカメラ誌をパラパラめくると、掲載されているさまざまな取材記事の中で、やはり開発に関わった技術者たちは、相当にOM-1を意識したという話で。しかしこれは、どう見たってこれはOM-1に対するオマージュでしょう?マウント周りはもちろん、ストロボをポップアップさせた内側のプリズム上部のデザインとか。オリンパスファンの心を鷲掴みにしたと言っても過言ではありますまい。

OBJ_OM-1そんなこんなで、書棚で埃をかぶっていたOM-1を出してきました。ボディのレザーが剥がれかかっているのと、裏蓋周辺のモールドがちょっとヘタっているのが気になります。それ以上に何よりも、バッテリーが切れていて、露出計がウンともスンとも動きません。

OBJ_MR9アダプター2しかし、必要なボタン電池MR-9は、とっくの昔に生産が終了しています。水銀電池ゆえに、当然ながら入手することもほぼ不可能。そこで購入したのがこれ、東京カメラサービスが出している、MR9ダプター。1.55Vのボタン電池、SR43をはめ込むことで1.35Vに変換、MR9の替わりに使うことができるアタッチメントです。今回は、梅田のヨドバシにてGET。

OBJ_MR9アダプター1写真は、MR-9アダプターとSR43。左上が、以前からOM-1に入ったままだったMR-9。

んー、とりあえずこれで露出計は動作するようになりました。あとは、マトモに撮影できるか。一応、シャッターはちゃんと切れるようですが。むろん、あくまでも「見た目」。一度、フィルムを入れて撮影テストをやってみますか。OM-1で撮影するのは、20年ぶりくらいかも知れません。  
Posted by blauedonau at 10:00Comments(2)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2007年04月22日

PCのHDDデータのバックアップ。

普段、生活面はまあともかくとして、もはやPCなしでは全く仕事にならなくなってしまった昨今。常に気をつけておかなければならないことと言えば、何をさしおいてもHDD内のデータのバックアップです。

ファイルサーバに保存している、大量のさまざまなデータファイルをはじめ、それぞれのPCに入っているローカルのデータもまた、かなりの分量になるはず。ここまでデータが多くなると、バックアップを取ること自体が、それだけでひと仕事、ふた仕事になってしまいます。

極論、インストールしたアプリケーションとか、市販のデータならば、最悪お金さえ出せば、もしもの場合でも復活させることはできるわけです。でも、たとえばデジカメの写真とか、自分で作った文章や画像、デザイン関連のデータ。よそからいただいた資料のデータなどは、一度失ってしまったら、もうそれだけで取り返しがつかなくなります。

そんなこんな、ファイルサーバに保存してある主要なデータだけでも、百何十GBはあるはずです。これをたとえばDVDにコピーするとして、4.7GB換算で単純に30枚近くなってしまうという寸法。これは全く現実的ではありません。

結局、HDDのデータは、HDDでバックアップする。これが一番単純かつ、コスト的にも安上がり。一挙にコピーができるだけあって、手間もかからない方法といえるでしょう。

と、以上の理屈はわかっていたモノの、どうも「どういう形でHDDにコピー取るのがスマートか」という、実にくだらない理由で、これまで全く手をつけていませんでした。たまにチマチマとDVDにコピー取るばかりで、根本的な解決にはなってなかった、と言っていいでしょう。

OBJ_HDH-S320UR今回、ほぼ衝動的に購入したのがこれ。I・Oデータ製の、HDH-S320UR。ありきたりなUSBタイプ外付けHDDユニット。320GBという、若干エントリーよりのタイプ。ヨドバシカメラにふっと寄った際、店員がダミーパッケージの山を前に、いろいろ売り口上を述べていたもので。通常198が、本日限り138。しかも合計21%ものポイント還元。売り場の前を、往復すること2度3度。う〜ん、やっぱりこれは、買い?

ま、320GBあれば、ほぼファイルサーバの中身はバックアップとれて、少し余裕もある。オマケのHDD革命とか、いくつかのソフトも使えそうな気がするし、ヘタにバルクのHDDを使ってあれこれ悩むよりも、スッキリと接続できたり、苦労もないのでこれは正解だったかも知れません。

ちなみに、写真の右奥に並べたのは、12、3年前にメインで使っていた98用のSCSI外付けHDD。ICM社製の340MBというタイプ。当時はこれで、何でも入ると思っていたんですけどね。今、500GBとか1TBとかが出てきていることを考えると、容量はほぼ2年で倍のペースで増え続けているわけです。

さらにどうでも良いですが、最初に購入したHDDユニットは、ITEC社のもの。ITEC社は見事に倒産し、次に購入したのがICM社のもの。このICM社も経営破綻。I・Oデータは大丈夫でしょうねえ(笑)。I・Oデータは、すごくサポートがしっかりしてるんで。そういえば、ITECも、ICMも、サポートはしっかりしてました。しかも、いま気がついた。みんな「I」で始まっている共通点。  
Posted by blauedonau at 23:46Comments(5)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2007年03月27日

朝日と現代、赤と白。

OBJ_週刊朝日と週間現代すいません。

面白いので買いました。それだけです。
すいません、すいません。

本屋のレジのおばさん、すいません。
「同じの2冊でよろしいんですか?」。いえ、違うんです。
良く見ていただければわかりますが、井川遥の服が紅白です。
あと…誌名もちょっと異なるようです。  
Posted by blauedonau at 16:55Comments(6)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2007年02月19日

FAX新調。

OBJ_FAX2810_2結局、FAXは新しいのを買いました。

ブラザーのFAX-2180。レーザー複合機なんですが、要は名前の通り、プリンタにもなるFAX、という位置づけの機種と思われます。プリンタは実はすでに間に合ってるんで、PCには接続せず、あくまでもFAX専用ということで。

B4送信可。ただし受信はA4まで。
まあ、割り切りました。B4をB4で受けても、実際に等寸になってることはまずありませんし。タテヨコ微妙に伸縮していて、正円は楕円ぽくなってるのが普通。どこまで正確か、というあたりで追求するのも、FAXの原理上無理があるし。

ちなみに、なぜブラザーかというと、まあ、安いと(笑)。で、このB4送信ができてこのサイズ。それでも底面積は37、38兒擁ありますが、レーザーでこれはコンパクトと言うほかありません。それに、以前に購入したプリンタというのも、数年前にこれまた安さにつられたブラザー製で、思いのほか調子が良かった。ここら辺が理由です。

不安点と言えば、プリンタの方も同じく、筐体が非常にヤワい感じ。ペラッペラの、“プラッチック”でできています。最近の廉価なプリンタはみんなそんなものだと言えばそうなんですが。

OBJ_FAX2810_1またまたamazonにて購入。
土曜の遅くに発注して、配達は今朝早く。仕事は早いに越したことはありません。  
Posted by blauedonau at 14:32Comments(2)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2007年02月07日

Windows Vistaのおまけ。

OBJ_Vistaのおまけもう1週間ほど前になりますが、ヨドバシカメラでWindows Vistaのパッケージを買いました。その時に、レジでおまけに付けてくれたのがコレ!

使い捨てカイロに入浴剤…。
何だか暖かくってそれなりにうれしいと言えばうれしいですが。なんでOS買うて、カイロに入浴剤なのか。

いろいろオチを考えてみたんですが、1週間たっても思いつきません。

ちなみに、VistaはUltimate版でなくてHome Premium。リビングの共用PCに入れるんで、これでいいんです。Ultimate版は、いずれ仕事用のメインPCに。ただし、すでにプリンタが対応しないことが判明。ISDNのTA用ユーティリティも「対応予定はございません」ではしようがない。いまだにISDNとは言うなかれ。1本の回線で電話とFAXを別番号にしてるんで、これは外せないんです。

その他、主だったソフト関係はそこそこ動くらしいですが。まあ、慌ててインストールしてドツボにはまるのもどうかと。  
Posted by blauedonau at 14:54Comments(5)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2007年01月04日

カレンダーの粗品。

この時期、買い物をしてもらう景品というか粗品と言えば、まず判を押したように「カレンダー」でしょう。

もらいましたよ、カレンダー。Sofmapの店頭で「ご自由にお持ちください」のやつを。A1サイズの日本地図。強引にレイアウトしたカレンダー部分には、六曜を含む暦表示から月齢、二十四節季、あれもこれもと表記あり。さらには西暦和暦年齢対照表、全国主要都市の鉄道路線図、国内の世界遺産一覧、各緯度に対応する海外主要都市の表記。

OBJ_Sofmap粗品カレンダー2007もちろん、ビックカメラとSofmapの店舗一覧。隙間という隙間にギュウギュウと押し込んだようなペラものカレンダー。カレンダーと言うてええんでしょうか。少なくとも、家の中にはゼッタイ貼りたくない!

まあ、タダでもうてきたもんにケチつけるのもどうかと思いますが。問題は、同じ物が3枚重ねて巻いてあったということ。1枚でも辟易するようなモノが、3枚。三位一体、三種の神器、早起きは三文の得。

たぶん、カレンダーとしては使われずに終わるという気がしています。  
Posted by blauedonau at 10:25Comments(9)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年12月26日

ほーりーないと。

OBJ_LEDキャンドルライト一見、パッとしないキャンドルのように見えますが、実はロウソクではありません。

電池式、LEDキャンドルライト。スイッチを入れると、炎がチラチラと揺れているように明滅します。しかも下の方が青、上の方が明るいオレンジと手が込んでいる。振動、というか、大きな音でオンオフが切り替えられるので、フッと息を吹きかけるだけでも点いたり消えたりする。ちょっと離れた場所でやると、手品の真似事もできそうです。

外側のガラスの入れ物の一辺が5センチくらい。電池はLR44を3個も使うという太っ腹。点けっぱなしにしていると、あっという間に消耗しちゃいます。

梅田のドスパラで、1個100円で購入。クリスマスの時機も逸し、ほとんどなんの役にも立ちませんが、思った通り子供には受けました。  
Posted by blauedonau at 22:00Comments(2)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年12月10日

圧力鍋買いました。

OBJ_Tfal圧力鍋T-falの廉価版な新製品。

まあ、圧力鍋くらいあってもいいだろうと。いろいろ見比べたんですが、どれもこれも見栄えしなくて。みんな裏返すと「Made in China」とか書いてあるんですもん。で、見た中で唯一チャイナではなかったのがティファール。その程度の選択です。

早速シチューを作ってみましたが、やはり慣れないもんで要領が悪い。昔、電子レンジ専用のを使っていたことはあるものの、その時はレンジの「お任せコース」にお任せしていたんで。結局、肉は固め、芋は形なく、ソースは薄めという失敗作が。

次回にチャレンジ。  
Posted by blauedonau at 15:00Comments(7)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年12月02日

Wii、GETしちゃいましたよ。

各地で発売開始、即完売が伝えられる任天堂のWiiですが。なんとあっさり買えちゃいました。

そんなに売れないのでは?と高をくくり、油断していたということもあって、予約も全く取れず、もちろん抽選販売もことごとく外れまくっていました。かといって、大型量販店の長蛇の列に並ぶ気もありません。ほしいといえばほしいですが、たかがゲーム機。こういうものは気軽に楽しむためのアイテムなんで、それを血眼になって確保に走るのはどうかと思います。むろん、世間にはどうしてもほしいという人もおられるわけで、そこは価値観。否定するつもりもありません。ま、ネットオークションや転売屋流れの高額品に手を出すのも、やめてはいただきたいものの、気持ちがわからないわけではありません。

とは言うものの昨日までは、今日の朝、ぶらっとヨドバシの行列に並んでも見ようかなと甘い考えも持っていました。徹夜する気は毛頭もありませんが、多少並ぶのも話の種になるかなと。でもそれも、昨夜の段階で1000人以上が列を作っているというニュースを耳にし、一挙に断念。当日抽選、というスーパーの玩具売り場に行く気も失せ、まあ、機会があれば買えればと言うくらいになっていました。結局、梅田のヨドバシカメラは7時に発売開始、2800台が20分かそこらで完売した、ということで。ああ、行かなくて良かった。

で、今日の夕方。3時半頃にフラッと梅田にでた際、ふと気が向いてヨドバシのゲーム売り場に立ち寄ったのが運の尽き(?)です。むろん、いたるところに「完売」のPOPがぶら下がっているんですが、なんかレジに長蛇の列。なんと目の前で、整理券を配っているじゃないですか。「今ならWii本体、お買い上げいただけます」とのこと。たった2メートル前で言われたら、整理券、もらわなければ仕方がないでしょう。「ください」。89番、という券をいただき、レジに並びました。かなり消化されているようで、約5分待ち。すでにamazonから、欲しいソフトは届いている(笑)ので、ここでは本体のみ購入。
結局、あれこれと苦労した分は全部ダメで、偶然にもほとんど労力なしで確保、という顛末で。

OBJ_Wiiま、たかがオモチャ。…なんですが、なによりも「ゼルダの伝説」はやらないといけませんし、子供と「Wiiスポーツ」で遊ばなければいけませんし。これで枕を高くして眠れそうです。  
Posted by blauedonau at 18:16Comments(6)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年11月26日

任天堂Wii。

話題の、任天堂「Wii」の予約が取れません。抽選販売申し込みに7件。入荷し次第連絡(時期は未定)が1件。12月2日にヨドバシカメラに並ぶのは、やっぱりイヤ。

まあ、気長に買える日を待ちますか。  
Posted by blauedonau at 23:26Comments(6)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年11月18日

チキンラーメン&フタつき白いどんぶりセット。

OBJ_チキンラーメンどんぶりセット調子に乗って買うてしもたモノ。

いや、なんか「日清ひよこちゃん」がかわいくて…。近所のローソンかどこかで購入。「チキンラーメン」袋とセットで380円。「たち吉」謹製、とのことですが、フタが微妙に歪んできっちり閉まりません。

061104  
Posted by blauedonau at 22:00Comments(2)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年09月19日

アメリカに発注したらドイツから。

OBJ_ドイツポストの消印これまた先日の話。

アメリカの業者にCDを注文。1週間くらいで到着することが多いんですが、この時は2週間もかかりました。で、よく消印の部分を見ると、ドイツ、フランクフルトの文字が。てことは、ドイツに在庫を持ってるってことですかね?まあ、そういうもんなんでしょうが、なにか大層な感じがしましたんで。

ちなみに「Deutsche Post」の文字以外、なんでフランス語?これは不明。  
Posted by blauedonau at 09:40Comments(0)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年05月18日

TARO MONEY。

OBJ_TAROMONEY封筒「ほぼ日ストア」から、妙な封筒が…。

そういえば、なんかTARO MONEYとかを申し込んだんだった。

OBJ_TAROMONEY4個TARO MONEY。
ケースの絵は、大作「明日の神話」。長年行方不明になっていて、最近、見つかったモノだそうで。陶板に描かれており、一部バラバラに割れていたり痛みが激しく、修復作業中。このコインの販売収益は、全額そのために寄付されるそうです。

OBJ_TAROMONEYアップ裏表で、岡本太郎氏の顔と「太陽の塔」が。

太陽の塔は、当時「ヘンなの」と思いましたが、あらためて見るとアートなんですよねえ。モダンアートは難しいですが、もはやそういう言葉でも表せないでしょう、岡本太郎は。
突き抜けてる。まあ、実際に太陽の塔は大屋根を突き抜けてましたが。屋根を設計した丹下健三と、相当にやり合ったという逸話は有名らしいです。丹下健三の設計というと、東京都庁に見るように「権力の象徴」みたいなイメージが一面にあるんですが、それを突き破るという発想。そして実際にやってしまった快哉。朽ち果て、解体された大屋根に反し、今だ千里丘陵に聳えるモニュメント。
まさに岡本太郎たり得る、というところでしょうか。  
Posted by blauedonau at 13:00Comments(2)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年04月30日

Athron64 X2、4200+を導入。

OBJ_Athron64x2_1前の記事は寝たふりというかネタ降りで、実は本命はこっち。

今まで使ってきたメインのPCのなかなかのトロさに、ついに我慢も限界に達したと言うことです。まあ、ワープロとネット程度なら全く差し支えないレベルではありますが、やはりPhotoshopとIllustratorとEDICOLORと、その他もろもろを一緒に開いて、大きな画像ファイルをあっちやったりこっちやったりしていると、とんでもなく処理が重たくなる。

そこはメモリを増設してやればかなりラクチンにはなるはずです。とはいえ、5年前から使ってる従来のM/Bでは3スロット、それぞれにPC2100の512MB、256MB、256MBと3本埋まってる。これを取り替えるとなると、PC2100の1GBを調達せねばならない上、今のメモリがムダになってしまいます。しかも、PC2100は店頭からも消えつつあるし、そろそろSocketAのM/Bをメイン使うのも限界かなと。

そこで、一挙にM/B、ついでにCPUも交換しちゃえという話になっちまいました。もう、あれやこれやとややこしいことを考えるのはなし。CPUはAthron64、それもX2でしょうと。どこまでXPで能力が活かせるのか甚だ疑問はあるものの、中途半端な妥協はするより、一挙にデュアルコアでしょうと。
ただし値段的には4200+でしょうかと、やや弱気なのがなんとも。

それでも、1万円以上するCPUを購入するのは、それこそ何年ぶりでしょうか。清水の舞台から飛び降りるのみならず、知恩院の石段から転げ落ち、伏見稲荷の鳥居のトンネルを全力疾走する。…なんてことはしませんが。

その分、M/Bが旧型で1万円以下なのは本末転倒という可能性はあるものの、ツッコミなし。メモリも1GB×2のデュアルチャンネルと大判振る舞い。その他のパーツは全部流用で、リーズナブルにエコノミカル、エコロジーと、言うことありません。

今日は昼過ぎから作業開始。PC内部の埃を払い、M/BとCPUを取り去って新規のパーツに入れ替え。一部ケーブル等も交換して、細々と調整。そしてやおらWindowsを起動…。そのままXPがスタートして、ドライバーを適当に読み直して、と思っていましたが、やはりそうはうまくいきませんでした。

結局、Windowsのディスクから起動、修復再インストール。若干のトラブルはあったものの、それほど苦労なくシステムを再構築。M/B付属のディスクからドライバを読み込んで、ネットにも繋がり作業はほぼ終了。あとは、WindowsUpdateほか、細かい調整をするだけです。

で、で、問題は速くなったかどうか。従来のAthronXP 2400+からすれば、単純計算で2倍弱のCPUパワー、のはず。でも、なんか、普通にエディタ開いたりしてるくらいではわかりませんね。でも、Photoshopの画像処理とかは爆発的にスピードアップしてる印象。まあ、効果は出てるような。

OBJ_Athron64x2_2  
Posted by blauedonau at 00:33Comments(7)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年04月23日

アスロン、×2レビュー。

かつては「マニア向け」、「一般ユーザーは興味を持っていない」などと陰口をたたかれ、一部の専門店しか扱っていなかった「アスロン」。今や様相はさま変わりし、街中のスーパーやコンビニでも手軽に購入できるようになった。それだけ、お手軽感が支持され、ユーザーにコスト意識が浸透してきた結果ではないかと見られている。

今回はそんなアスロンの、デュアルコア版をレポートしてみたい。この製品は、端的に言えば1パッケージの中に2つのコアを組み込んだもの、と考えて差し支えないだろう。単純に考えれば、従来のシングルコアパッケージと比較して、同時に倍のタスク処理が可能ということになる。メーカーサイドも、その点を大きくアピールしているようだ。

例えば、古新聞をリサイクルに出すために、適当な大きさの束にまとめる作業を考えてみる。アスロンテープを適度な長さにハサミで切断し、同じく適度な量の古新聞を結束する一連の作業を行う場合。デュアルコアなら、同時に2人が同じタスクを並列でこなすことができ、1人で行う場合に比べ、半分の時間で作業を終了させることができるというわけだ。

ただ、シングルコア版アスロンの場合でも、1人がアスロンテープを切断している間にもう1人が新聞を結束する、といった具合にタイミング良くジョブを振り分け、タスクの分散化を図れるようにプログラミングを工夫すれば、それなりにスピードアップの訴求も不可能ではない。デュアルコア化したからと言って、単純に処理速度の倍増を期待できるというわけでもなさそうだ。

この点についてメーカー側は、常に同じ場所で作業が進行するとは限らない。玄関先と居間で、同時に古新聞を束にするタスクが要求された場合、シングルコア版のアスロンでは多大な時間的ロスが生じる、とコメントしている。しかし仮にそうだとしても、この場合、わざわざ高価なデュアルコア版を用意せずとも、シングルコア版アスロンが2個あれば、そもそも対応できるシチュエーションではなかろうか。

そんな疑問に対して会見に応じた担当者は、「魔が差した」「おもしろいと思ってやっただけ」「相手は誰でも良かった」などと意味不明の発言を繰り返し、報道陣を煙に巻いていた模様である。事実関係は、今後の詳細な検証を待ちたい。

参考までに、デュアルコア版アスロンと、従来のシングルコア版アスロンを2つ並べた場合とを比較してみた。
NETA_アスロンX2デュアルコア版。

NETA_アスロンX1シングルコア版を2つ並べたもの。

本気にしないように。  
Posted by blauedonau at 01:22Comments(6)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年04月03日

ビール飲みたいオーラ。

大丸百貨店、梅田店へ。
商品券売り場のカウンターに座ったところ、いきなり出されたのは「ビール券」一覧。
そんなにビールのこと考えてるように見えたのか、どうなのか。

欲しかったのは、百貨店共通商品券。
姪の進学祝いにビール券は送れませんがな。  
Posted by blauedonau at 17:32Comments(2)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年02月17日

謎の小包。

OBJ_AMAZONの箱部屋の一部分をお片付けしていたら、出し抜けにAmazonの箱が出てきました。しかも、未開封!なんですか、これは。

何となく、記憶があるような忘れているような。少なくとも、いろんなブツの下じきになっているということは、宅配便で受け取って、そのままになっているわけですね。

OBJ_ウルトラセブン1967おそるおそる開けてみたら、出てきたのがこれ。

なーんや、先月オーダーした。ウルトラセブンのDVDつきMOOKやないですか。

ていうか、買うたことすら忘れていました。スミマセン。  
Posted by blauedonau at 00:40Comments(2)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年02月04日

ジャンク買い。

OBJ_買物060202ここ2、3日の買い物。
例によってパソコンまわりのジャンク系パーツと、ジャンクでも中古でもないカメラ周りの部品。

80mm→60mmエアインテークは、600円がレジで200円になりました。インチネジ用ナットがセットで100円、5inch→3.5inchマウンタが200円。

ミノルタ製品は、ボディキャップにレンズのリアキャップ、ストラップ、等。どちらにしたって、今すぐいらんような品ばかり。  
Posted by blauedonau at 00:15Comments(2)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年02月02日

半額。

きれいサッパリなくなってしまう前にと、レンズのリアキャップ、ボディキャップの予備をヨドバシカメラに買いに行きました。

ついでにカメラ売り場を覗いてみると、最終特価とかで、α7-Digitalは10万を切る価格で売りたたかれていました。

まあ、別にいいんですけどね。
それよりSweetの方を、1台買うとこうかな。  
Posted by blauedonau at 00:33Comments(0)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年01月31日

ミノルタのレンズ。

カメラ事業から撤退しやがったミノルタですが、サイトを見る限りすべての機材の生産を終了。梅田のヨドバシカメラでも、商品によっては「店頭在庫限り」の貼り紙が。

てことは、今のうちにあれを買うておかんとアカンじゃないですか。
ええ、これと
http://konicaminolta.jp/products/consumer/a-lens/dt/18-200.html
これですがな。
http://konicaminolta.jp/products/consumer/a-lens/dt/11-18.html

店頭ではきっとあれこれ逡巡して決心が付かないだろうと思い、yodobashi.comへアクセス。もう勢いですから、ポンポンと威勢良く「お買い上げ」ボタンをクリックしちゃいましたよ。

たとえαマウントがデジカメ事業売却先の某S社に引き継がれ、S社ブランドで出たとしてもですよ、S、O、N、Y、の4文字がついた途端、商品価値が75.54%ほど低下するじゃないですか。オマケに、例によって「1年で壊れてしまう」タイマーもつくことだし。

ええ、もういいんです。今のうちに、バッテリーパックも買えるだけ買うておこうかな、と。  
Posted by blauedonau at 22:28Comments(1)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年01月19日

素敵なお買い物。

OBJ_ジャンク280円Sofmapにて、お買い物。
といっても、ジャンクのカゴの中から、使えそうなもの。

電源プラグの3P→2P変換アダプタ×2個
モジュラーケーブル付きフェライトコア(ていうか、逆)×2個
よくわからないビスとワッシャのセット×1個

合計、280円也。
あらためて、こうやって見てもジャンク。  
Posted by blauedonau at 14:12Comments(3)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2006年01月18日

7インチの液晶テレビ。

OBJ_7インチテレビ先日、梅田のドスパラで見つけた中国製の7インチ液晶テレビ。何か、妙に心惹かれるモノがありまして。

何しろ、安い。
プライスカードの数字は1万800円。まあ、微妙な値段と言えば値段ですが。

夕方、キッチンでいろいろゴソゴソしていると、見たい6chのニュースがなかなか見れない。7時からの2chのニュースを見ればいいじゃないかと思われますが、やはりNHKは偏向してる…いやもとい、やらないニュースがあるし、バランスをとるためにも民放系のニュースは必見です。で、晩ごはんを作りながらでも見れるテレビがほしいなあと、前々から思っていました。

最初店頭に山積みしてあって、ちょっと考えようかと。2日ほどして、別の買い物があって再訪したところ、なんと残り1台になってるじゃないですか!これはもう、買うしかありません。

さてそのブツ。
外箱からもわかるとおり、日本語(微妙にアヤシゲ?)の詳しい解説や保証書も入っています。むろん、電源アダプタやアンテナ線の変換ケーブル等も同梱。まあ、そこそこの製品ですね。
ただし、内蔵のロッドアンテナではまったく電波を受信しません。当然ながらアンテナ線接続。ノイズは多いし画質も悪い。まあ、見れないことはない、というレベル。

設定のしにくさほか、音量、チャンネルの操作も使いづらいことこの上なし。安いだけのことはある、とは思いましたが、キッチンでテレビのニュースを見ることができるのは自分的には画期的なので、そこはそれ。チープなリモコンも付いてるし、まあいいか。  
Posted by blauedonau at 13:09Comments(2)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2005年12月29日

風邪ひいてまんねん。

仕事は着々と、とは言えないもののそれなりに片付きつつあるんですが、ここへ来て本格的に風邪をひいちゃいました。計ってないものの、かなり熱も出てそう。こりゃ早めに横になるに限りますねえ、と思いつつ、録画していたプロジェクトXを見てしまいました。TVを置いているリビングが寒くて、さらに悪化している?と言う雰囲気もあったりします。

それはともかく、そのプロジェクトXを録画したのが、つい最近購入した1年型落ちのHDDレコーダ。松下のDMR-E500Hでして、デジタル系のチューナや流行りのダブ録機能は一切搭載されていないものの、BSアナログを見られる。地上波アナログにゴーストリダクションが搭載されているという、現行のパナソニック製品からはオミットされつつあるお宝機能が魅力です。

実はこれ、12月の初め頃にSofmapの中古コーナーで見かけまして、半額以下で出ていたので拾いものかなと思ったんですが、いろいろ入り用な昨今、ちょっと手が出しづらかったんです。それが2週間以上経っても同じコーナーに鎮座していて、これはひょっとして「縁」というヤツ?間違っても「萌」じゃないよなあなどとツラツラ。

そんなこんなで結局手元に来たわけなんですが、この中古製品。どういう使われ方をしたのか、疑問点がいくつか。まず、モノ自体は汚れなく、売り場に並んでいたということを差し引いても実に美麗。コネクタのピンジャックに擦れたあとがなく、何にも接続されていない?しかも、ケーブル類は付属のAV接続用RCAケーブル以外、結束が解かれた形跡もない。自分が1ページめくっただけでクセがついたマニュアルも実にキレイで、読まれた様子がない。

外箱や保証書こそありませんが、見たところ、開封してRCAケーブルは解いてどこかに接続した、で、それだけ。お客さま登録カードも書かれていない。そんな雰囲気が紛々とする次第です。

ちなみに、なんでデジタルチューナー付きの新型の安いのにしなかったかというと、それはCPRMに許せない感情を少なからず抱いているからなんですねえ。  
Posted by blauedonau at 00:06Comments(1)TrackBack(0)このBlogのトップへ

2005年10月30日

今年、阪神タイガースは70周年です。

OBJ_Tigers上新ありがとう紙袋阪急三番街のジョーシンで買い物。DVD-Rのディスクメディアを購入し、DMの粗品をもらっただけですが、セール期間中とかでこんな紙袋に入れてくれました…。
目立ちすぎ。
本家・阪神百貨店の紙袋より派手ですよ。

まあ、それはそれとして。

OBJ_Tigers上新ありがとうステッカー紙袋の底には、こんなステッカーがオマケで。
微妙な表現。
「日本一」の「感動」か、「感動」が「日本一」なのか。
どうとも取れるように作ってあるのがナントモ。  
Posted by blauedonau at 11:28Comments(2)TrackBack(0)このBlogのトップへ